つれづれ蕎麦 
    田無 「さらしな総本店」
    2005年12月01日 (木) 16:38 | 編集
    花活けの後、ちょっと気になるお目当てのお店に行って見ると・・・、定休日
    まあ、調べないで行ってしまったのだから仕方ないとして、どうしようかな、ってところでまだ行った事がなかった、と、

    中野とそして、田無にあるという「さらしな総本店」に行って見る。
    PC010450.jpg


    駅前の横の、ほそ~い路地を入ったところに、風情のあるお店。
    こういうお店だったんだ・・・
      「さらしな総本店 田無店」

    中は、黒木で統一された落ち着いた民芸調の店内。
    今よくあるおしゃれな感じとは違う、蕎麦屋らしいつくりは静かでいい感じだ・・

    二人がけ、4人がけのテーブルがいくつか配され、
    PC010441.jpg
    奥に6人分くらい?のカウンター席が、打ち場をぐるりと回るように作られている。
    一人だったので・・・、ここに席をとると、うんうん、丁度蕎麦を打っているところ・・。

    何人かのお客さんも皆、ぼんやりと眺めていて、こういう職人の仕事の姿は見ていて飽きない。


    お品書きを広げると・・・
    「さらしな」っていうだけあり、蕎麦は、もり、田舎、さらしな、変わり蕎麦とあって、種物もいろいろそろっていて、親しみやすい感じ。

    つまみも数々揃っているし・・・、これはなかなかいいかも
    で、初めてなので(季節の蕎麦を取り入れた)という「三色そば」を頼むことに。

    ふと周りを見ると、一人で静かにお酒を傾けてる男性がいたり、老夫婦が静かに語らっていたり・・・、なんだかとってもいい雰囲気。
    お店の人の接客も、さりげなく丁寧で、近すぎず遠すぎず・・・こいう蕎麦屋っていうのは、なかなかうれしい。

    で、ほどなくして「三色そば」
    PC010442.jpg

    「若葉そば、柚子きり、田舎蕎麦の三色です」と、三つの山にそれぞれ盛られる。
    どれも、ぴんと角が立ち、香りも漂ってる。。ん?これはいいかもっ。。
    薬味の細い半割の竹の器も上品で、わさび、大根おろし、ねぎが出される。

    PC010444.jpg
    どれどれ・・・まずは、「若葉蕎麦」から。
    清々しい青みの香りのする、腰のしっかりとした中細切り。蕎麦とこの若葉の香りがおいしく、甘みも感じる。
    おお、なかなかいいではないかっ。。
    のど越しもよく、ちょっとだけ甘みを含んだつゆとのバランスもいい。

    PC010446.jpg
    そして、今日から・・という「柚子きり」。
    若葉蕎麦より細めの、ほんわか黄色のぴんっとした柚切り。柚子の香りがとても豊か。そのまま食べると、本当に柚子でいっぱいになるさわやかなもの。
    つながりも申し分なく、この「柚子きり」はいいっ

    月ごとに変わるのも、試してみたくなってくるなぁ。

    PC010447.jpg
    そして、「田舎蕎麦」。ほかの蕎麦はニハチとの事だけど、これは「そば粉100%の蕎麦です」との十割。
    ふと打ちのしっかりとぎゅっと詰まったような腰は、かみ締めると蕎麦の香りが漂う。
    つながりもよく、これはかみ締めて食べるにはなかなかイケる。
    (と、隣で飲んでいたおじ様が「田舎旨いでしょ」と声をかけてきました~^^)

    うむむむ・・・・ ほとんど期待しないで来てみたけど、ここもなかなかかも。。

    PC010448.jpg
    「熱いですから気を付けて」
    と出された湯桶は、
    年季の入ったような塗りのもので、
    ナチュラルに白濁したものは、
    ほっとさせてくれる。


    蕎麦の香りが~・・・とか、風味が~とか、難しいことは抜きにして、憩える町の蕎麦屋としてはなかなかレベルが高い感じで、こういうのもいいなぁ。ちょっと気を楽にして、いっぱいやりに来てみたくもなくる。

    それと・・・、
    やっぱり隣のおじ様のお勧めしてくれた、「しっぽく蕎麦」っていうのもちょっと気になってみたり。しかも!ここって、無休??これは貴重かも・・。今度は、中野の方にも寄ってみようかな・・・

    お品書きの表紙に書かれていた
    「遠く祖先の石臼の響きが 心に伝わる そんな蕎麦屋であり続けたい」
    の一文が、なんだか心を暖めてくれました・・・

    *お品書き
    ニハチ蕎麦 730円、田舎蕎麦 780円、さらしな 730円、三色蕎麦 900円
    鴨汁うどん 950円、しっぽく蕎麦 950円、天もり 1,630円、牡蠣天蕎麦 1,400円
    つまみ 400円~多数あり


    PC010451.jpg
    さらしな総本店 田無店

    西東京市田無町4-3-17
    0424 -50 -6333
    11:00~22:00 原則無休




    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    中野よりも?だったんですか。。
    ぐい呑みさま、こんにちわ。
    そうなんですかっ。。わたし、中野にも行ったことがないのですが・・。ほぉぉ。。

    今度は、ゆっくりしてみます♪
    2005/12/05(月) 21:18:26 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
     確かに憩えますね
     こんにちは:実はこの店、中野の本店より気に入っています。蕎麦も汁もこちらの方が私には好みです。
    2005/12/05(月) 10:32:40 | URL | ぐい呑 #-[編集]
    そうだったんですか・・・
    ・・という、わたしもなんとなく後回しになっていたお店なんです。

    でもでも、なかなかどうして。。
    蕎麦屋本来のくうきがあって、なかなか気に入りました。そばも悪くなかったですもんっ。

    海老きり・・・。わたしも食べてみたいです。
    そうそう、今でている若葉そば、よかったですよ!
    2005/12/02(金) 23:43:40 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    意外と
    さらしな総本店さんの系列は、
    あまり高く評価する人が少ないですけど
    品も揃ってるし、憩えて意外と良いと思いますよ。
    私も、ここは、結構行っていた時期が有ります。
    2層の変わりそば(抹茶としらゆき)を初めていただいたのもここでした。
    1月の「海老きり」を食べ損ねて居るので、
    1月になったら、また伺おうかな。
    2005/12/02(金) 23:34:12 | URL | 真秀 #p6owyR5Q[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >