つれづれ蕎麦 
    茅ヶ崎 「猪口屋」 潮風がそよく古民家で
    2014年03月16日 (日) 22:38 | 編集

    雪でずっと行けなかった、恒例、寒川神社詣で。
    春らしくぽかぽか陽気の今日、ようやく今年も無事お参りし、
    お札も頂きほっとし、お昼ご飯は…

    去年、移転し再開店した、「猪口屋」さんに行きたいな niko.gif

    寒川さんから車を走らせれば、茅ヶ崎はあっという間。
    海岸へと続く、素敵な住宅が立つ通りの中に、
    さりげなく閑やかに、ゆったりと佇む趣のある古民家。

    14-3-16 店

    さらさらと揺れる暖簾は、波間のように、
    年季の入った柱の間を、潮風がすぅ~とよぎっていく。

    14-3-16 店入り口

    前の古民家カフェ風の小さなお店も良かったけれど、
    今度のお店も、なんて素敵なんだろう…hahha.gif

    茅ヶ崎 「蕎房 猪口屋」

    頬を撫でる潮風の、ほのかな海の匂いを吸いこみ、
    暖簾を潜り扉を開けば、丁寧に迎えて下さる花番さん。

    さすが大人気店、なんとか空いていたカウンターに通されれば、

    14-3-16 お茶

    座り心地のいい、片肘かけの付いた椅子に、
    まだ新しいカウンターが、すべすべと肌に心地いい futt.gif

    古民家の古き良き中に、
    海辺ならではの、どこか陽気な明るさが流れる店内は、
    ずっと座っていたくなるような、居心地の良さ futt.gif

    出された美味しい蕎麦茶を頂きぐるりを眺め…、
    ようやく置かれていた品書きを。

    14-3-16 品温14-3-16 品冷

    冷たい蕎麦に、冬だけ出しているとの暖かいお蕎麦、

    14-3-16 品肴14-3-16 品酒

    一品料理に天種各種、

    14-3-16 品短冊

    目の前には、日替わり料理が短冊に並べられ…

    14-3-16 店内

    あちこちで、ビールにお酒を頂いている方々がとても羨ましい futt.gif

    14-3-16 品つけとろ

    あれこれ眺め決めたのは…、
    「寿雀卵」が気になる、最近のマイブーム「つけとろ蕎麦」
    彼は「ぶっかけうどん」の温玉付きで、ようやく注文~。

    14-3-16 そば

    程なく出された蕎麦は、笊にふんわりと盛られ、

    14-3-16 そばあぷ

    透けるような透明感のある、美しいグレー色、
    きらきらと欠片が散り煌めく、繊細デリケイトな姿。

    14-3-16 そばたべ

    日の光に透ける、その美しさに見とれ手繰れば、
    ぷるんと跳ねるようなしっかりとした腰が心地いい futt.gif

    喉越しははらりと軽く、流れるように喉に落ち、
    ふわっと穀物の、爽やかで香ばしい風味を残していく。

    お、美味しい love.gif
    以前の蕎麦より、さらに洗練されている!。

    14-3-16 つけとろ

    幾度かそのまま蕎麦を味わい、
    では…、ぷくぷくと泡立つ「とろろ」をば niko.gif

    14-3-16 そばつけて

    はらりと浸し口にすれば、ぱあっと途端に広がる、
    ふわふわとろろに、青海苔の磯の上質な香ばしさ。
    優しく蕎麦を包みこむとろろが、素晴らしく美味しい love.gif

    14-3-16 そばたまご

    そして…、ようやく中の玉子に箸を入れれば、
    ぱっと溶け広がる、色の濃い鮮やかな褐色。

    とろりと絡め口にすれば、思わず目を見開く味の濃さ。
    濃厚な卵のコクが蕎麦に絡み、官能的な旨さ love.gif

    14-3-16 そばたまご2

    ざっくりと混ぜれば、すっかり黄色のとろろに早変わり。
    青海苔に、とろろ、濃厚な玉子と、
    しなやかな蕎麦との絡まりに、言葉も忘れすっかり夢中~buchu-.gif

    14-3-16 うどん

    一方彼の「ぶっかけうどん」は、
    揚げ玉に大根おろし、刻み海苔に薬味の葱、
    たっぷりの炒り胡麻がかかり具沢山 niko.gif

    14-3-16 うどんあぷ

    その下に盛られたうどんは、ぴかぴか輝き透明、

    14-3-16 うどんどあぷ

    途中で交換してみると、しっかりとした腰に喉越し滑らか。
    稲庭うどんに似た細身のうどんで、
    噛みしめれば、小麦の甘みが広がり、これも美味しい hahha.gif

    14-3-16 蕎麦湯

    頃合いみて出された、程良く白濁した熱々蕎麦湯を注ぎ、
    ぱっと煮え立つたっぷり卵の濃厚な汁を、
    余韻を楽しみ、じっくりたっぷりと頂いて…

    ご馳走様でした~ hahha.gif

    潮風に吹かれながら、明るく開放感溢れた海辺の空気に、
    美味しく繊細な粗挽き蕎麦。

    近くに住みたくなっちゃうなぁ…futt.gif


    14-3-16 看板
    「 蕎房 猪口屋」

    神奈川県茅ヶ崎市東海岸南6-3-18
    0467-55-9688
    11:30~14:30 / 18:00~21:30
    火曜・水曜定休
    禁煙
    P3台+4台

    お店のHP


    2013年 3月 1日「潮風に包まれ粗挽きそば」ざる、鴨汁、カレー汁
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >