FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    武蔵境 「深蕎人」
    2005年12月15日 (木) 23:40 | 編集
    武蔵境には用事があり、ちょくちょく訪れているのに、春に伺ったきりだったので、久しぶりだし、新そばだろうな・・・と思いつつ向かってみる。

    武蔵境駅南口の線路沿いの小さな商店街を抜け、左に折れると、ちょっと感じのいいお店に出くわす。
    shinkyoto.jpg

      石臼挽き 手打ちそば 「深蕎人」



    入り口の看板に、「蕎麦屋で憩おう・・・」みたいなことが書かれてあって、すごくうれしくなってくる
    そうそう♪、だってそれも蕎麦屋の楽しみだもん~、なんて一人でほく笑んでしまう。

    落ち着いたしっとりとした扉を開けると・・・、 びっくりっ!
    春に来たときは、ぱらぱらっとしていた客の運びが、ほぼ満席状態だった様子で、大賑わい。
    うわっ・・、ちょっと来ない間に、すっかり大人気店になっていた様子。
    丁度、一番混んでいた時間とすれ違いで、ばらばらと帰るタイミングだったので、なんとかカウンターの端に席をとることが。

    20051216093258.jpg
    一時の喧騒があったかが、ふと静まったような店内。
    んー、いい時に訪れてよかった・・・。

    花番さんも、かわいらしい方が入っていて、
    なんだかお店もすっかり軌道に乗っている感じが伺える空気。

    このあと、ちょっと用事があるんだけど・・・、
    前のお客さんも頼んでいるのと、せっかく静寂の戻った時間に来ることができたし・・・
    shikisakura.jpg
    なんと言っても、「憩う」って書いてあったしっ

    しかも「四季桜」が並んでいるのを見て、
    つい頼んでしまう。

    お通しの「くらげの梅和え」がつき。


    ・・・ならば、何かを、と思い
    「そば豆腐」や「ごま豆腐」にも惹かれたけど、「珍味三点盛り」をお願いしてみる。
    chinmi.jpg
    「大地のチーズ」
    「鯛の塩辛」
    「鰯の白子の鮎の卵和え」

    んー、すばらしい取り合わせ
    特に大豆をチーズに見立てて作ったという「大地のチーズ」はまろやかでまったり・・・、豆腐の味噌漬けのような感じで、非常に美味

    wasabu.jpg
    途中で、向かいのお客さんと共に、
    「よかったら・・・」とサービスで出して頂いた、
    「山葵の茎漬け」。

    これがっ!!!
    すごい 「利く」 一品っ。


    すっかり寛ぎ・・、おそばを。前回は二色にしたけど、今日は「せいろ」で。
    20051216093824.jpg

    長方形のせいろに、気持ちみっつに分けられて盛られる。クリーム色の細切りの蕎麦で、エッジも鋭く瑞々しい。
    20051216093339.jpg
    ふと顔を近づけると、蕎麦の香りが豊かに香る。
    ん!これはいいぞっ。。
    口に含むと、これまた豊かな風味がふわ~っと広がり、香ばしい。腰もしっかりと、しゃきっと〆られた感じが、のど越しも爽やか。

    以前食べた時より、すこぶる美味しいっ

    上品な鰹の山車の香る、まろやかな辛口のつゆもおいしく、するすると入っていく。量も丁度いい。
    んー、これはこれは・・・、なかなかどうして・・・

    desert.jpg
    頃合を見て出された蕎麦湯は、ナチュラルながら白濁したもの。つゆがおいしいので、これもありがたくたっぷり頂く。
    と、デザートの蕎麦ぼうろが出される。

    なんか、こういうちょっとしたのが、たまらなくおいしく感じちゃう

    uchiba.jpg
    ふと、見上げると、目の前には石臼と打ち場が。
    目の前に座っていながら、気づいてなかったなんて・・・。

    そろそろ、中休みに入ろうと言う時間からか、石臼が回り始める。


    帰り際、とってもおいしかったのでどこの蕎麦か尋ねると、今は福島は会津の蕎麦とのこと。だんだん、南下する予定とか。

    誰もいなくなったこともあって、ちょっとお話をさせて頂くと、ご主人は、浅草の「蕎上人」で修行をなさったとのこと。なるほど・・・、と納得も。
    しかもっ、まだ若そうなご主人は、ハンサムな素敵な方・・・
    ・・っていうのは、なしにしても、とてもいいお店に変わってきてるのは実感。

    んー、これから、時々憩いにこようっと。
    今度は、又、二色を食べてみようかな~・・・

    *お品書き
    せいろ 750円、二色 900円、鴨せいろ 1,500円、天せいろ 1,750円
    珍味3点盛り 650円、蕎麦豆腐 450円、焼き味噌 450円などなど
    四季桜(本醸造)、八海山(本醸造)、東北泉(特別純米)など 600円


    20051216093209.jpg
    掌と寛 粋と楽
     石臼挽き 手打ち蕎麦 深蕎人

    武蔵野市境南町2-5-9
    0422-30-0134
    11:30~14:30 / 17:30~21:00
    月曜、第2日曜休



    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    ご質問
    はじめまして!
    いつも楽しくよませていただいております。
    素朴な疑問ですが、写真をこのように撮影するにはあらかじめお店の人に
    了承を得ているんですよね?
    (というか、食べ物の写真を撮影しながら食べること自体失礼なので当たり前ですよね。。変な質問してすみません・・)

    となるとかなりyukaさん、有名になりつつあるのでは?

    あと、普段も文章をかかれるお仕事していますか?そのくらい文章がお上手で・・

    今後も応援していますので、続けてください☆
    2005/12/19(月) 18:33:39 | URL | みり #-[編集]
    こんなHPを見つけちゃいました!
    HP探検隊のサガミです。
    サガミのブログも見に来てくださいね。
    最近見つけたHPを紹介します!

    「よめろぐ」http://yome-log.jp/ha

    お嫁さん専用のブログみたいです。
    姑さんや旦那さんの悪口を言ったり・・
    普段聞けないお嫁さんのホンネが覗けて面白いですよ!
    人に言えないことがたくさんあるお嫁さんは、ぜひ参加してみては?


    次はこちら!

    「大人のブログ」http://oto-log.jp/ha

    その名のとおり大人の為のブログです。
    18歳未満の方は見ちゃいけないようなので、ご注意を!!
    大人の方のエッチな体験談などがいっぱいです!
    他では言えない大人の話をしたい方にはオススメです!
    2005/12/19(月) 05:50:51 | URL | サガミ #JalddpaA[編集]
    mesinosuke さま
    はいっ、どうも、恵比寿より向こう側が遠く感じてしまうのですが、行ってみたいところはたくさん・・・。
    行って見ます♪
    2005/12/18(日) 22:54:38 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ガムバリマス
    >アップ楽しみにしてますよーん(あ、 プレッシャー??^^)。
    鋭意、努力いたします(笑)。
    自分の中で、よかったあ、と思ったその感覚を忘れないうちに。

    花番、ありがとうございました。字面からいって、女性が使った方が似合いそうですね。

    そうそう、お時間あれば、ぜひ城南地区のお店にもお出かけください。

    では、では。
    2005/12/17(土) 11:59:42 | URL | mesinosuke #-[編集]
    yurikoさん、コメントありがとうございます。
    素朴庵さん、いいですよね!わたしも、本当に好きな蕎麦のひとつなんです。ご主人、覚えていてくださったんですねぇ。ちょっとうれしいです。
    2005/12/17(土) 09:30:16 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    はじめまして★☆
    yukaさんのブログに偶然たどりつき、コメントを参考に2~3軒行ってみました。
    矢川の素朴庵さんがよかったです!
    ご主人に「ブログを見て来ました!」と言うと、「yukaさんかな~?」とおっしゃっていました。また、参考にさせていただきます。

    2005/12/17(土) 03:15:50 | URL | yuriko #-[編集]
    こんばんわ♪
    今日も、夜蕎麦を堪能してきました♪
    アップはちょっと・・・、待ってになっちゃいますが。

    さてさて・・・
    ゆきさん。お近くにお住まいなのでしょうか。是非♪です。ただ、もしかしたら、お昼ちょうどは、あの様子だと混んでるかもしれないですが、おそば、とってもよかったです。

    mesinosuke様
    アップ楽しみにしてますよーん(あ、 プレッシャー??^^)。
    花番さんというのは、接客の女性のことです。いい呼び方ですよね。って、わたしは思っているのですが・・・
    2005/12/17(土) 00:26:56 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    こんにちは。
    三城の記事でお邪魔したmesinosukeです。当方まだ三城を記事にできないでいます。トホホ。

    ところで、恥ずかしながらお訊ねです。
    花番さん
    という言葉は、どういう意味なのでしょう。
    なにかの専門領域で使う、人や役割を表す言葉なんでしょうか。
    私もお蕎麦屋さんの人を何と呼べばいいかなと思っていて、ニュアンスを教えていただきたいのですが。

    お暇なときにでも。
    2005/12/16(金) 18:09:26 | URL | mesinosuke #-[編集]
    はじめまして。
    初めてコメントさせていただきます。

    ここのお店、とっても気になっていたんです。

    今度行ってみます。ありがとうございます。
    2005/12/16(金) 18:06:36 | URL | ゆき #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >