つれづれ蕎麦 
    一橋学園 「醍醐」 太い蕎麦で「けんちんせいろ」
    2014年03月02日 (日) 19:50 | 編集

    やっと暖かくなってきたと思ったら、
    しんしんと冷たい雨が降り、凍えるような寒さに逆戻り。

    こんな日は暖かいお蕎麦、食べたいな、と…
    久しぶりに訪れた、一橋学園駅近くの老舗蕎麦屋 niko.gif

    14-3-2 店2

    商店街の中ほどに、ちょっと目を惹く白塗り壁。
    小豆色の暖簾に、竹の植込みが風流な、趣ある佇まい futt.gif

    一橋学園 「小平 手打蕎麦 醍醐」

    暖簾を潜り入れば、しっぽりと落ち着いた、
    老舗の蕎麦屋らしい心和む店内。

    14-3-2 お茶

    空いていた椅子に腰を下ろせばすぐに、
    暖かな笑顔で迎えてくれる、優しそうな素敵なご主人。

    寒かったでしょう、と出されたお茶を頂き、品書きを開けば…

    14-3-2 品冷そば

    「冷たい蕎麦」がずらりと並び、

    14-3-2 品肉そば

    その横には、「特選創作 新メニュー」 niko.gif
    一つ一つの品に書かれたコメントの

    "さらりと旨い"、"しみじみ旨い"、"これは旨い"、"しっくり旨い"、
    "とても旨い"、"こってり旨い"、"さすがに旨い"…

    うふふ、遊び心たっぷり、楽し~い hahha.gif

    14-3-2 品温そば214-3-2 新あ温そば

    お目当ての暖かいお蕎麦も豊富に並ぶ中、

    14-3-2 品壁

    ふと顔を上げれば、壁に貼られた品書きは…

    14-3-2 品壁あぷ

    えっ、「けんちんそば」が600円??wao.gif
    「もりせいろ」が750円なのに、な、何故っ??

    思わずご主人に、蕎麦が違うのかお聞きしたら、

    「いえいえ、同じなんですよ、これはサービスで(^^;」
    こんなご時世だから、と照れたように頬笑み、
    「お蕎麦は、すべて同じ手打の蕎麦ですよ」
    の言葉にようやく安心し…

    それにしても、素晴らし過ぎ
    しかも、この寒さにけんちんは、うれしい限り。
    すぐに「けんちん」に決め、彼の「肉そば」と共に注文~。

    14-3-2 品酒14-3-2 品天ぷら

    後から入ってきた老紳士が、
    座るなり「熱燗に海老掻き揚げ」と頼む声が羨ましく…

    14-3-2 そばきた

    程なくふたつのお盆が到着。

    14-3-2 そば

    おっ、太っ a.gif
    冬だからだろうか、記憶にある蕎麦よりずっと太く、
    まるで、細めのうどんのよう。

    14-3-2 そばたべ

    艶やかな色白蕎麦に、所々に欠片が混ざり、
    口にすれば、もっちもっちとして腰しっかり、
    もぐもぐと噛みしめれば、じわじわ甘みが広がってくる futt.gif

    素朴でしみじみとした、田舎風ぬくもりたっぷり。

    14-3-2 けんちん

    しかも、横には、ふかふか湯気立てるけんちん汁。

    14-3-2 そば浸したべ

    どっぷりと浸せば、俄か暖まった蕎麦がいい。
    濃すぎず薄すぎずのけんちん汁は、滋味深く、
    ほのぼのとした心地になってくる futt.gif

    この太さにしっかりとした腰、
    つけじゃなく、「けんちんそば」もいいなあ。

    14-3-2 大根

    大ぶりに切られた大根は、ほっくりとして柔らく、
    人参に里芋、蒟蒻に薩摩揚げ、
    どれもしっかりと味が染み、
    寒い日のけんちん汁は、やっぱり堪えられないなあ futt.gif

    14-3-2 肉汁

    一方、彼の「肉汁」は、バラ肉にほうれん草、
    肉の旨みがしっかりと染み、
    けんちんとは違う旨みで、これもいい niko.gif

    もぐもぐと手繰り、素朴な蕎麦の味わいを噛みしめ、
    太めの蕎麦は食べ応えもあり、お腹もいっぱい。
    熱々蕎麦湯でさらに暖まり…

    ご馳走様でした~hahha.gif

    今度は、暖かいお蕎麦を食べてみようっと。

    14-3-2 囲炉裏


    14-3-2 P
    「手打蕎麦 醍醐」
    小平市学園東町1-4-27
    042-344-2828
    11:00~19:30
    火曜、弟1,3月曜休
    駐車場4台



    2006年 4月15日 「ごぼう天つきもり蕎麦」と「ごまだれ肉しゃぶ蕎麦」
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    森のたぬき様
    寒い日のけんちんは、やっぱりいいですよね(^^)。
    そろそろ、春になっちゃうと、
    ちょっと寂しい気もします
    2014/03/15(土) 08:46:01 | URL | yuka #-[編集]
    よしの様
    おもしろいですよね~(^^;。

    そうそう、お蕎麦、変わりましたよっ。
    昔は、もっと細くてやや平打ちぎみ、
    おっしゃる通り、透明感があり欠片がぷつぷつ混じったお蕎麦でした。

    冬だから…?
    なのかしら。
    とっても太かったです(笑)
    2014/03/15(土) 08:45:08 | URL | yuka #-[編集]
    ほっこりと♪
    ゴロゴロ根菜がとっても美味しそ~♪
    けんちんっ!て感じが堪らないですね。 雨の日に食べたくなっちゃいます☆
    2014/03/13(木) 09:09:58 | URL | 森のたぬき #uG9d5srs[編集]
    確かに面白い
    価格構成ですね!(笑
    ふつうは、けんちんやおろしぶっかけ方面をお願いしますよね!

    懐かしいです。以前はお蕎麦に細かい外殻の混入量がもっと多く、
    透明感が結構強かったように思うのですが。

    頼もしい町のお蕎麦屋さん。
    2014/03/12(水) 15:07:01 | URL | よしの #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >