つれづれ蕎麦 
    岩間 「しげふじ」 絶品!「粗挽き十割胚芽そば 」
    2014年08月15日 (金) 18:03 | 編集

    上り渋滞が集中する前にと、実家を後にし…、
    とは言え、やはり渋滞は始まっているよう。

    この際、下で走って、どこかで遅いお昼を食べようか、
    と言う事で、「男の隠れ家」第二弾 niko.gif
    いつか行こうと思っていたお店へと。

    14-8-15 店

    岩間と筑波のあいだに広がる農村地帯、八幡村。
    筑波山を後ろに従え、広々と広がる田んぼの中に、
    ぽつんっと佇む一軒家屋。

    岩間 「とうふ そば処 しげふじ」


    澄んだ空気を胸いっぱい吸い込み、扉を開けば、

    14-8-15 玄関

    普通の住宅の玄関に、すぐに目に飛び込む、
    「あら挽十割蕎麦」の文字

    14-8-15 品おすすめ

    靴を脱ぎ、その下の貼り紙を見れば、
    そうだった、ここは「お豆腐」と「お蕎麦」の店 niko.gif

    お豆腐も大がつくほど好き、うれしいな。
    すぐに出てきてくれた女将さんに通され入っていけば…

    14-8-15 窓

    襖を取り払った畳二間にテーブルが置かれ、
    広々とした窓に広がる美しい長閑な風景。

    お茶はセルフ、冷たい緑茶を注いで席に着き、
    置かれた品書きを見ていると、

    14-8-15 品

    注文をとりに来た女将さんが、間髪いれずに
    「すみません、今日は『しげふじセット』終わっちゃって…」
    頼もうとしていた矢先に、残念~ m002.gif

    14-8-15 品しゃも

    ならば「盛りそば」と、彼は「つけしゃも」を頼み、
    「あと、豆腐、もお願いします」
    と頼んだら、
    「あ、だから…、お豆腐がもうなくて…」
    と、申し訳なさそうにおっしゃる女将さん。

    な、成程~そう言う事か…、残念すぎるけど、仕方ない…u-n.gif
    「盛りそば」と「つけしゃも」、で、お願いします。

    窓の景色をぼ~っと眺め、待っていれば程なく、

    14-8-15 そばきた

    風流な趣のある陶器に、盛られた蕎麦を見た瞬間、
    こっ、これは期待以上、恋に落ちちゃうっ

    14-8-15 そばあぷ

    希少な「胚芽そば」の「十割そば」
    ピシっと立たれた角凛々しく、
    ざっくりとした表面に、ぷつぷつ透ける胚芽に目が釘付け ドBF6F~1

    14-8-15 そばたべ

    手繰り上げれば、むわりと鼻孔を覆うふっくらとした香り。
    もちもち感強くしっかりとした腰に、ざらりとした舌触り。
    歯に当たる粒子の感覚がたまらなく、濃厚な甘みが流れだす。

    くぅぅ~っ、こ、これは美味しいっ love.giflove.gif

    食感、舌触り、そして喉越しは重たくなく、
    香ばしさと甘みが実に豊か。

    そのままで十分に味わいの濃い蕎麦だが、
    添えられた汁が又絶品
    浸した蕎麦からは、さらに広がる、香ばしさに甘み love.gif

    とにかくうれしく手繰りつつ…

    14-8-15 しゃも汁

    彼の「しゃも汁」からは、い~い匂い。

    14-8-15 しゃもたべ

    途中で交換、浸してみれば、
    すっきりと上品な鶏の旨みが染みた汁は確かな美味しさ。
    しっかりとした腰の蕎麦に、暖かい汁が美味しい buchu-.gif

    14-8-15 しゃも肉

    ごろごろと幾つも滴軍鶏肉は、身の締った歯ごたえがあり、
    噛みしる毎に広がる豊かな旨みは、流石、軍鶏肉 futt.gif

    つけ軍鶏も美味しい、暖まったお蕎麦も又美味しい。
    でも、一番はやっぱり、もり汁とお蕎麦 niko.gif

    14-8-15 蕎麦湯

    タイミングよく出された蕎麦湯は、なんと湯のみで。
    しかも、「ここに汁を入れて飲んで下さい」とは、珍しい。

    言われた通りに頂けば、これがとても美味しくて、
    もり汁の美味しさ、
    軍鶏汁の美味しさを、交互に味わい…futt.gif

    14-8-15 店内

    何故もっと早く訪れなかったんだろうと、今日も又思う幸せ。

    お勘定をしながら、気になる「胚芽そば」について聞けば、
    「いやなに、ここいらじゃあ、昔から、芽粉っていってあったのよ」
    とにこにこ気さくにお話しして下さるご主人。

    「でもね、美味しいけど繋がらないって言っててねえ」
    「私は元々栽培屋だし、オレがやらなきゃって思ってね」
    と引退してから、このお店を始められ…、

    てっきりご夫婦かと思っていた女将さんは、元同僚で、
    お豆腐は、女将さんが作っているのだそう 。

    「又来てよね(^^)」
    親しみ籠めておっしゃって下さる言葉がうれしく…、

    ご馳走様でした~hahha.gif

    今度はお豆腐とお蕎麦と両方、頂きに来ます♪



    14-8-15 店遠目
    地場産食材へのこだわりの店
    「とうふ。そば処 しげふじ」

    茨城県石岡市太田1707-2
    0299-44-3206
    11:30~14:00
    月曜定休
    禁煙
    P有り





    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016/08/24(水) 14:13:13 | | #[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016/08/24(水) 14:12:10 | | #[編集]
    深澤 様
    おかしな言い回し、すみません。
    直しておきます(u_u*)~
    2016/08/21(日) 08:29:16 | URL | yuka #-[編集]
    興味深く拝見しました
    自宅から近く、気になっていたので参考になりました。ぜひ訪問しようと思います。
    ところで、先手を打たれる、という語の選択は状況的に誤りではないかと思うのですが。
    2016/08/19(金) 03:49:46 | URL | 深澤 #-[編集]
    Nick-Velvet様
    コメントを読ませて頂いて、ちょっと調べて見たら、大変な事だったんですね!!
    絶滅種の酒米だったそうで…
    そうなんだ、あのご主人が…(u_u*)~
    と改めて、思っているところです。
    そういう方の打たれたお蕎麦、
    本当に美味しかったです。又伺いたいです。
    (できれば、渡舟を頂きながら…)

    ありがとうございました。
    2014/08/27(水) 09:47:42 | URL | yuka #-[編集]
    「渡船」復活の立役者
    お店には「渡船」しか置いてませんが、其れは至極当然な話でして、何しろご主人の堀田重藤氏は、地区の農業改良普及所時代に、幻の酒米を復活させる、お膳立てをされた訳なのです。
    2014/08/26(火) 17:43:14 | URL | Nick-Velvet #3jFtzAWg[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >