FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    吉祥寺 「神田まつや」 「鴨南蛮」 どうか安らかに…
    2014年01月23日 (木) 23:39 | 編集

    まさか、こんな突然だなんて…。

    急に容体が悪化し運ばれたと呼び出され、
    急いで向かったのに、、、間に合わず…。
    「とりあえず、今日は帰っていいから」
    と言われたけれど、けれど、

    とてもとても、帰る気にはならなくて、
    どこをどう歩いたのか、記憶もないまま彷徨い歩き、

    …そうだ、一人静かに、心を込めて、献杯しよう 爽葉_~4

    14-1-22夜 店

    吉祥寺 「神田まつや」

    そろそろ夕方になる時間の店内は、
    ぽつりぽつりしか客はなく、静かで穏やかな空気が流れ、

    14-1-22夜 酒

    座りながらすぐお願いした、熱燗一合に「お新香」。

    14-1-22夜 つけもの

    糠漬け胡瓜に大根、自家製白菜の浅漬けが、
    しみじみ美味しい。

    あのお姿を、声を、交わした言葉の数々を、思い出し…
    押さえようとしていても涙が溢れる。

    そんな私を、そっとしていてくれるのが有難く、
    しばし、ひっそりと思い出に浸り…

    14-1-22夜 品そば

    何か食べておかなくちゃ、と品書きを眺め…、
    そうか、次は「鴨南ばん」と決めてたなあ、と思い出し、
    花番さんにお願いしながら、

    「鴨肉は、何枚入っているんですか?」
    とお聞きすると、3枚入っているそう。

    3枚は私にはちょっと多い、1枚でいいので、とお願いすると、
    「じゃあ、お団子を二つにしましょうか」
    の言葉が、とてもうれしく…

    14-1-22夜 そばきた

    程なく置かれた、湯気の立つ丼には、

    14-1-22夜 そばあぷ

    たっぷりの白葱に、ふっくら大きな2つの鴨つくね、
    その横に、うっすらレア状の厚切り鴨肉。

    14-1-22夜 そば汁

    早速蓮華ですくい、口にした汁は、
    思った程ギトギト感なく鴨の風味も、品あり穏やか、
    体に、心に、ほっとする味わいに、しばし蓮華を離せない。

    14-1-22夜 そばたべ

    蕎麦を手繰れば、乱れなく切り揃った、見事な細切り。
    熱々汁の中でも、クキっとした腰残し、喉越しなめらか。
    汁を纏った蕎麦が、するすると胃に治まっていく。

    14-1-22夜 そば鴨

    鴨肉も、熱々汁に浸っている間に、中まで熱が入り、
    しっとりとしてさっくり柔らかく、美味しいな。

    14-1-22夜 そばつくね

    鴨団子は、ふわふわジューシー、じわりと肉汁染み出る豊潤な旨み。
    「鴨つくね南ばん」もあったらいいのになあ。

    食欲もないと思っていたのに、
    ひと掬い、またひと掬い…と、
    気付いたら汁まですっかり飲み干して…

    ご馳走様でした。

    ほんのひと時だったけど、
    わずかでも、心の整理もでき、ちょっと落ち着き、
    「まつや」がここにあってよかった、と心から感謝して…

    お義父さん、安らかに、
    そして沢山の、沢山の、沢山のものをありがとう。


    14-1-22夜 ご馳走様
    「神田まつや」吉祥寺店

    武蔵野市吉祥寺本町2-3-1
    吉祥寺東急百貨店9階
    0422-22-1722
    11:00~21:00
    定休日:東急デパ-トによる



    2013年12月11日 (初)温かい「納豆そば」
    2013年11月 5日 (初)「そばとろ」
    2013年 6月12日 吉祥寺店夏限定「梅おろし蕎麦」
    2013年 3月 4日 「わさびかまぼこ」と吉祥寺店春限定「芹のあんかけ」
    2013年 1月28日 傷心に鴨にも縁なく「月見そば」
    2013年 1月10日 「お新香」に「小海老天そば」
    2012年11月14日 「玉子とじそば」
    2012年10月21日 「きつねそば」
    2012年 8月23日 「冷きつねそば」
    2012年 6月27日 「小鉢そば」
    2011年 6月11日 「大車海老天ぷらそば」
    2012年 4月11日 「山菜そば」
    2012年 2月13日 「鰊そば」
    2011年12月27日 「焼き海苔」で熱燗、「たぬきそば」
    2011年 8月22日 「かしわ南蛮」
    2011年 6月 8日 「小海老天ぷら蕎麦」
    2011年 4月21日 「なめこそば」
    2011年 1月 7日 「親子南蛮そば」
    2010年11月 8日 「おかめとじそば」
    2010年 8月31日 「山かけそば」
    2010年 7月28日 「盛り合わせ天もり」
    2010年 6月 8日 「小海老天ぷら蕎麦」
    2010年 5月10日 「天南そば」
    2009年11月 5日 「傷心でカレー南蛮」
    2009年 8月11日 夏限定「おろしそば」
    2009年 5月26日 「冷したぬきそば」
    2009年 3月 3日 「草切り」
    2009年 2月20日 「かき玉うどん」
    2008年12月22日 「おかめそば」
    2007年 5月15日 「かき玉そば」
    2006年12月15日 「柚子切りそば」
    2006年 7月15日 「小海老天もりそば」
    2005年12月21日 「たぬきそば」
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    とても魅力的な記事でした。
    また遊びに来ます!!
    2014/07/08(火) 10:40:52 | URL | 履歴書の封筒 #-[編集]
    たまご様
    ありがとうございます…。
    なんて、お礼を言っていいのか、分からないほど、
    力づけられています。

    こういう言葉の一つ一つが、こんなにもうれしく、
    力になるのかと…

    私もうまく言葉で表せないのがもどかしいです。
    本当に、ありがとうございます。
    2014/02/05(水) 06:57:22 | URL | yuka #-[編集]
    …様
    いつも心暖かななコメント、本当にありがとうございます。
    心に染みました。

    そして、お知り合いだったとは、すごいです…。
    本当に、親しい人を亡くす事の寂しさを、この頃、しみじみと感じながら…

    でも、生きている間は、
    しっかりと生きていかねば、ならないんですよね。
    本当に、ありがとうございました。
    2014/02/05(水) 06:55:24 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    まがり様
    是非、冬のうちに食べて下さい。
    2014/02/05(水) 06:52:09 | URL | yuka #-[編集]
    練馬のたまごです。
     先日、Yukaさんがふる井さんに伺った記事を拝見し、一人内心喜んで居たのも束の間、、、
    この度はご尊父様永眠のご訃報に接し、心よりお悔み申し上げます。
     
     私自身、両親ともに早くに亡くしておりますので、人とは違う死生観を持ってるが故、Yukaさんや彼さん、またご親族のお気持ちを簡単に理解る、とは言い難い部分ではあります。
     何かお力になれれば、と思います。でも叶いません(決して悲観的や皮肉な意味ではなく)。それでも、Yukaさんはじめ、皆様が笑顔で毎日を過ごせる様、大好きなお蕎麦が「美味しい」と感じられる様、心よりお祈り申し上げます。
     
     どうか、確かに生きてらして下さいませ。お気持ちしっかりと居られる様、微力ですが、心より案じて居ります。
     
     (うまく言葉に出来ず、不快なお気持ちにさせてしまっていたら、大変申し訳御座居ません)
    2014/02/04(火) 18:17:36 | URL | たまご #q8u6Mhi2[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2014/02/04(火) 08:23:57 | | #[編集]
    今冬
    まだ鴨南食べてない
    この前、三茶の安曇野で入店するまでは
    「鴨南蛮かっも南蛮~♪」って思ってたのに
    メニュー見て
    「牡蠣蕎麦っ!」
    になってしまった
    2014/02/03(月) 09:48:20 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >