つれづれ蕎麦 
    牛込神楽坂 「志ま平」 おまかせ料理 恍惚の「二色そば」
    2014年02月27日 (木) 11:33 | 編集

    随分ご無沙汰してて、行きたいなーと思っていたとこに、
    連れてってとのうれしいお声かけ niko.gif

    14-2-26-3 店

    今や蕎麦街道、牛込神楽坂の商店街の一角に、
    一瞬億してしまいそうな、ずしりとした蔵扉。
    ご主人らしいなぁ、独特の雰囲気漂う佇まい futt.gif

    牛込神楽坂 「巽蕎麦 志ま平」


    楽しみにしてたのに、乗り継ぎを間違えて大幅遅刻 汗_M_1~1

    くりくりとした目で微笑み迎えてくれたご主人に、
    久しぶりのご挨拶をして…、

    14-2-26-3 乾杯

    急ぎビールを頂き、駆けつけ乾杯~乾杯_M~1

    14-2-26-3 前菜

    くっと喉を潤わせていれば、すっと出される、
    お雛さまのお飾りのような、愛らしい「前菜盛り合わせ」

    口いっぱい春の息吹が広がる「蕗味噌」に、
    とろ~り濃厚な「生海苔の佃煮」
    ツーン辛がたまらない、「山葵茎のかえし漬け」に、
    青海苔香ばしい、ほこほこっとした「醤油豆」

    14-2-26-3 品酒

    どれもお酒が欲しくなる充てばかり niko.gif

    14-2-26-3 猪口ガラス

    早速、「獺祭」磨き五十を頼めば、
    キラキラ輝くガラスの猪口に…

    14-2-26-3 ちろり1

    素敵な、アンティークの鈴のちろり。
    それぞれ選んだ猪口で、再び乾杯

    14-2-26-3 スープ

    すっきり爽やかなお酒に…、
    待っていました♪、大好きな「蕎麦の実スープ」hahha.gif

    蕎麦粒がほろろと沈み、ほおっとする優し~い味わい。
    まろやか~でミルキィ、散らされた蕎麦茶が香ばしく、
    ああ、これは毎朝毎夜、飲みたいなあ love.gif

    14-2-26-3 そば寿司

    そして、きりっと巻かれた、絶品「蕎麦寿司」

    14-2-26-3 そば寿司たべ

    ぷりっとした海老の品の良い旨み甘みに、
    酢加減はほのか、蕎麦の香ばしさが重なるように広がる。
    ん~、これもお替りしたくなっちゃう buchu-.gif

    14-2-26-3 料理

    そして…、まるで宝石を散りばめたような、
    美しい「蕎麦屋の料理盛り合わせ」

    14-2-26-3 料理1

    「貝肝」に、「薩摩芋のレモン煮」、カリポリ「数の子」、
    「酢ハス」に、「鮪のかえし煮」、脂の乗った「鯖押し寿司」buchu-.gif

    14-2-26-3 料理2

    「牡蠣の有馬煮」に、「たたき牛蒡」、とろ~り溶ける「アン肝ポン酢」、
    「板わさ」には山葵漬が挟まれ、うっとりする「蛸の煮こごり」buchu-.gifbuchu-.gif

    14-2-26-3 料理3

    「赤蕪漬け」に味染み柔らか~な「蛸の煮付け」
    ほんのり甘めの、大好きな志ま平さんの「玉子焼き」buchu-.gifbuchu-.gifbuchu-.gif

    少様々な味わいを頂けるのは酒呑みにたまらなく、
    お酒もくいくい頂いてると…、

    14-2-26-3 そばがき

    カッカッカッ…と軽快な音が立ち、
    ふわ~っと芳しき湯気を立てた「蕎麦がき」が hahha.gif(私のはミニ)

    ふわふわとろ~り柔らかく、ほろっと溶け広がる、
    ふっくらとした蕎麦の味甘みと芳ばしさで口いっぱい。
    ああ、私も溶けてしまいそう…love.gif

    14-2-26-3 クレープ

    最後は、「蕎麦生地クレープ」。
    薄焼き生地に蕎麦味噌、しゃきっとした野菜が甘い futt.gif

    すっかり話込み、次々に頼んだお酒は、
    どれもとても素敵な、骨董品の鈴のちろり。
    40年かけて集めたものだそう hahha.gif

    14-2-26-3 ちろり214-2-26-3 ちろり3
    14-2-26-3 ちろり414-2-26-3 ちろり5

    注ぐのも楽しく、目でも楽しみ、たっぷりと頂いて…、
    そろそろお蕎麦を頂こう niko.gif

    14-2-26-3 そば二種

    久しぶりに頂くお蕎麦。
    「おせいろ」と「深山」のもちろん両方、取り分けて niko.gif

    14-2-26-3 そばせいろ

    しなやかで優美、繊細な細切りに、ほのかに粒の陰影が透け、
    ざっくりとした切り口の、楚々とした美しき「おせいろ」

    手繰り上げれば、ふわりと豊かに広がる芳しき香り。
    はらりと解けるたおやかな腰に、喉越し軽くふっと消え、
    喉元から込み上げてくる、味わいは甘く…

    ああ、美味しい…love.gif
    なんて淑やかで、優雅な蕎麦なんだろう。

    14-2-26-3 そばみやま

    一方「深山」は、その対極、野生味溢れた姿。
    今にも粒が飛び出しそうな切り口に、
    むんむんと広がる、甘く香ばしい、豊穣たる香り。

    口にすれば、もちもちとした腰に、
    深い芳ばしさにまるで小豆のような甘みの、濃厚な味わいは悩殺もの。
    お、美味し~い…、思わず恍惚感に浸ってしまう love.gif

    すっと注いでくれた蕎麦湯を頂きながら、
    冷めやらぬ余韻を、ゆっくりと噛みしめて…、

    ご馳走様でした~hahha.gif

    来る度に、志ま平さんの蕎麦の魔力に魅了されつつ…
    さらに、ご主人交えての楽しいひと時に、
    濃厚な夜は更けて行く…futt.gif


    14-2-26-3 看板
    「巽蕎麦 志ま平」

    新宿区納戸町33
    03-5261-8381
    18:00~22:00ごろ
    日曜休 (祝日営業)
    禁煙



    2013年 4月11日 おまかせお料理、「二色せいろ」新・深山
    2012年11月28日 「小粒そば」と極上「鴨の陶板焼き」
    2012年 7月25日 「熟成そば」食べ比べ
    2011年 5月20日 おまかせコース
    2011年 4月27日 お昼に、前菜と「二色そば」
    2006年 6月21日 おまかせお料理に「二色そば」
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    求道者様
    はい、出汁で蕎麦粒を煮て、潰して粗く裏ごしし、そこに牛乳を加えたそうです。
    冬はほっこりと暖かく、
    夏は、冷製のスープです。

    ここは、コースにしなくても、お腹の具合でちょこちょこっと作ってくれるので、大丈夫です(^^)
    2014/03/12(水) 09:08:39 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    いつも更新楽しみにしております。
    蕎麦の実スープ、すごいですね。出汁も入ってるのでしょうけど、ポタージュ状になっていて、温かいスープなのですか?冷製なのか観てるだけでも気になります。
    こういう、蕎麦料理に巡り逢おうとしたら、やっぱりコース注文なんでしょうね。
    2014/03/08(土) 12:22:56 | URL | 求道者 #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >