つれづれ蕎麦 
    神泉 「知花」 アラアラ勉強会「極粗」蕎麦に「玉子とじ」
    2014年12月18日 (木) 22:37 | 編集

    日夜、手挽きしては打ち、打っては挽き、
    研鑽練磨している徳ちゃん、
    写真を見る度に食べたくて、帰りにちょっと寄り道 niko.gif

    14-12-19 店

    日の暮れるのもすっかり早くなった、夕暮れに、
    ふっと足元を照らす、小さな灯篭。

    14-12-19 看板

    ちょんっと置かれた、温もりのある手彫りの看板 futt.gif

    神泉 「手打ち蕎麦 知花」

    扉を開き、迎えてくれる笑顔が素敵

    14-12-19 そば粉

    すぐに見せてくれた、今から打つ蕎麦粉の、粗い事っ
    こ、これを繋げるなんて、すごいっ!。

    14-12-19 打ってる

    「ちょっと待っててね」と、打ち場に向かい…

    14-12-19 酒

    向かいのテーブルで、お酒を頂き、
    贅沢な、蕎麦打ちライブで蕎麦前~onpu.gif

    14-12-19 打った

    あっという間に打ち上げた蕎麦生地は、
    びっしり粒が埋まり、これは粗いっ bikkuri.gif

    トントントンと、リズミカルな切りを終え…

    お蕎麦を頂く前に、ちょぴっとお料理も niko.gif

    14-12-19 小鍋

    ぐつぐつ音立て置かれた小鍋は、
    「牛肉とたっぷり葱の玉子とじ」

    14-12-19 小鍋汁

    すっきり柔らかな汁に、とろりと煮混まれた葱は甘く、
    綴じられた玉子はふわふわとろとろ、
    優しい滋味の中に広がる、牛の旨み buchu-.gif

    14-12-19 小鍋肉

    はふっはふっと、蓮華ですくい、
    牛肉はほろろっと蕩けるように柔らかく、
    ん~、旨いっ、体もほかほか暖まり…、お酒のお替り niko.gif

    14-12-19 酒2

    岐阜「三千盛」 純米大吟にごり活性。
    注いだ猪口から、落ちた影が幻想的、
    すっきり軽快、クリアーな美味しいお酒に…、

    14-12-19 ゆりのね

    すっと出された、姿愛らしい、「百合根の包み揚げ」

    14-12-19 ゆりのねたべ

    さくっしゃきっとした花弁は香ばしく甘く、
    中には、とろ~り滑らかな百合根の餡、
    食感の違いも楽しく、これ、ものすごく美味しいっlove.gif

    14-12-19 大根

    続いて、さっぱりと、
    「大根と帆立のサラダ」が出され…

    14-12-19 らたてぃゆ

    最後は熱々の、「和風ラタティユ」 niko.gif

    14-12-19 らたてぃゆたべ

    とろりとした茄子に、ブロッコリー、
    煮溶けたトマトは甘く、溶け込んだ味噌が絶妙。
    確かに「和風」、お酒にとても良く合うっ hahha.gif

    久しぶりのお料理を楽しんで…、
    ではっ、打ちたてのお蕎麦を

    14-12-19 そば

    あの砂利のような粗い蕎麦粉が、
    見事に繋がった十割そば。

    14-12-19 そばあぷ

    堂々たる太切りに、
    今にも飛び出て来そうな、様々な粒がびっしり

    14-12-19 そばたべ

    もっちもっちのしっかりとした歯ごたえに、
    噛みしめる毎にじわじわ、じわじわ広がる、
    芳ばしく甘い、甘皮に潜んだ蕎麦の豊かな味わい futt.gif

    14-12-19 そばおろし

    添えられた大根おろしは、辛味おろし。
    キーンとした辛さに、蕎麦の香ばしさがじわ~っ、
    辛くて美味しいっ、お酒の充てにもしたくなっちゃう buchu-.gif

    14-12-19 蕎麦湯

    熱々濃厚の蕎麦湯をここに注げば、
    爽やかな甘みに変わり、これが又美味しく…futt.gif

    14-12-19 そば平とお

    さらに、平打ちの「粗挽きそば」 niko.gif

    14-12-19 そば平

    薄い表面に煌めく、繊細な粒が美しい…

    キシっと歯に当たる、粒感がたまらなく、
    野趣さと繊細さを併せ持った、平打ちが旨いっ love.gif

    14-12-19 たまご

    そして…最後の〆は、
    師匠譲りの極細そばで、「玉子とじ」 niko.gif

    14-12-19 たまご汁

    はぁ~、なんて優しい、上品なかけ汁 futt.gif
    ほろほろ玉子がまろやかに溶け、口当たり優しく、
    しみじみと心に染みる味。

    14-12-19 たまごたべ

    中の蕎麦は、凛として艶やかな、美しき細切り。
    熱々汁の中でも、きりっとした歯ごたえに、
    流れるように伝う、実に心地のいい喉越し、

    ん~っ、この蕎麦はやっぱり美味しい…love.gif

    14-12-19 ご馳走様

    手繰り手繰り、掬い掬い、
    汁一滴残さず飲み干して…

    来る度に、どんどんと進化してく蕎麦が楽しく、
    あれこれ、蕎麦談義を楽しんで…futt.gif

    ご馳走様でした~hahha.gif

    14-12-19 店内

    「知花」の夜は、まだまだこれから 。
    私も次に訪れるのが、早くも楽しみ…futt.gif



    14-12-19 灯篭
    「和薬膳と蕎麦会席 知花」

    渋谷区松濤2-14-5 ヴィラ松濤1F
    03-3465-0666
    18:00~22:30
    月に5日定休 お店のHP


    2014年 8月26日 、「肉味噌夏野菜そば」に「オクラの和ジュレそば」
    2014年 5月12年 「そばがきランチ」
    2013年 3月12日 「春爛漫のお料理に、「焼き・蕎麦」」
    2014年 1月 9日 粗挽き三昧の「粗粒そば研究会」
    2013年11月13日 「贅沢三昧美味コース」「魚だしのおそば」「お魚カレー」
    2013年 9月18日 「こっそりカレーの試食会」
    2013年 9月 3日 和薬膳と蕎麦会席「知花」オープン 、おまかせコース
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    トマサン様
    早速行って下さったんですね♪。ありがとうございます。近々、ちょっとカジュアルスタイルに変わるので、それも楽しみにしているところです(^^)
    2015/01/08(木) 07:08:54 | URL | yuka #-[編集]
    伺いました。
    先日、友人と初めて伺いました。お料理も、お酒も、当然お蕎麦も素晴らしいですね。おかみさんも、明るくて楽しくて、情熱的で圧倒されました。余り縁の少ない地域ですが、また友人と行きます。有り難うございます。また、宜しくお願いします!
    2015/01/04(日) 21:48:27 | URL | トマサン。 #-[編集]
    よしの様
    玄挽きではありますが、ピンセットで、なるべく大きな殻は取り除いたそうです。
    甘皮の部分を多く残して、
    できるだけ、殻はのぞいて…と。

    > 粗挽き粉を得るやり方も幾つかあるので楽しい。

    本当に!
    皆さんいろいろな方法で挽いているので、
    私も興味シンシンです。
    しかも、打ち方も様々…。
    本当に蕎麦打ちは、奥が深いですねえ…(u_u*)~
    2014/12/31(水) 16:44:25 | URL | yuka #-[編集]
    なるほどね
    玄蕎麦挽きぐるみであそこまで外殻をママ混入させるというのは面白い試みですね。
    (好き嫌いはありましょう・・・私は嫌いじゃないですけど(笑)

    これくらいだと甘皮も存分に生きているし、生産者としては嬉しい活かし方だと思います。

    粗挽き粉を得るやり方も幾つかあるので楽しい。
    これから粗挽き粉にいかにタップリと水を吸わせるか、というのを試そうと思います。18メッシュ通しくらいでは粗挽きだなんてオコガマシイのは承知してますけど(笑)
    2014/12/29(月) 14:34:35 | URL | よしの #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >