つれづれ蕎麦 
    日本橋 「仁行」 お昼の蕎麦ご膳 「とき玉」
    2014年02月25日 (火) 20:15 | 編集

    類まれなき極細の、繊細かつ澟とした石井さんの蕎麦。

    又あの不思議な蕎麦の魅力に会いたくて…futt.gif
    何とか早目に終わらせた今日、
    急ぎ飛び出し向かった、日本橋の路地の中。

    14-2-25 看板

    殺風景な通りの中の、飾り気のないビルの入口に、
    そっと置かれた、木彫りの看板。

    14-2-25 店

    良かった…、今日は間に合った futt.gif
    ほっとして乗り込んだエレベータで、4階フロアへ。

    日本橋 「仁行」

    13時半までのランチタイムぎりぎりに、引き戸を開けば、
    澟とした空気が流れる、落ち着いた大人の空間。

    ゆるいカーブを描くカウンターの椅子を引き…

    14-2-25 品

    お茶を頂き、「お昼のご膳」の品書きをじっくり吟味。

    それぞれある蕎麦にはすべて、
    「おまかせつゆ蕎麦」とデザート付き niko.gif

    久しぶりだし、「もり蕎麦」にしようと思ったら…
    「ふんわりとといた玉子」の文字が目に留まり、
    お願いしたのは、「とき玉」の蕎麦。

    14-2-25 品酒

    それと、、ちょっと蕎麦前も sunglass.gif

    14-2-25 酒

    熊本のお酒、「瑞鷹 純米酒 菜々」

    14-2-25 酒あて

    添えて出された、充てが素敵
    牡蠣の山椒煮に、蕗の薹、具沢山の卯の花に、ホタルイカ。

    洗練された味わいの、酒飲み心をつかんだ一品一品で、
    やわらかですっきりとしたお酒と共に、
    ほおっと、味わっていれば…

    14-2-25 つゆそば

    まずは、お碗によそられた「おまかせつゆ蕎麦」。
    今日のお蕎麦は、若芽と揚げ玉。

    14-2-25 つゆそばたべ

    薄味上品なかけ汁に、ふわっと広がる若芽の風味。
    揚げ玉のコクが染みた汁に、しみじみとさせられ…

    蕎麦は、薄く伸されたやや幅広の平打ち。
    ほろりと優しくも、しっかり歯ごたえがあり、
    汁を纏ったこの蕎麦が、とても美味しい love.gif

    これ、いいなあ、もっと食べたくなっちゃうなあ、と
    汁まですっかり飲み干し、
    ほっと一息ついていれば、タイミングもピタリ。

    14-2-25 そば

    メインの「とき玉」の膳がすっと出される。

    14-2-25 そばあぷ

    簀の上にふんわりと盛られた蕎麦は、
    極めて繊細な極細の蕎麦。

    14-2-25 そばたべ

    手繰り上げれば、むわりと広がる、ふくよかで新鮮な蕎麦の香り。
    口にすれば、しなやかで澟とした歯ごたえ。

    ああ正に…、石井さんの言う、
    「松茸を裂いたようなしなやかな食感」だ futt.gif

    するりと落ちるように喉元に消え、
    その途端、くっと濃厚な蕎麦の風味が鼻孔に響く。
    美味しい、この不思議な味わいは石井さんならでは love.gif

    何度かそのままの蕎麦を楽しみ…

    14-2-25 そば汁そそぎ

    ふわふわに溶かれた玉子汁に汁を垂らし、

    14-2-25 そばたまご

    とろりと絡め頂けば…
    くぅ~っ、これは美味し~いっlove.gif

    玉子好きにはたまらない、玉子のコクにまろやかさ。
    細身の蕎麦にたっぷりと玉子が絡まりクセになる。

    14-2-25 蕎麦湯

    熱々の蕎麦湯を注げば、
    ぱっと煮え立つ玉子の、ミルキィな蕎麦湯が又たまらなく、
    これもたっぷりと頂いたら、お腹もいっぱい。

    14-2-25 甘味

    最後のデザートは、「林檎ゼリーの小豆寄せ」
    さっぱりとした林檎に小豆の甘さにほっこりさせられ、
    満足な、お昼のひと時に。

    ご馳走様でした~ hahha.gif

    又ゆっくりと、「蕎麦懐石」も、頂きに来たいな…。


    002 - コピー
    「仁行 Ningyou 」

    中央区日本橋小舟町6-16 グリーンビル4F
    03-5695-8117
    11:30~13:30 / 18:00~21:00
    日曜定休(祝日ランチのみ営業)
    禁煙

    お店のHP


    2012年 9月20日 お昼の「蕎麦懐石」「トマト蕎麦」「からすみ蕎麦」「アボガド蕎麦」
    2012年 5月23日 「夜の懐石」に「カレー南蛮」「アグー豚つけ汁」「揚げ花そば」
    2010年12月 3日 「夜の懐石料理(おまかせ)」
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    よしの様
    すごいですよね、本当に。
    この蕎麦は、まさに唯一無二だと思っています。

    65%とは…。
    しなやかだけど、腰があり、
    流れるような喉越し、
    そして、あの極めて極細の蕎麦。

    これは石井さんだけの蕎麦なんですね。
    2014/03/06(木) 09:31:22 | URL | yuka #-[編集]
    確かにですねー
    目指して行きついたのが「多加水」、というところが凄いです。

    >松茸を裂いたようなしなやかな

    という表現も料理の世界の方だからこそのお言葉に聞こえます。

    大体65%以上もの加水をしたら、延すも大変だし、切りも。
    ズルダマでも55%が良いところの当方としては、さらしなの十割・
    常温水捏ね並に思えます。
    真似は絶対無理でしょうが、色々参考になります。
    2014/03/05(水) 13:10:31 | URL | よしの #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >