矢川 「素朴庵」

2005/11/30/19:54  [東京都下の蕎麦]国立市 画像あり

そろそろ新そばだろうし・・・
行きたい、行きたい・・と思っていたお店。
引越しでばたばたしちゃって、とうてい蕎麦屋でのんびり~なんて状況じゃないのだが・・・

んーっ!
もー、禁断症状になってしまう!
と、片付けもそこそこに・・・、今日はとっさに、大好きなお店のひとつに向かっていた
20051130190351.jpg

矢川駅ほど近くの、初めて来たときから と思ってしまって、それ以来大好きな、お店。。
「素朴庵」

今日も、変わらず素朴な店構え。。
んー、今日はお酒も頂いちゃおうかな♪


お昼もとっくに過ぎた平日・・・。
でも、先客の一人はのんびり~と楽しんでいる様子。

久しぶりに訪ねたけど、ご主人は覚えていて下さって、暫し話し込んでしまう。。
わたし、このご主人も大好き

じゃじゃ、やっぱり、今日はゆっくりとお酒も頂いてしまおぉ~・・・
かれこれ、ここ数日ちょっと蕎麦断ちしてたし、自分の慰めにも、夕方までの時間をゆっくりしちゃおうっと。
20051130191117.jpg
ここで、お酒を頂くのは初めて。

冷酒は「吉乃川」で頂く。
こんなに飲めるかなぁ~と思いつつも
「飲めるでしょ」のご主人の言葉にそう思ったりもして・・
あては、自家製「塩辛」

これが、おいしいっ!辛すぎず、なんてきれいな塩辛・・。刺身になるイカを使っている様子。

時折見えるお客さんを後にし、再びお話を聴いていると、ご主人の蕎麦に対する思いが、じわ~り伝わり、それがここの蕎麦なんだなぁ・・という気分になる。

と、3時もぎりぎりに・・・
一組のお客さんが。ご主人もいいですよ と受け入れて、なんとな~く和やかな雰囲気に。。
(私が昼間っから飲んでたからかしらん~)

お客様の頼まれたので・・・
いつもは二色をかわるがわる頼んでいたけど、なんとなく釣られて、わたしも今日は「三色蕎麦」を頼む。

「食べられるかしら・・・」の言葉に
「食べられるでしょ」
のご主人の言葉で、そういえば、最近蕎麦が別腹になっていたんだった・・と思い頼んでしまう。

そして!まずは「更級そば」
さらしな
んーっきれいっ。
更科の十割をこれだけきれいに打てるのは、やっぱりあんまりないと(私は)思う。
さらしなアップ
程よく歯に押し返す腰。
それでいて、やさしさのある蕎麦。

かみ締めると蕎麦の甘みが、ほんわか~と漂う、この更科はやっぱりおいしい。

そのままでも食べつくしてしまいそうな蕎麦。


そして、次には「もりそば」
もりそば

んーっ ここれっ。この蕎麦のホシが散った、豪華な姿。
もりアップ
口に含む・・・

う・・・・濃いっ。
蕎麦の香ばしい風味がとてつもなく濃い。
この蕎麦の味を知っちゃうとなかなか、ほかの蕎麦が食べられなくなりそうな程。

ゆっくりと堪能した後は・・、お待ちかねの「田舎蕎麦」
田舎
細切りの、ちょっと黒めの、これもホシが十分に散りばめられた蕎麦。田舎アップ

また、これが・・・たまらなくおいしい。。
蕎麦の深い風味がなんとも言えない・・・

と思っていたら先ほどのお客さんは、「田舎で呑みたいので」とお酒をついかしているではないかっ
でも、その気持ちがわかるような、腰、風味、エッジ、どれも手落ちのない私好みの蕎麦。


そして・・
こだわっているだけあって、ここの蕎麦つゆはおいしい。
どちらかというと、更級よりは、もりや田舎にばっちりのつゆで、辛さといい濃度のバランスが絶妙だ・・・

そして・・・
最後の蕎麦湯まで、ここはとろとろっ・・で。

ああ・・・
やっぱり来ちゃってよかった。一気に心から暖かくなった思いが。。

しかも・・・
同じ空間を楽しんだお客さんの、Takeさん、Yukiさんとも又、なんとも奇妙なほど気が合ってしまったのが、すごくうれしかった・・・。
(初対面の方とこんなに親しくなってしまうなんて!!)

はぁ~・・・・
なんとも言えず、濃く素敵な時間を過ごせました。。
ご主人!又、来ます!
今年の新そばは、ますます、すごいですね~♪

20051130191613.jpg
十割手打ちそば  素朴庵

国立市谷保6721-1 セピアコート国立
042-571-0019
11:00~15:00 / 17:00~20:00
第1,3月・火曜休





関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/283-e13077ab

◄ prev next ►