つれづれ蕎麦 
    吉祥寺 「上杉」 昭和の中で懐かしき「さらしな」
    2014年04月09日 (水) 20:00 | 編集

    あっという間に終わってしまった今年のソメイヨシノ。
    すっかり葉桜になった木々を眺め、昼時逃した午後3時。

    久しぶりに、「上杉」さんに行ってみよう niko.gif

    ポップなお店が連なるバス通りの中に
    ここだけぽっかりと切り抜かれ、時が止まったような、
    長い年月培った、落ち着いた店構え。

    14-4-9 店

    上京したての頃、「さらしな」をここで初めて食べて、
    これまで食べた事ない蕎麦に、感動したのをふと思いだす…futt.gif

    吉祥寺 「手打そば 上杉」



    ガラガラガラと引き戸を開けば、
    陽光を隔てた、ほの暗い古民家のしっとりとした空間。

    5年ぶりに訪れた店内は、記憶のままと全く変わらず、
    使い込まれたテーブルに、質素な畳の小上がり2卓。

    もう誰もいないかな、と思っていたのに、
    若いカップルに、青年1人天麩羅で静かにビールを飲んでいる futt.gif

    空いていた窓際のテーブルに腰を腰を下ろせば、
    すぐ女将さんがお水を置き、品書きを開いてくれ…

    14-4-9 品酒

    久しぶりのお店、まずは蕎麦前 niko.gif

    14-4-9 酒

    「菊正宗」を燗してもらい、
    充てにお願いした「からすみ」。

    14-4-9 酒あて

    お酒には、「春雨の酢の物」が添えられ、
    味わい深い陶器の徳利はしっぽりと手に馴染む。

    14-4-9 からすみ

    さっと炙った「からすみ」は8切れ盛られ、
    塩気優しく、じっくりお酒を頂くのに実にいい futt.gif

    BJMも何もない、静謐なる空気のゆるやかなる流れを、
    ひとりまったりと楽しみ、
    久しぶりの品書きをゆっくりと眺めれば…

    14-4-9 品そば冷

    正統なる一茶庵の系統を継ぐご主人。
    「もり」に「田舎」「さらしな」が筆頭に並び、

    14-4-9 品そば温

    まだ食べた事のない、ここでの「温そば」も豊富に並ぶ。
    「玉子とじ」や「かけとろ」、「ひな鳥」も食べてみたいな futt.gif

    14-4-9 品かわり

    「変わりそば」が並ぶのも確かめ、

    「つけとろ」もいいなあ、
    いや、やっぱり「三色」か、などと盃を手に楽しく悩み…、

    あの時感動した「さらしな」を、
    ふともう一度味わってみたくなり、

    14-4-9 そば

    お願いしたのは、「さらしなそば」。

    14-4-9 そばあぷ

    ああ、なんて美しい
    清らかに煌めく純白流麗、透けるような可憐な姿。

    14-4-9 そばたべ2

    ぷりっとした心地のいい腰が歯を押し返し、
    その途端に、ほろりと解ける、たおやかさ。

    ほのかにざらりと舌先を掠める穀物感がたまらなく、
    じわじわと広がる、蕎麦の温もりある甘み。

    ああ…、これだ futt.gif
    ツルツルとした素麺のような「さらしな」とは違う、
    穀物感溢れた「さらしな」の清冽な良さ。

    すっきりまろやか、やや薄めの汁は「さらしな」にもぴたり。
    なんだかうれしく、あっという間に手繰ってしまう。

    14-4-9 そば湯

    使い込まれた湯桶で灯される蕎麦湯は、
    程良く白濁して、風味も豊か。
    たっぷり、ゆっくり余韻を楽しみ…

    ご馳走様でした~hahha.gif

    この昭和の気分に浸れる空間も感慨深く、
    又ちょこちょこと訪れてみたくなったなあ futt.gif


    14-4-9 外品
    「手打そば 上杉」

    東京都武蔵野市御殿山1-3-7
    0422-42-0521
    11:30~18:00ごろ(売切れ仕舞い)
    火曜定休 
    店内禁煙



    2007年 7月23日 「からすみ」を冷やで「三色そば」
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    DW様
    ですよね(^^)。
    なぜか、由緒ある一茶庵のお店はからすみがあるような…
    (池袋&阿佐ヶ谷 一栄とか)

    大丈夫、いつも気を付けていらっしゃるDWさん。
    8切れのからすみくらい、大丈夫ですよー(^^)
    2014/04/20(日) 22:37:19 | URL | yuka #-[編集]
    ?様
    品書きの写真にもあるように、330円です。
    2014/04/20(日) 22:35:02 | URL | yuka #-[編集]
    土佐のおやじ様
    なんてうれしいコメント!
    ありがとうございます。

    確かに高知は、私もあまり知らなくて…
    (でも一度行ってみたいところです^^)

    以前は東京のどちらにいらしたのかしら…。
    なつかしんで読んで頂けたら、もうそれだけで幸せです。

    あ!
    高知のお酒、好きです。
    やっぱり、鰹にお酒目当てで、伺いたいです(u_u*)~
    2014/04/20(日) 22:32:28 | URL | yuka #-[編集]
    tatenon様
    こういう感じ、懐かしく、
    しっぽりと1人寛ぐのにたまらない空間です。

    新大久保にあったの、知りませんでした。
    流石!!
    2014/04/20(日) 22:30:19 | URL | yuka #-[編集]
    上杉ではカラスミですね
    酒がすすむ一品です。塩分制限中のこの身には悪魔の誘惑です。
    2014/04/19(土) 23:09:42 | URL | DW #-[編集]
    からすみ、いくら?
    2014/04/18(金) 19:47:06 | URL | no name #-[編集]
    こういうブログを探してたんです。
    こんにちは。初めてコメントします。
    自分も無類の蕎麦好き酒好きなんですが、私の住む高知には、あまり美味い蕎麦屋がありません。そんな訳で、貴殿のブログをよだれを垂らしながら拝見している次第。
    昔、東京に住んでいた頃を思い出しつつ楽しませてもらってます。
    2014/04/18(金) 09:40:40 | URL | 土佐のオヤジ #-[編集]
    ほんと昭和そのものですねえ。店構えやそばだけでなく、からすみ、そして書き殴ったような手書きのメニューも、新大久保近くから吉祥寺に移転した当初(昭和58年頃)から全然変わっていません。
    2014/04/18(金) 09:01:54 | URL | tatenon #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >