FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    荻窪 「グロッケンシュビール」
    2005年12月22日 (木) 20:03 | 編集
    荻窪駅北口。
    お昼をちょっと過ぎてしまったけど、確か中休みに入るのは遅めだったはず・・・と、ちょっと行って見たい~・・と思っていたお店に向かう。

    ・・・が! ああ・・・又しても。。
    目の前に行くと、「22、23日は臨時休業」の張り紙・・・。

    この寒空・・・。愕然としたが、そういえば、春の頃しゅうちゃんさんが紹介していた、南口のちょっと変わったお店に、まだ訪れてなかった・・・と、思い出し、急遽反対側へ。。

    南口の細くて、ごちゃごちゃとした、かなり私の好きなタイプの商店街を歩くと・・
    PC220482.jpg
    ほどなく、二階に「越前そば」の看板が見えてくる。
    喫茶店でありながら、「越前蕎麦」の旗がひらめく、不思議なお店。

    何度か場所は確認しながら、入るのは初めて。

    PC220484.jpg
    横にある階段が、お店へつながるよう。

    ほぉ・・・
    「越前手打蕎麦」の看板がここにも。。
    階段を上がり、右側に・・・

     「蕎麦カフェ グロッケンシュビール」

    PC220489.jpg
    階段を上って目の前に現れたのは、どこから見ても喫茶店の入り口。
    でも、やっぱりちゃんと
    「手打越前蕎麦」と掲げられてる。
    と、同じく
    「グロッケンシュビール コーヒーの店」とも。
    おもしろい・・
    ドアを開けると、カウンターが並び、奥にテーブル席が3つある、とても素敵な喫茶店!
    落ち着いて、しっとりとしていて、静かに本でも読みたくなるような、アンティーク調のお店。

    ・・・と、ちょっと上品な感じの奥様というか、ご主人に
    「お蕎麦・・・ですか?」と尋ねられ、「はい・・」というと、「どこでも・・・どうぞ」
    とのことで、窓際のテーブル席に腰を下ろす。

    「お蕎麦は、”ざる”と”とろろ”と”おろし”なんですよ」
    と、一通り説明をもらって、迷いつつも「ざる」をお願いしてみる。

    ぼんやりと待つ間に流れるBGMは、クラッシックのピアノ曲・・
    んー、こういう喫茶店は、すごく好き。
    飲んだ後、昼下がり、・・・ゆっくりと座っていたくなるようなお店。。

    と、ふとテーブルの横にあるアルバムを開くと、なんと、30以上ものカップの写真・・・。ジノリ、コペンハーゲン・・・などなど。
    「すごいですね・・」と声をかけると、
    「あ、それでね、好きなの選んでもらってるんですよ
    とのこと。へぇ。。いいなぁ、そういうの・・・・

    そして・・・、しばしして「ざるそば」。
    PC220486.jpg

    「これが、絞り汁で、結構辛いので調節して入れてくださいね」
    と、ミルクピッチャーに入った(まるでミルクみたい!)絞り汁が添えられる。

    蕎麦は・・・、細切りのエッジの鋭いみずみずしい蕎麦。
    ところどころに、蕎麦の星も散りばめられそそられる・・・。
    20051222200201.jpg
    まずは・・、と何もつけずに。
    腰がしっかりとした、
    それでいて、しなやかさのある蕎麦。

    飲み込むあたりに、蕎麦の風味がふわっと、豊かに広がりしみじみとおいしい。

    そして・・・つゆ。
    薄めでありながら、出汁の豊かなもので、とてもまろやかさのあるもの。鰹のちょっと荒々しいものに加えて、昆布か何かのやさしい出汁が加わった感じで、そのままでも飲めてしまいそう。
    どっぷりとつけても、そばの風味を生かしていておいしい。

    さてさて、絞り汁を・・・と加える。
    ん!!調子に乗って入れると、これはかなり辛いっ

    でも、その辛さが又おいしく、これは結構はまりそう・・・
    濃さを調節しながら、割としっかりとした量の蕎麦だけど、するすると食べてしまう・・・。
    PC220488.jpg
    そして、ちょうど頃合に、蕎麦湯も。

    ナチュラルなものだけど、この絞り汁入りのつゆに合わせると、すごくおいしくて・・・、しかも、絶対胃腸にいいはずだ、なんて思いつつ、ゆっくりとゆっくりと、堪能しちゃう。


    んー、これは、なかなか。。
    ぜひ、今度は、越前名物の「ぶっかけ」も頂いて見たいな・・と思いながら、お品書きを見ると・・・、
    コーヒー、紅茶の数種の後ろに、なんと、おつまみの「板わさ」や「ポテトサラダ」まで。
    お酒も、焼酎(ダバダ、麦)、冷酒・・・まである。
    んー、こんなどこから見ても、素敵な喫茶店なのに、珍しい・・・。

    お勘定をしながら尋ねると、蕎麦も「福井」のもので、新そばとのこと。
    やさしさのある蕎麦だったので、奥様が・・と思いきや、なんと
    「いえ、主人がね、その日の分だけ、朝打ってるんですよ」
    とのこと。

    奥様の応対もとても柔らかで、気分もよく、また是非にでも訪れたい。今度来たら・・・、あの中のひとつを選んで、コーヒーも頂いてみよう・・・

    とっても寒くて風が強いけど、なんだか心が温まった気分~・・・
    来てみてよかった

    *お品書き
    ざるそば、とろろそば 各1,000円、おろしそば 800円
    ほか、喫茶店メニューもちろん豊富。


    20051222213208.jpg
    蕎麦カフェ グロッケンシュビール 
        コーヒーの店

    杉並区荻窪5-21-11
    03-3398-9526
    11:30~21:00 
    火曜定休
      



    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    tatenon様
    ぶっかけにしたんですね♪
    お、それも、食べてみたい・・。

    ああいう、(今、少なくなりつつある)文字通りの喫茶店で、蕎麦を頂く、そのなんというか、異質な感じが又、とてもおもしろかったんです。

    でも、お料理もよさそうで・・(^^)

    私も、又、久しぶりに行きたくなってきてしまいました。。
    2006/10/10(火) 00:02:18 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    びっくり
    当たり前だけど、珈琲の香りがいいお店ですねえ。で、ぶっかけのおろしを頂いたけど、これは美味しい!荻窪は地元と言ってもいいのに、こんな店があったんですね。いやあ、いい意味で思い切りびっくりしました。紹介していただき大いに感謝です。
    2006/10/09(月) 20:08:44 | URL | tatenon #.GslOXVU[編集]
    しおん様♪コメントありがとうございます。
    本当ですねっ・・。しおん様のときは、すでに猪口に入っていたようで。
    んー、変わったのかも。

    わたしの時はミルクピッチャーに入ってたので加減できましたが、それはそれは・・・さぞかし辛かったのではないかと、すっごいわかります!

    そうそう、肴も他にレジのうしろのホワイトボードにいくつか書かれてましたよん♪
    2005/12/24(土) 09:34:53 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    汗かいっちゃった
    yukaさま
    こんばんは。いつも楽しく拝見させていただいています。

    先日、このお店にうかがいました。
    辛み大根の絞り汁が、鮮烈ですごかったです。辛いので、汗かいちゃいました。

    私が伺ったときは、蕎麦猪口になみなみと注がれていましたが、すこしスタイルを帰られたようですね。
    酒肴があるのは気付きませんでした。
    2005/12/23(金) 21:23:22 | URL | 刑部しおん #hy68iM3M[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >