国領 「星月」 「若鳥そば」に塩出汁「ふわふわ玉子とじうどん」

2014/02/11/17:14  [東京都下の蕎麦]調布市 画像あり

まだまだ至るところに残雪残る上、
どんよりとした寒空に、ちらほらと雪が舞い始め…

刺すような冷たい風に、ちょっと外に出ただけで凍えるよう gessori.gif

何かあったかいもの食べようと…

14-2-11 店

久しぶりに向かった、「星月」さん。
記憶にもまだ新しい、去年残念ながらお店を閉められた、
小田原「星月」さんの、お兄さんのお店。

今は、息子さんが後を継がれているそう niko.gif

国領 「手打そば 星月」


星と月をなぞった、風流な暖簾を潜り入れば、
純和風のしっとりと落ち着いた上品な空間。

丁度昼時、一階のテーブル席は既に満席。
にこやかに2階の客席に通されて…

暖かいお茶を頂き、久しぶりの品書きをじっくり拝見。

14-2-11 品季節

「鍋焼うどん」に始まる、冬ならではの季節メニューに、

14-2-11 品壁

壁に貼られた品書きの「刻み鴨せいろ」、これいいな

14-2-11 品冷そば14-2-11 品温そば

さらに、定番の品書きを眺め…

見たら、やっぱり暖かいお蕎麦が食べたて、
中から「若鳥そば」を選び、
彼は「塩味」というのが珍しい、「ふわふわ玉子とじうどん」 niko.gif

14-2-11 品一品

待ちながら、「一品料理」のメニューもチェック。
なかなか豊富な品書きに、ここで蕎麦前もいいなあ、
などと見ていると…

14-2-11 そばきた

程なく、二つのお盆が到着~。

14-2-11 そば

琥珀に澄んだ、美しい汁に心そそられ、

14-2-11 そば汁

早速口に含めば、すっきりとして柔らかく、
じんわりと鶏の旨みが染みた、上品な味わい futt.gif

思わず、はぁ~…と、声が洩れそうな美味しさに、
しばし何度も蓮華で口に運び…

14-2-11 そばたべ

中の蕎麦を手繰れば、
温蕎麦ならでは、汁に浸ってほろりとし、
手打ちならではの穀物感をしっかりと感じられる。

やさしくたおやか、汁を吸った蕎麦が美味しく、
軽やかにするすると入っていく。
ここの温そばも、美味しいなあ…love.gif

14-2-11 そば鶏

中にいくつも入った「若鳥」は、皮なし鶏肉、それがうれしく、
ふっくらと柔らかで、心地よい弾力があり、これは旨いっ buchu-.gif

14-2-11 うどん

一方、彼の「玉子とじうどん」の美しさ
ぷっくりと膨れた玉子の鮮やかな黄色い帽子に、
ちょこんと朱色の梅の彩もよく…

14-2-11 うどん汁

途中交換してみれば、
ほとんど透明の、柔らか~な「塩味」の奥深き出汁。
スッキリとして繊細、清らかでとても上品、
こ、この汁、なんて美味しいんだろう…love.gif

14-2-11 うどんたべ

中のうどんは、キラキラ輝く細うどん。
氷見うどん、いや稲庭に似た、
強すぎないが腰がある、それが心地よく喉越し滑らか。

ふわっと小麦の甘みも広がり、このうどん、美味しい hahha.gif

ふわふわ玉子も絶品、梅の甘酸っぱさがいいアクセントで、
この蕎麦バージョンも食べてみたくなってしまう。

後は、はふはふ夢中で手繰り、
食べ終えたら、体もすっかりぽかぽかじっとりと汗にじむほど。

ご馳走様でした~hahha.gif

小田原のお店は、もうないけれど、
「星月」さんの蕎麦はしっかりと受け継がれてる。
今度は、ゆっくり蕎麦前もしに伺いたいな futt.gif


14-2-11 品時間
「手打ち蕎麦処 星月」

調布市国領町8-1-22   
0424-82-2468
11:30~15:00 / 7:00~21:00
(日祝日は中休みなし)
火曜休
禁煙



2005年 7月10日 「せいろそば」
関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/2836-440594cb

◄ prev next ►