つれづれ蕎麦 
    吉祥寺 「よしむら」 絶品「佃煮」に「海老天丼」と「せいろ」のセット
    2015年07月01日 (水) 19:41 | 編集

    今日は、井の頭通り沿いでのお仕事だったので…、
    お昼は迷わず、すぐ近くの「よしむら」さん niko.gif

    ここも、吉祥寺で、屈指を折る老舗の蕎麦屋。

    15-7-1 店


    しとしとと降る雨の中、
    大通りに面していながらも、
    年季の入った扉から、趣きのある空気が辺りに漂う futt.gif

    15-7-1 品ランチ

    いつ見ても、いい風情だなあ…
    手を添えた扉には、小さく貼られた、「ランチセット」。
    今日は、天丼にしてみようかな niko.gif

    吉祥寺 「蕎麦㊁旨酒 よしむら」

    がらがらがら、と引き戸を開くと、
    うんと照明を落とした、しっぽりとした暗がりに、
    肌を撫でる、古民家ならではの柔らかな空気。

    15-7-1 品壁

    「こちらにどうぞ」、
    迎えてくれたのは、久しぶりにお会いする、ご主人の金子さん m001.gif
    ちょっとドキドキ、カウンターの椅子を引き、
    腰を下ろせば、ずらりと貼られたお酒の銘柄。

    こんなのを目の前で見ていたら…、
    前回は、ぐっと我慢したんだし、
    今日は、ちょっとだけ蕎麦前も niko.gif

    15-7-1 品酒1
    15-7-1 品酒2

    出して下さった、お酒のリストをゆっくり眺め…、

    「四季の味」の、「栗駒山」特・純・辛口 ササニシキ
    を半合に…

    15-7-1 品一品
    15-7-1 品一品2

    充ては、軽めにっと、

    15-7-1 佃煮

    「佃煮の三点盛り」(500円)

    コリコリっと歯ごたえの残る切り昆布に、
    さっと炊かれた、しっとりとした海苔、

    15-7-1 佃煮しいたけ

    じわっと出汁が染み出す、立派などんこ椎茸…

    濃厚な甘辛の、いわゆる佃煮、かと思ったら、
    どれもが、上品にすっきりとした味わいで、
    素材の味わいを残し、思った以上の素晴らしさ

    こ、これは、なんて素敵な酒の充て love.gif

    ついつい、「村邑」をお替りし、
    雨の昼下がり、静かに流れるJAZZに身をゆだね、
    うす玻璃グラスで頂くお酒、美味しいなあ…futt.gif

    心地よく憩っていると…、
    「あれ、新メニューなんですよ」
    と、ダンディなご主人がにっこり。

    15-7-1 品脂せいろ

    指をさした壁には、
    「合鴨ロースの脂身をネギと一緒に煮込んだ温かいつけ汁」との、
    「脂(合鴨)せいろ」。

    これはいい、鴨の脂で炒めた葱は絶品。
    肌寒い今日、まさにうってつけ、かな~り迷ったけども…

    15-7-1 品せいろ

    久しぶりだし、やっぱり「よしむら」の、「吉祥寺」を、
    美味しいもり汁で食べたい niko.gif

    15-7-1 そばきた

    しかもせっかくのランチ時、
    前回は、「親子丼」だったので…、
    ランチの、「天丼セット」(1,150円)を注文~niko.gif

    15-7-1 そば

    蒸篭に盛られた蕎麦は、
    ぽつぽつと蕎麦の欠片が混じる、色白繊細な細切り。

    15-7-1 そばたべ

    すうっと過る香りを感じ、手繰れば、
    はんなりきりりっとした、独特の歯ごたえ。
    ふっと落ちる喉越しに、ふわ~と甘みが口に広がる。

    これこれ、このお蕎麦 futt.gif

    鰹出汁薫る、まろやかなもり汁が、この蕎麦にぴたり。
    心地良くするすると手繰り、

    15-7-1 蕎麦湯

    頃見てそっと置かれた蕎麦湯は、さらさら熱々。
    注げば、すぅ~と伸びる、もり汁が美味しく、
    何度も注ぎ注ぎ、たっぷりと頂いて…

    15-7-1 天丼

    「天丼」のご飯は、とても薄盛り。
    その上に、海老に茄子、シシトウが、衣薄くさくっ。
    さっとかかった、丼汁も実に美味 futt.gif

    15-7-1 味噌汁

    添えられた、ほうれん草のお味噌汁も、
    何気ないようで、出汁がいい。

    15-7-1 オレンジ

    ほおっと食べ終えた頃合いに、
    すっと出された、オレンジの甘味を頂いて…

    ご馳走様でした~hahha.gif

    蕎麦に天丼はもちろん、
    初めて頂いた「佃煮」に、「よしむら」さんの真価を垣間見て…
    やっぱりここは、蕎麦前をしたいお店だなあ futt.gif



    15-7-1 店とおめ
    「蕎麦㊁味酒 よしむら」
    -SOBA NI UMAZAKE-

    武蔵野市吉祥寺南町2-29-8
    0422-43-1717
    11:30-15:00 17:00-22:00 
    (日曜中休みなし)
    月曜休



    2014年 7月15日 お昼の「地鶏親子丼」と「せいろ」
    2010年 7月 9日 お昼限定 「天丼セット」
    2009年 8月26日 「鮴の唐揚げ」で「正雪」、「吉祥寺」
    2,008年 4月12日 「蕎麦の芽のお浸し」で一献、「吉祥寺」
    2007年 8月28日 「小海老の掻き揚げ丼」ランチ
    2006年11月30日 夕暮れに…、「揚げ出汁豆腐」に、「開田そば」
    2006年 8月 6日 富士宮の「生湯葉刺し」、「吉祥寺」
    2005年 7月15日 「吉祥寺」
    2005年 3月16日 「紫蘇切り」
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    食幸 様
    すごいネーミングですよね(笑)
    でも、鴨脂で焼いた葱のつけ汁。。
    私も次回はこれを食べてみようと、心に誓ってます。
    2015/07/19(日) 07:37:36 | URL | yuka #-[編集]
    脂?
    スッゴく惹かれる「脂せいろ」
    ん~、食べたい!
    2015/07/18(土) 11:45:04 | URL | 食幸 #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >