FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    久米川 「蕎心庵」
    2005年12月07日 (水) 23:29 | 編集
    華の師匠が過労で倒れた・・とのことで、入院をしてしまっているとのことで、それでは・・と、お見舞いに。・・・のついで、っていうことはないんだけど、以前からS様から教えていただいていて、ずっと行きたいな、と思っているお店に寄ってみることに。

    西武新宿線「久米川」から程近くというので、降り立つ。
    んー、初めて来てみた駅だけど、結構大きいっっ。まだまだ、知らない駅っていっぱいあるんだなぁ・・・としみじみ。

    駅を南口に出て、左の通りを歩くとすぐ、通りからもそれと分かる、とても素敵なお店に行き当たる。

    PC070498.jpg


    センスのいい、モダンな感じの和風の店構え。
    くり貫いた看板もとても上品で、入る前から期待してしまう・・

    さてさて・・・と、暖簾をくぐり・・・

    と、暖簾のすぐ下には、お得なメニュー「お楽しみ膳」 とあって、並べられたものが、すごいバリューっ!
    これは、・・・すごいかも。。などと思いつつ、やっと店内へ。
    PC070501.jpg
    外から受けた印象どおり、しっくりとした落ち着いた店内はとても居心地がよさそう。奥に個室仕立てっぽいテーブルが2卓と、入り口すぐに4卓。
    1時をちょっとすぎた時分、今すぐちょっと前は、結構賑わっていたのが伺える様子が残っている。

    人気のお店なんだ・・・


    「すぐ、片付けますね 」と、とても感じのいい女将さんの接客で、目の前の席に座らせて頂く。
    片付けている間にも、壁に貼られた半紙を見ていると、この店の興味がだんだんと湧き上がってくる・・・
    「手作り豆腐」
    「白えびのから揚げ」
    などなど、魅力的なお品書きが、さりげなく掲げられている。
    入り口の横には、打ち場もあり、その奥には臼も・・・

    お酒・・・と思っちゃいたかったけど、連日、昼酒しちゃってるし、今日はちょっと控えて、シンプルに・・・と、思ったけど、なんだかこの、「お楽しみ膳」もとっても気になりそれをお願いしてみる。

    程なく・・・、とても手際よく。「今、お蕎麦が来ますので」と出されたのが、まずこれ。
    PC070502.jpg
    す、すごいっ。。これで840円っ???
    お蕎麦がなくても、十分すぎるくらいのとってもおいしそうな膳♪。
    PC070504.jpg
    「おぼろ豆腐のサラダ」は、とても濃い豆腐に揚げ蕎麦が添えられ、ここの豆腐のレベルの高さを思い知る。
    そして、「ちくわと切り昆布の煮物」も、とってもおいしい一品!

    PC070505.jpg
    そしてそして、立派に半身の「サバの塩焼き」。
    これが・・・、又また、非常においしい。

    ちょっと普段では食べられないくらい、ふわっとした身の、やさしい塩加減・・・。裏返すと、ほんのりとピンクかかった身の魚で・・・
    これで飲みたいなぁ・・などとも 。。


    そして、ちょっと遅れて、お蕎麦。
    PC070503.jpg

    これも、ちゃんと一人前にたっぷりと、どっしりとした陶器に盛られて。
    ちょっと、平打ちっぽい感じの細切りのグレーの蕎麦は、とても端整。
    PC070506.jpg
    蕎麦を口に近づけると、ほんわかと香りが漂う。
    そして・・・、まずはと含むと、程よい腰。
    しゃきっとしたのど越しのよい蕎麦で、後から蕎麦の風味が追いかけてくる。
    十割で打たれているとのことだが、繋がりも申し分なく、もさっとしたところのない、とても優しい感覚のもの。

    これは・・、なかなかいいねぇ~・・・
    などと、ほくそえんでしまったりも。
    つゆも、すっきりとした辛口のもので、薬味のわさびも大根おろしもねぎもとても丁寧。

    全部食べられるかな・・・。なんて、並べられた時は、思ったにもかかわらず、お料理もどれもがおいしくて、すっかり食べてしまっていた程・・・。

    んー、これは今度は、是非是非、蕎麦前からゆっくりとやりに来なくちゃ~・・などと、思ってくる。

    お勘定の際、お蕎麦を尋ねると、
    「北海道と長野のブレンドなんです。・・十割で打ってるんですよ」
    と、本当にとても優しい対応で答えてくださり、なんだかこっちまで、優しい気持ちになってくる思いが。。

    「是非・・・、夜にもいらしてください。お昼とは又、違う品書きもありますので」
    とかけてくださり、本当にうれしくなってしまう。蕎麦もそうだけど、こいう、心の温かくなるような対応っていうのは、やっぱりすごく貴重だ、と改めて思うほど。
    はいっ!是非是非、今度寄らせて頂きます♪

    あ・・・、昼酒しにでもいいかしらん~・・・なーんてっ
    素敵なお店って、まだまだいっぱいあるんだなぁ・・・・


    *お品書き
    ランチ限定「お好み膳」840円、
    せいろ 630円、ごま汁 840円、鴨せいろ 1,150円、天せいろ 1,350円
    生湯葉そば 1,050円、そばがき 940円、きのこそば 840円、とろろ 840円
    (地酒)岩代、開運、黒龍、久保田 630円~

    kanban.jpg
    石臼挽き手打ち蕎麦  蕎心庵

    東村山市栄町2-19-34
    042-390-4431
    11:00~15:00 / 17:00~22:00
    火曜日休




    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >