FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    稲荷町 「おざわ」
    2006年01月27日 (金) 20:38 | 編集
    入ろうと思っていたお店が、昼時で満員・・・。ならば!と思い切って、稲荷町まで移動。
    来月中旬には、移転してしまう・・らしいので、その前にぜひ訪れておきたかったお店。

    20060127161228.jpg

    「手打蕎麦や おざわ」

    稲荷町の駅を出て、清洲橋通りを歩くとほどなく・・・、通りに面して、粋な感じののれんがぶら下がっている。シンプルでいながら、下町のいい部分を感じさせるような・・・そんな雰囲気。



    扉を引いて入ると、とても小さく小じんまりとした店内。
    カウンター席が6席と、二人がけ、4人がけのテーブルがそれぞれ一卓ずつ。

    どの椅子にも、清潔な真っ白いカバーがかけられ、それがアクセントになり、すっきりとしていながら、暖かい和の空気が漂う。先客は一人のみだったので、反対側のカウンター席に腰を下ろすと、これがとても座り心地のいい椅子で、ふと寛ぐ。

    品書きは割りとシンプルだが、蕎麦は「ざる」と「生粉打ち」の2種類。
    柱にかかった「蕎麦豆腐」の貼り紙の文字が、とってもおいしそうで、できるなら、一杯~・・・としたかったが、この後の所用の為、今日はがまん・・・

    どちらも試してみたく、量を聞くと「女性でも2枚食べられますよ・・・」とのことだったので、とりあえず、「ざるそば」をお願いしてみる。

    寡黙に仕事をするご主人の、その手さばきの美しさに見とれつつ・・、出された、「ざるそば」。

    ざる

    やや薄めのクリーム色した繊細な細切り、二八で打たれ蕎麦。
    zaru
    まずは一口。
    香りはおとなしいものの、しなやかな優しさがあり、のど越しがいい。薄くまとった水のヴェールがまた心地いい。腰が強い!というのではなく、たおやかな感じで結構好きなタイプ。
    最後にはふんわりと蕎麦の風味を残していくような感覚。


    つゆは、甘辛のバランスもよく、どちらかというと濃い目かな?でも、蕎麦との相性もよく、山葵もいい。

    そうは言ってもも「食べられるかな?」と思っていたのに、するすると軽やかに入っていく蕎麦で、ぺろり~・・と。 「おかわり」で生粉打ちもお願いしてしまう。

    20060127161217.jpg

    想像していたものより、ちょっと太めな、まさに瑞々しく輝くそば。
    ほんのりと緑がかったようなもので、エッジは鋭い。
    10
    こちらは、香りも豊か。顔を近づけるとふわ~っと蕎麦の香りが漂う。思ったほど、強い腰というのではなく、こちらも優しさのある蕎麦。つるっとした食感で、十割だがもさっとした感覚は全くない。

    ただ全体にちょっと、短めかな?という感じはするけど、蕎麦の風味はいい。


    尋ねると、北海道沼田産の蕎麦を、自宅で自家製粉しているとのこと。蕎麦について話してくださるときの、奥様のうれしそうな表情がとてもかわいらしい・・・

    20060127161118.jpg
    ちょっと驚いちゃったけど、湯桶はなんと、名前入りのポットで。まあ、これだと、振ってもこぼれないのはうれしいかな~・・・

    ナチュラルに白濁した蕎麦湯は、つゆと割るととてもおいしい♪


    来月の中旬には移ってしまうとのことだけど、この雰囲気、そして奥さんの感じが、すっかり気に入ってしまって、ちょっと惜しいような気も・・・。 ま、でも、新しい店舗もまた、期待したいな・・・

    ぜひ、夜にでも、一杯ゆっくりとすごしてみたい、という思い感じ始めていると、あとから一人二人とお客さんが。。常連さんらしく、親しげそしてこの店が愛されているのが、ひしひしつ伝わる。
    いいなあ、こういうお店が近くにあったら・・・と、思えるお店。

    今度来る頃は、新しいお店かなぁ・・・
    今度はゆっくりと来てみよう。  今日はごちそう様でした・・・

    *お品書き
    ざるそば 650円、生粉うち 750円(おかわり100円引き)
    山の芋ざる 950円、鴨ざる 1,850円、天ざる 1,700円、かけ 750円など・・


    20060127161047.jpg
    手打蕎麦や おざわ

    台東区東上野5-4-20
    03-3841-6450
    11:30~14:15(土14:30) / 17:30~19:30
    火曜休(月曜は昼のみ)




    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    Manoa様
    コメントありがとうございます♪

    あ、早速行かれたんですね!
    蕎麦湯のポットが健在なのは・・・、なんだかうれしいですね。
    私も、電車に乗れるようになったら・・、伺ってみたいです。
    そうそう、聞きました~。
    太打ちの粗挽きが復活したとか。。

    つまみの品々もいいらしいし、Manoaさんは何を召し上がったのかしらん~・・・
    2006/04/26(水) 17:40:57 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    西浅草へ
    今回も合羽橋から歩いて、新店舗に行ってきました。
    カウンターは無くなりテーブル席だけになりましたが、あの蕎麦湯ポットは健在でした。
    新メニューもありましたよ。
    2006/04/26(水) 16:24:57 | URL | Manoa #-[編集]
    そろそろ・・・
    megarebo様。
    はいっ。もう、移転でお休みになっちゃってるころですね・・・。新しい店舗にも期待してます♪
    2006/02/18(土) 09:39:58 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    お久しぶりです。
    「おざわ」、美味しいですね~
    2006/02/18(土) 08:16:04 | URL | megarebo #-[編集]
    ありがとうございます
    Manoaさん、・・・ということなんです。
    今の場所から、そう遠くはないみたいです。

    蕎麦喰い師さま、
    ありがとうございます~・・・。
    お店に、移転場所の地図が出てたので、場所だけは確認してきたのですが、住所までは知りませんでした。。さすがですっ。。
    2006/01/29(日) 17:33:43 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    三月中旬で同じ台東区内
    西浅草2-25-15
    2006/01/29(日) 11:50:45 | URL | 蕎麦喰い師 #ZEqp4aRo[編集]
    一度だけ
    合羽橋に買い物に行ったついでに寄ったことがあるのですが、引っ越してしまうんですか?!
    どこに行ってしまうのでしょう?
    2006/01/29(日) 11:19:51 | URL | Manoa #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >