FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    飯田橋 「金升」
    2005年12月13日 (火) 19:49 | 編集
    行きたいな、と思っていたお店があったのだが・・・、
    思いがけず、歯医者が混んでいておわったのが遅くなってしまった。

    こういう時って、やっぱり困ってしまう。昼食難民になってしまうのはいやだし・・・、で、思い出したお店が。確か平日は4時までやっていたはず。。

    飯田橋の駅を出て、橋を渡り、日本歯科大学病院をめざす。病院の前を曲がって程なく・・、通り沿いになにやらお品書きが立っていて、ふと見上げると・・・

    PC130484.jpg


    なんとも風情のある、紫の暖簾・・・
      「手打蕎麦 金升」

    なんとも、いい感じだ・・・

    階段を何段か登り、店の中へ。
    入るとすぐ右手に、小さめのテーブル席がいくつか並び、その奥にはゆったりとしたテーブル席が6つ程並んでる。その奥には、個室のような部屋もあるらしい。

    全体にゆったりと、上品な和風の雰囲気。ちょっと間違うと料亭のようになってしまうところだが、蕎麦屋の雰囲気をいい感じでとどめていている。
    PC130487.jpg
    午後2時すぎ。
    それでも、ぱらぱらと憩っているお客さんがいて、なんだかほっとできる空気が店内を流れてる・・・。
    これこれ、これがやっぱり蕎麦屋の醍醐味

    「お好きなところにどうぞ 」と声をかけられたので、奥の4人がけのテーブルにゆったりと腰を下ろす。


    ところどころに、苔玉の盆栽が飾ってあったりと、雰囲気もいい・・。
    しかも、花番さんの、なんともにこやかで心地より接客がうれしい。

    昨日の忙しさからの、ちょっと開放された気分もあり、品書きを開いていると、ちょっとゆっくりしたくなってしまい・・・
    PC130486.jpg
    お酒を・・・も頼んでしまう。
    蕎麦屋では、初めて見たような・・・
    ちょっとゆかりのある、
    「一人娘」特別純米。

    お酒は、他に、「新政」と「浦霞」「上喜元」


    店の雰囲気から察して・・・ちょっとお高いお店かな、と思っていたのだが、つまみの数々は、どれもとても手軽なもの。それでいて、定番ははずさず、心にくいものもいくつか揃っている・・。

    これは・・・!いいなっ♪♪
    PC130489.jpg
    で、お腹もすいたことだし、久しぶりに「出し巻き玉子」(525円)を。

    シンプルでいて、基本をしっかりとふまえたような蕎麦屋の出し巻き。ほんのりと、どこか甘みはあるが、すっきりとした出汁のきいたもの。どちらかというと、しっかりめに巻かれ、つまみで食べるのに調度いい量。


    ちびちび・・と、まどろんでいると、この自分でも、ちらほらと客さんが足を運んでくる。
    そうだよね、そうだよねっっ。この時間にやっているっていうのは、もう、それだけでも貴重だもの・・・。などと一人思ったりも・・・

    さてさて、そろそろお蕎麦を・・・
    壁に張られた「きのこ蕎麦」にも、すごい興味を覚えたけど(きのこ好き♪)、やっぱりここは「もりそば」を・・・

    本当に、ここの花番さんの対応はいいナァ・・と思いつつ、「もりそば」が。
    PC130493.jpg

    ざるに盛られた、クリーム色の細切りの蕎麦。エッジは鋭く瑞々しい。
    PC130498.jpg
    まずは・・と、口に含む。
    冷水でしゃきっと〆られ、心地よくしっかりとしまった腰。シャキっということがが合う蕎麦で、それでいてのど越しもさわやか。

    後から、ほんわかと蕎麦の風味も追いかけてきて、おいしい。


    つゆは、鰹の風味が上品に利いた、まろやかな辛口のもので、濃すぎず、薄すぎずの調度いい濃度。薬味のねぎもわさびも丁寧なものだし・・・、ここもいい店だなぁ。。
    PC130499.jpg
    頃合を見計らって出された蕎麦湯は、鉄瓶で。

    ナチュラルに白濁した蕎麦湯は、熱々で、つゆを薄めると、非常においしい・・・。


    すっかり寛ぎ・・、お勘定を。
    ちょっとなまりのある女将さんも、とても気さくで暖かな方。
    どこの蕎麦かと訪ねると、北海道の蕎麦で・・・(今は、新そばだから、ね♪)二八で打っているという。
    「この時間だと、ゆっくりできるよ、また、いらしてください」
    とのことで、すっかり気に入ってしまった・・・。

    飯田橋にこんなお店があったなんて・・。何より何より、4時までやってるのはうれしい限り。
    今度は、暖かいそばも食べてみようかな(暖かい蕎麦にもあいそうなしっかりとした蕎麦だったので)・・・、などと思いながら、振り返るそののれんは、やっぱりとっても上品だけど、暖かさが加わっているようにも思えた・・・  
     
    PC130482.jpg
    手打蕎麦 金升
    千代田区富士見2-8-15 
    03-3237-3132
    11:30~16:00 17:00~21:00
    11:30~14:30 17:30~22:00(土曜) 
    日祝定休







    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    エンゲルみかか様
    知ってますよ~。
    こないだ、敢えて、前を通り過ぎて
    マクロビオティックしたんです~。

    ここは蕎麦前も楽しみたかったので…(^^;
    2009/10/16(金) 21:59:53 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    新規開店してますよ
    再開発の波にもまれながらも、ほぼ同じ場所で営業してましたよ。

    とっても美味しいお蕎麦、そばつゆもうまぁ~♪。

    赤ちゃんを背中に背負った花番さんがいらっしゃいました(笑)。
    2009/10/16(金) 16:13:04 | URL | エンゲルみかか #-[編集]
    真秀様
    そうだったんですよ・・・。
    今年の春先の頃でしょうか。
    ここに書いておけばよかったですね(^^;;

    立て壊す前に、もう一度・・
    と思いながら、この日以来行けずに終わってしまいました。
    でも、再開したら、又、ぜひ訪れてみたいと思っています。
    2007/10/08(月) 01:05:04 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    勿体無い。
    某所にもちょっと書きましたが、
    良い感じのお店なので、行ってみたいと思っていたのですが、
    先日訪れたところ、あるはずの場所に巨大クレーンが...
    駅前の再開発で2007年5月で一旦お店を締められようです。
    ビルが出来れば中で再開されるらしいですが、
    yukaさんの撮られた写真の雰囲気を、もう味わえないと思うと残念です。
    営業が再開したらまた是非、伺ってみたいです。
    2007/10/06(土) 09:52:35 | URL | 真秀 #p6owyR5Q[編集]
    桜!
    そうでしたっっ。。
    考えてみたら、桜の名所。
    これは、ぜひ、来春には行ってみたいです。んー、贅沢な気分になれそうです(^^)
    2005/12/14(水) 09:19:51 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    旬は春
    ここもマスコミで出てこない店ですよね、知る人ぞ知るって感じです。でも内緒だけど、この店の本当の旬は春だったりします、四谷から飯田橋までの外堀土手は桜の名所なのですが、写真のベンチ席もいいのですが、障子の奥の個室は横向きで、ここから飯田橋駅の間の桜を眺めながらの昼蕎麦酒は最高だったりします。
    2005/12/14(水) 01:05:26 | URL | ふつ~ #h2xkut0A[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >