FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    青梅街道 「佳蕎庵」 熱々「肉玉きのこ」で蕎麦三昧
    2014年11月21日 (金) 21:39 | 編集

    今日のお昼は、ちょっと打ち合わせも兼ねて、
    久しぶりに、車でじゃなく、こちらへ…niko.gif

    14-11-21 店

    昨日の寒さから一転、今日はぽかぽかいいお天気。
    気持ち良くお店へと向かうと…

    14-11-21 はりがみ

    壁には、「年越し蕎麦」の貼り紙。
    あぁ…、もうそんな時期、一年って早いなあ futt.gif

    青梅街道 「手打ち蕎麦と酒 佳蕎庵」

    一人で訪れるのは、ちょっと久しぶり niko.gif
    お得なランチのセットもあるけれど…

    14-11-21 品つまみ

    定番「おつまみ」の品書きに、

    14-11-21 品214-11-21 品1

    食べてみたいものがいっぱいの「本日の一品料理」、

    14-11-21 品牡蠣

    広島産の「牡蠣」のメニューも、幾つも並んでるけど…、
    今日のお目当ては、
    facebookでご主人がつぶやいていた、「白鱚(キス)風干し」 niko.gif

    それに合わせてお酒を、
    「本日の隠し酒」をお聞きしたら、
    「半端に残ってるのが、幾つかあるので(^^)」

    14-11-21 酒

    猪口に出してくれたお酒が、4種類。
    なんだか、利き酒みたいで、うれし~い

    「仙禽」(線香花火)、「雨後の月」(純米吟醸 八反)
    「悦凱陣 興」(純吟 むろか生」、「泉橋 秋とんぼ」

    「右から、がお薦めです」の言葉通りに、頂いていると…

    14-11-21 きす

    ぷっくりと炙られた、「白鱚風干し」も目の前に

    14-11-21 きすたべ

    焼き目パリっと香ばしく、脂の乗った鱚は風味豊か。
    天ぷらとは又違う旨みに、お酒がすすみ…buchu-.gif

    14-11-21 牡蠣

    「良かったら」と、一つ出して下さった、
    タルタルソースを添えた「牡蠣衣揚げ」

    14-11-21 牡蠣たべ

    ちょっとフリット風、カリっと揚がった牡蠣天は、
    大ぶりでぷっくり、タルタルを絡めかぶりつけば…

    14-11-21 牡蠣たべ2

    周りの衣が香ばしく、中から滴る牡蠣のミルク。
    まろやかなタルタルが、とてもよく合い、
    これは、美味し~いっbuchu-.gif

    あんまり美味しくて、ついついお酒もお替り。

    14-11-21 酒十四

    「入ったばかりなんですよ~」
    と出して下さったのは…、
    「十四代 七垂二十貫」 純米大吟醸

    14-11-21 酒のみ

    恐る恐る、猪口に注いで頂き、口にしたら…
    はぁ~…、うっ、美し~いっ love.gif

    思わず目を閉じ、しばしうっとり・・・
    じっくりと大事に味わい…

    14-11-21 品産地

    ようやく振り返り、今日の産地をチェックして…niko.gif

    14-11-21 品肉きのこ

    わがまま言って、蕎麦三種をちょこ盛りで、
    「肉玉きのこつけ」をお蕎麦で注文~。

    14-11-21 そばきた

    程なく出されたお盆には、

    14-11-21 そば汁

    たっぷりの、湯気立つ「肉玉きのこ汁」に、

    14-11-21 そば薬味

    薬味に、葱に生姜、小松菜が添えられ、
    ご主人の遊び心?ちょっぴり、糧うどん風 niko.gif

    14-11-21 そば1

    まずは、二八の、北海道のキタワセ。

    14-11-21 そば1たべ

    きりっと角立ち、すらりと凛々しい細切り蕎麦は、
    しゃんっとした腰に、喉越しするっと爽やか、
    食べやすく気持ち良く、素直に美味しい futt.gif

    14-11-21 そば1つけ

    熱々の汁に浸せば、蕎麦の甘みが立ち、

    14-11-21 そば1肉

    豚肉の旨みに、きのこの風味豊かな汁が、後引く旨さ buchu-.gif

    薬味の生姜を溶かせば、汁がきりりっと締る、
    味の変化も楽しく、
    あっという間に手繰ってしまい…

    14-11-21 そば2

    二枚目は、長野の信濃一号、生粉打ち蕎麦

    14-11-21 そば2あぷ

    同じ細切りながら、その切り口は、穀物感に溢れ、

    14-11-21 そば2たべ

    ほのかにざらりとした表面に、
    噛みしめる毎に広がる、香ばしくて甘い豊かな味わい。
    新潟新田の蕎麦とブレンドだそうで、これは美味しいっ hahha.gif

    14-11-21 そば3

    三枚目は粗挽き、「福井大野在来種」

    14-11-21 そば3あぷ

    やや太めに断たれた、透明感のある蕎麦に粒が透け、

    14-11-21 そば3たべ

    もちもちっとした歯ごたえと共に、
    ふっくら馥よかな、豊穣とした香ばしさが、
    鼻孔に抜け、口いっぱい流れ込む。

    ん~っ、これ、ものすごく好き love.gif
    汁に浸すのも忘れ、ついついそのまま手繰ってしまい、

    まだまだ汁はたっぷりだし…

    14-11-21 そば4

    ちょっぴり出して頂いた、「釜上げ蕎麦」 niko.gif

    14-11-21 そば4たべ

    湯に浸った蕎麦は、ちょっと平打ちの太めの二八。

    14-11-21 そば4たべ2

    湯に放たれた蕎麦は、もっちもっち、これが美味し~いっlove.gif
    豚の旨みの染みた汁に、ピタリ、
    この汁には、釜上げ蕎麦が一番合うっ

    14-11-21 そばたまごつけ

    しかも…、底にはまだ沈んだ玉子も潜まれ、
    崩し絡めた蕎麦は、も~うっ buchu-.gif

    冬の釜上げ蕎麦、ハマりそ~う

    14-11-21 蕎麦湯

    最後に、とろりとした蕎麦湯を注ぎ頂き、
    無事、打ち合わせもさせて頂いて…

    ご馳走様でした~hahha.gif

    しかもうれしいお土産、帰り際ご主人から頂いた、
    東村山の「そばの実カフェ 『sora』」 さんの
    「そばの実グラノーラ」

    14-11-25 グラノ

    さくっと軽く、カリカリ香ばしく、とっても美味しい love.gif

    14-11-25 グラノたべ

    オートミールに、くるみ、アーモンドに、そばの実、
    ナッツ類の香ばしさに、優しい甘み、
    レーズンの甘酸っぱさも、ぴったり。
    ちきゅうの雫ってなんだろう…

    14-11-25 グラノ裏

    食べだしたら止まらなくなる、素敵な蕎麦菓子。
    今度、「sora」さんにも、行ってみようっとhahha.gif


    14-11-21 ポスター
    「佳蕎庵 - KA KYOU AN - 」

    小平市小川町2-1362
    042-347-0655
    11:30~14:00(土日15:00) / 17:00~22:00
    月曜、第3火曜 定休日
    分煙 P4~5台



    2014年10月 5日 素敵なランチ「いくら丼」に「漬け丼」セット
    2014年 6月12日 「きのこの冷かけ」に「揚げなすの冷やかけ」
    2014年 4月27日 多摩には蕎麦を 「2014大多喜の竹の子蕎麦会」
    2014年 3月14日 ふぐ天にふぐ酒、「奥出雲・横田の小蕎麦」
    2014年 1月 4日 初蕎麦は「粗挽き田舎」
    2013年 6月 1日 ランチ「カレー丼」セットで「冷かけそば」
    2013年 4月29日 多摩には蕎麦を 「大多喜の筍蕎麦会」
    2013年 2月17日 富山の新種蕎麦「とよむすめ」
    2012年12月20日 「多摩には蕎麦を」忘年会
    2012年10月21日 「4種類の蕎麦三昧」
    2012年 7月15日 「真夏日の昼の蕎麦屋酒」蕎麦三昧にうどんに肉味噌丼
    2012年 6月 6日 「お蕎麦屋さんとの宴」
    2012年 5月 6日 「づけ丼ランチ」と、「カレー丼ランチ」
    2012年 4月27日 「大多喜の筍と蕎麦の夕べ」
    2012年 3月25日 「ホッケづくしの宴」
    2011年11月 6日 「つけ玉湯だめそば」
    2011年 7月 2日 「冷やかけそば」に「もりうどんセット」
    2011年 3月20日 ランチのコスパ満点「カレーセット」
    2010年 5月 5日 「佳蕎比べ」に「おろし蕎麦」
    2010年 3月 2日 「三千盛」熱燗で「焼き味噌」、「味くらべ」
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    よしの様
    いいじゃないですか、それも手打の良さです!
    冬の湯盛り、釜上げは、やっぱり美味しいです。
    太めのお蕎麦を、熱々の湯から引き上げて、熱々の汁にどっぷり浸して・・
    考えただけで、ほかほかしてきます(^^)。

    じいちゃんの蕎麦も、決して端正な蕎麦じゃなかったけど、
    それが美味しかったんですよね~。
    どっぷり、けんちん汁に浸して、
    これが今でもしっかりと記憶に残っています。

    年末まで、まだ半月あります!
    大丈夫、間に合うとですよっっ
    2014/12/11(木) 16:17:36 | URL | yuka #-[編集]
    汁はともかく
    自分が打った麺の固さについては、私も自身で呆れてます。(・。・;

    延しと切りが素人で、厚くて太いってか幅が大きいと、当然茹で加減が長くなります。
    で、私の場合は十割で1分~1分30秒でも冷たい水で〆たら固い食感(^_^;)。

    こういうのは、実は先に申した「湯盛り」にはとても良い相性で、食感が調整されるほか、配偶者の意匠(笑)でうまく掬えるんですね。
    ソコイラヘンに生えている竹を使い、形は「団扇の骨」を、骨の真ん中をあまり開かないよう、すぼめたような感じで作ります。
    竹の骨で麺を引っ掛けて、まま蕎麦猪口に運びます。

    冬にこうした温かい食べ方をすれば、汁と麺との相性ももっと分かりやすくなるかもしれません?(特殊な例かもしれませんが  (^λ^)v
    当家では辛めの汁を、徐々に蕎麦湯で割って調整しています。
    勿論最後は蕎麦湯にして飲み干すことが大事、無駄が無くて美味しい食べ方です。(血圧の高い方はご注意!!

    さて、今月に入ってやっと自家栽培のソバが磨きに入るまでの行程となりました。
    磨いた後は石抜きをして、今年の年越しに間に合うでしょうか?(アブナイですね~(~ё~)v
    2014/12/10(水) 22:38:36 | URL | よしの #-[編集]
    matu様
    この日は、もり汁を頂いていないので、なんとも言えないのですが…。
    気になったら、さくっと、ご主人に話してみるといいかもしれないです。
    2014/12/10(水) 11:09:27 | URL | yuka #-[編集]
    生粉打
    最近、生粉打ちのもりを辛口の汁でいただきましたが、とても、食える品物では無かったです、しょっぱい汁に硬いそば、まさに最悪の組み合わせ、本当に美味しかったのですか?
    店のためにも、お客のためにもならないとおもいます。
    2014/12/09(火) 21:00:54 | URL | matu #5dEX9eK.[編集]
    よしの様
    手挽き、がんばってらっしゃるんですね(^^)。
    最近、コメントがなかったので、どうしてるかなー
    なんて思っていました。

    いいなあ、奥さん…(u_u*)~。

    釜上げ、やっぱり美味しいです!
    そうなの、暖まった事で、
    ふわっと香りも立ち、甘みが出るというか…
    この冬、ちょっとはまっちゃいそうです(^^)
    2014/12/06(土) 09:34:05 | URL | yuka #-[編集]
    釜揚げ
    って、これからのシーズンには最適ですよね♡♡

    最近は練習兼ねて手挽きを繰り返しています。
    それも専ら玄挽きで((^_^)v
    さらに大きな殻を除くほかは、挽きっ放しのまま24メッシュで篩って
    通過したら生粉で打つ(^_^;;という暴走振りです。
    (そう言えば半島の名も…

    ウチの配偶者も酷な性質(タチ)で、「それは湯盛りが良い」ということで、
    ↑のように釜揚げ状態となります。
    普段は茹でた鍋ごとド~ンと出てきます。そして、当然取り難いですので、
    配偶者が竹で引き上げるお道具を作りました。
    「天才的でしょう!」と言わんばかりに威張っています。

    確かに取り易くはなりますが・・・(・。・;

    温かいと味も香りも経つようです。(^_^)v
    2014/12/02(火) 17:42:16 | URL | よしの #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >