つれづれ蕎麦 
    守谷 「常陸屋」 隠れ家的山荘で、地元立沢の「常陸秋そば」
    2014年11月23日 (日) 22:26 | 編集

    休日出勤が重なり、疲労困憊の彼。
    「久しぶりに『絹の湯』で、ゆっくりしたいよぉ~」
    と、泣きつかれ…、

    大賛成 。私も、守谷に行きたいお店があるのっ hahha.gif

    早速車に乗り込み、高速をひと走り。
    温泉に浸かる前に…、まずは腹ごしらえ。

    守谷の駅を超え市街を離れた、長閑な農道「ふれあい道路」。

    14-11-23 店P

    点々と置かれた、案内の看板に誘われるように、
    わき道に入ったその突き当りの、竹が生い茂る一角に…、

    14-11-23 店

    手書きの木の看板に、古木が何本も置かれた、
    手作り感溢れたお店が、ほっこり佇んでいる futt.gif

    守谷 「手打そば処 常陸屋」

    石畳を伝い入って行くと…

    14-11-23 店横

    お店へと続くアプローチの横には、

    14-11-23 店前

    守谷の山林が一望に広がり…

    14-11-23 店扉

    暖簾のない異質な黒い扉に、ちょっと不安になりながら、
    「営業中」の札に安心して、ゆっくりと扉を引くと…

    14-11-23 店中1

    手彫りのオブジェがいくつも置かれた、
    どっぷり民芸調の、玉石の敷かれた空間がまずあり、
    さらに、その先の扉を入ると…

    14-11-23 店中2

    ようやく、暖簾のかけられた入口に、

    14-11-23 店獅子

    カッ…タン~…、と、
    獅子落としの美しい水音がお出迎え futt.gif

    14-11-23 店内1

    中へ入るまでに、すっかりわくわく ドBF6F~1
    そうっと暖簾を潜り入れば…、

    わぁっ…wao.gif
    そこはまるで、広々とした山荘。
    高い高い天井に、幹をそのまま残した丸太の柱、

    14-11-23 店内2暖炉

    薪ストーブの上では、やかんがしゅんしゅんと湯気を立て…

    14-11-23 店内天井

    竹や古木の梁に、ゆっくりと旋回する木のプロペラ、
    どれもこれも、手の温もり籠った空間に、
    すっかり心奪われ、ぐるぐる見渡し眺めていると…

    「いらっしゃいませ」
    にこやかにおば様が出てきて下さり、
    「どうぞ~」の言葉に、靴を脱ぎ上がれば…

    14-11-23 店内4囲炉裏

    さらに、炉裏の切られた板間に、

    14-11-23 店内3座敷

    古民家風、ゆったりとしたお座敷、
    手作りの大きな椅子の置かれたテーブル席と、
    どれもこれもが、手作り感いっぱいの、素敵な空間

    14-11-23 お茶

    「ここのオーナーがね、住居として作ったものなんですよ(^^)」
    お茶を出してくれながら、
    慣れた感じで、気さくに話して下さる花番さん niko.gif

    「その柱は、あの、御岳山の木曾杉で、
    こっちは神代杉、その椅子は桜の木なんですよ」

    座っても尚珍しく、きょろきょろ見渡している我々に、
    嬉しそうに話して下さり…

    14-11-23 品そば

    ようやく、出された品書きを開き、
    お薦めされた、水そば、塩そば、小鉢に天ぷらの付く、
    「昼時ランチセットメニュー」 を頂いてみる事に niko.gif

    14-11-23 品一品14-11-23 品酒

    注文して、落ち着いて見ると、
    一品料理にお酒も、きちんとあるよう。

    丸太に囲まれた、温もりたっぷりのこの空間で蕎麦前、
    いいなあ~などと思っていると…futt.gif

    14-11-23 天小鉢

    程なく置かれた、
    てんこに盛られた、「季節野菜の天ぷら」に、

    14-11-23 小鉢

    「小鉢」は、胡麻油の風味が食欲そそる、
    「しめじと白菜の中華風和えもの」。

    ちょっと家庭的な天ぷらだけど、さくっと軽やかに揚がり、
    春菊に薩摩芋、レンコンに南瓜…、

    14-11-23 天しめじ

    太く立派なしめじが5本。
    薩摩芋もレンコンも瑞々しく甘く、
    どれも新鮮で、素の野菜の美味しさたっぷり futt.gif

    14-11-23 そばきた

    ひとつひとつほうばってると…、
    「水そば」「塩そば」「もりそば」が、一気に到着

    14-11-23 そば水

    「そのまま食べて、素の蕎麦を味わって下さい」
    との「水そば」は、繊細でとても軽やか。

    14-11-23 そば汐

    「こちらは、藻塩をかけて食べて下さい」
    との言葉に従い、藻塩をさっとふりかけ…、

    14-11-23 そばたべ

    手繰った蕎麦は、干し草のような香りがふわっと広がり、
    塩のかかった蕎麦は、とても甘い hahha.gif

    14-11-23 そば

    そして、ようやく「もりそば」 niko.gif

    14-11-23 そばたべ2

    蕎麦の欠片が日に透ける、やや細めの繊細な蕎麦。
    しなやかな腰に、ふっと喉元に消える、溶けるような喉越しに、
    ふっくら甘やかな芳ばしさが、口いっぱい豊かに広がる。

    これは美味しいっ hahha.gif

    地元守谷、立沢の常陸秋そばだそう。

    薬味は一切なく、予め注がれた汁は、
    一見何の出汁か分からない、ほとんど甘みがなくすっきり。
    やや後に塩気が残る、これまで出会った事のない汁で…

    14-11-23 蕎麦湯

    ほんのりと白濁した蕎麦湯を注げば、
    雑味なく伸び、吸い物のようで、これは美味しい…futt.gif

    たっぷり注ぎ頂いたら、お腹もいっぱ~い。
    「又いらして下さいね(^^)」
    始終温かくもてなしてくれる花番さんもうれしく、席を立ち…、

    14-11-23 そば粉

    帰り際、入口に置かれていた、
    「常陸秋そば」と書かれた袋を見ると、

    14-11-23 蕎麦粉産地

    確かに、地元の「立沢」と書かれてる hahha.gif

    地産地消、地元の蕎麦を、
    まるで隠れ家のような山荘で頂ける、又とないひと時に、
    お腹も満たされ、心も満たされ…

    ご馳走様でした~hahha.gif

    すっかり2人で気に入り、
    是非今度は、温かい蕎麦も食べてみたい。
    「山菜・なめこ蕎麦」食べに来よう niko.gif


    14-11-23 張り紙
    「手打そば処 常陸屋」

    茨城県守谷市立沢800
    0297-45-0438
    11:00~14:00 / 17:00~20:00
    水曜・木曜定休
    P15台
    禁煙
    お店のHP


    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2014/12/04(木) 19:04:03 | | #[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >