FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    早稲田 「松庵」
    2006年01月16日 (月) 20:45 | 編集
    丁度、道途中なのでやっと・・・・、長年行って見たいと思っていたお店に。
    20060116203919.jpg

    高田馬場でもなく、飯田橋でもない、中途半端な場所だけになかなかいけずにいたところ・・・。
      「松庵」

    早稲田通り沿いに、とてもさりげなくあるお店。

    安い定食屋さんや、中華屋さんが並ぶ早稲田通り沿いに、ちょっといい感じの雰囲気。
    ここはなんでも、1階は割烹らしくて2階はその系列のお蕎麦屋らしいと聞いていて、ずっと気になっていたところ。

    「松下」と看板のあるお店の横の、細い階段を上ったところがお店らしい・・・。なんだか、ちょっと、どきどきしながら、のれんの後ろの戸を引き、階段を上る・・・

    上って上がりきったところに又、戸があり、開くと、
    ぱあっと開けた空間が目に飛び込む。広すぎないひとつの空間・・・。

    12人がけの大きなテーブルと、6人がけのテーブルがゆったりと配置されていて、シンプルだけどとっても落ち着いた時間が流れるような空間・・・。
    昼ちょっとすぎ。先客はOLさん?2人と、教授?って感じのインテリな御仁が静かに憩ってる。

    奥のテーブルの端を選んで座ると、2卓しかないテーブルだが、その幅がとっても広いので、前のお客さんとの距離が遠く、とても寛げる。

    出されたお茶をすすりながら、品書きを広げると、「お昼のご膳」というのがあったので、その内容を聞くと「本日の蕎麦」はとろろ昆布蕎麦・・・とのことだったけど、「せいろにもいたしますよ」と言ってくれたので、それをお願いする。

    接客の男性も、なんだかとっても丁寧でいい感じだなぁ~・・・なーんてぼんやり待っていると、程なくご膳が目の前に。
    20060116203906.jpg

    すごいっ
    ひとつひとつちゃんと説明してい頂いたもので、「かぼちゃの煮物」と、「鰆の立田揚げのあんかけ」そして「鯛めし」と香の物。

    20060116203221.jpg
    鰆ってこんなに、ふんわりしてたっけ?
    って思ってしまうくらい、揚げられた鰆の身はふんわりと・・・。そして、かけられた餡の味は上品でもって、とても美味

    かぼちゃの煮物の味つけも絶妙においしい。

    20060116203524.jpg
    そしてこの「鯛飯」

    ごはんの炊き加減、味付け・・・
    そして鯛の身の混ざり具合。
    すべてがとてもおいしい。
    これだけでも満足しちゃうくらい。


    そして、一息遅れて出てきた「せいろそば」
    20060116203938.jpg
    20060116203232.jpg
    自家製粉で十割で打たれた蕎麦は、
    つながりが見事なのど越しのいい、すがすがしいもの。
    香りはやや穏やかなものの、
    ほどよい加減の腰と、もちっとした感触で、
    ほのかに蕎麦の香りが漂う。


    そして・・・・!
    ちょっとびっくりしたのが、ここのつゆ。
    ここまで辛口のつゆは初めてかもっ、と思うくらい、甘さを一切含まないすっきりしたもの。それでありながら、物足りなさはなく、出汁の質の良さが伺える。添えられた薬味は、青ねぎとわさび、そして紫色の大根卸ろし。
    20060116203707.jpg
    出された蕎麦湯も、濃厚のポタージュで、このつゆと合わせると、又一品のようにおいしい。
    このつゆでの暖かい蕎麦も、かなり興味がわいてきてしまう・・・

    すっかり大満足の、お昼のご膳に。


    20060116203344.jpg
    そして、食べ終わったのを、きちんと見定めてくれて出されたデザート、「柚子のゼリー」。

    これがっ・・・
    「このくらいの甘さは欲しい」と思う、ほんっと丁度ぴったりの甘さのある、弾力のあるゼリー。柚子の香りが芳ばしく、これ!すっごいおいしいっっ


    最後まで、接客もとても丁寧で、帰り際もとても爽やか。
    うーん、これは又、いい店だなぁ・・・。何より、さすが割烹をやってるだけのことがあって、お料理はとてもおいしい!是非にでも夜も来てみたい気がしてくる・・・

    とにかく、今日は、これから向かうちょっと憂鬱な用事を前に、元気が出てきたし♪。
    ご馳走さまでした・・・・
    今度は、暖かい蕎麦を、是非たべてみよっと・・・

    *お品書き
    お昼のご膳 1,050円
    せいろ 630円、鴨せいろ 1,260円、天せいろ 1,260円、とろろそば 940円

    日本酒 稲里、浦霞、越乃寒梅、清泉、真澄、刈穂、出羽桜、菊姫など


    20060116203244.jpg
      「松 庵」

    新宿区早稲田鶴巻町556
    03-3202-4007
    11:30~13:30 17:30~20:30
    水曜 第3火曜休





    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    zukunasi様
    コメントありがとうございます!

    そうなんですか・・・。私なんて、間違ったとこばっかり行ったりきたりしちゃってましたぁ。

    ぜひ!ここのつゆ、試してみてください!
    お料理も絶品でした♪
    2006/01/19(木) 18:33:53 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    これはいい!!
    yukaさんお久しぶり。
    正月早々精力的ですね。
    松庵、よく通りかかっていましたが、気がつきませんでした。ちょっとショックです。
    すぐにでも駆けつけたいですね。
     「つゆ」に興味あり。
    2006/01/19(木) 12:50:14 | URL | zukunasi #-[編集]
    >ミズトリさま
    はいっ(^^)/。覚えております。
    掲示板に書いてくださったお店ですよね♪

    行ってきましたよん、やっと・・・(笑)

    そうそう、あの照明・・・、すごくいい感じでした。
    夜だと、とってもいい雰囲気になるんだろうな・・・と。

    私は、一人で座って、心地のいい空間のお店でした。

    >真秀さま
    それはそれは・・・、鴨南ビアンコ。食べてみないと。
    あのお店のこと、上品な出汁が創造され・・・、
    考えただけでも、日本酒を頼みたくなってしまいそうです(笑)
    2006/01/18(水) 10:14:15 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    鴨南
    ご存知かと思いますが、
    「松下」の秘伝のタレを使用するという
    無色透明の汁の「鴨南」ですね。

    「白い鴨南」というか、「鴨南ビアンコ」というか。(笑)

    私としては、「鴨南」と言うよりは、
    「鴨の吸い物、蕎麦添え」と言う印象でした。
    いや、美味しいのは、間違いないのですが、
    蕎麦かと聞かれると、ちと迷います。
    未食でしたら、是非一度ご賞味を。

    2006/01/17(火) 23:59:21 | URL | 真秀 #p6owyR5Q[編集]
    やっとユカれましたか
    此処は以前にお話したあのお店です。
    夏の水蕎麦もどきがとっても良かったので、
    店の方にミズトリ流絶賛の言葉をかけたらわざわざ松下のご主人が話しに来てくださったのを思い出します。

    正面のあの照明が中々好きです。

    でもユカさんが行ってくれて何だか嬉しいです。
    2006/01/17(火) 22:59:44 | URL | ミズトリ #-[編集]
    お昼のご膳
    >真秀さま
    はい、かなりお得だと・・・。
    (お料理で飲めてしまいそうです♪)
    ぜひ、一度。お昼の時間が短いのですが。。
    わたしは、ここの暖かいおそばを是非食べてみたくなりました!

    えっ?「噂」なんですかっ・・・鴨??

    >たろうママさま
    さすがっ・・
    行かれてたんですねっ。
    この界隈も楽しそう・・・。今度はゆっくり散歩しよっと、です。
    2006/01/17(火) 08:49:35 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    私も
    お昼のご膳を一度いただいたきりです。
    とてもお得ですよね♪
    お散歩がてら、また行ってみたいです。。
    2006/01/17(火) 05:40:52 | URL | たろうママ #LxvN8XNM[編集]
    そういえば、
    ここでは、噂の「鴨南」を食べたきりで、
    せいろは、食べてないんだっけ...。


    やはりお昼の御膳がお徳ですかね。
    また、行って見たくなりました。
    2006/01/16(月) 23:59:03 | URL | 真秀 #p6owyR5Q[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >