つれづれ蕎麦 
    神楽坂 「蕎楽亭」 馬刺しに天ぷら、冷麦に蕎麦
    2015年11月09日 (月) 23:21 | 編集

    情緒あふれる、雨降る夜の神楽坂。

    15-11-9 店

    神楽坂は、なんと言っても路地が楽しい。
    その路地裏に移転して早10年、今や貫禄の佇まい  niko.gif

    神楽坂 「石臼挽き手打 蕎楽亭」

    夕方早い時分でも、既に何人もの客が賑わう中…、

    IMG_4541.jpg

    まずは、ビールで乾杯~乾杯_M~1

    15-11-9 ビアあて

    お通しは、柔らかく炊かれた、昆布の佃煮、

    15-11-9 品つまみ

    品書は豊富、びっしりと書かれた「おつまみ」から…、
    まずは、お刺身 niko.gif

    15-11-9 刺しいか

    しゃくっと柔らかな、「スミイカの刺身」に、

    15-11-9 15-11-9 刺し馬

    ここに来たら、これを食べなきゃ、
    しっとりと柔らかな、「会津の馬刺し」(モモ)

    15-11-9 刺しあられ

    「小柱の刺身」に、

    15-11-9 刺しいくら

    上品な薄味で仕立てた、「いくらの醤油漬け」、

    15-11-9 刺しふぐ

    さすが、天然フグは違う、
    正才河豚の「フグの刺身」が、美味っし~い love.gif

    15-11-9 品酒

    お酒は、福島の地酒を中心に種類豊富、

    15-11-9 酒

    「花泉ロ万」、「水芭蕉」、「天明」と頂いて…、

    15-11-9 白えび

    さくさくっと軽やかな、好物「白海老の唐揚げ」に 

    15-11-9 ふぐ

    ふっくらとした、骨ナシの「河豚の唐揚げ」、

    「央」の「純米吟醸 煌」に、「写楽」、
    「大和屋善内」と、お酒もクイクイ buchu-.gif

    もちろん、「蕎楽亭」に来たら天ぷらは外せない、
    お薦めを幾つか、「おまかせ」で niko.gif

    15-11-9 天えび

    さくっと軽やかな、「才巻海老」に、

    15-11-9 天ししゃも

    北海道産の、「子持ち本ししゃも」。

    15-11-9 天はぜ

    ほろろっと身がほどける、「ハゼ」の旨さに、

    15-11-9 天たい

    これが絶品~、ふっくらとした身は香りよく、
    海老に似た甘みがたまらない、
    素晴らしく美味しい、「ヒメコダイ」 love.gif

    15-11-9 天いか

    「すみイカ」は柔らかく甘く、

    15-11-9 天はす

    どんっと厚切りの「レンコン」に、

    15-11-9 天あなご

    カリカリっと揚がった「穴子」は、
    つまみにいい、クリスピー風 niko.gif

    その都度出される、揚げたての天ぷらを堪能してたら、
    いつの間にか、ラストオーダー。

    15-11-9 品そば

    〆はお蕎麦に、名物の手打冷麦と…、おうどんも niko.gif

    15-11-9 そば汁

    蕎麦と冷麦用に、それぞれの汁が出され、

    15-11-9 そば冷麦

    まず出された冷麦の、この美しさ
    透けキラキラと輝く、繊細な冷麦は、
    小麦とは思えない、まるでクリスタルのよう。

    15-11-9 そば冷麦たべ

    きりっとした腰に、つるっと消える喉越しの
    ひんやりとした心地良さ、、
    はぁ~、やはりこの冷麦、素晴らしい love.gif

    15-11-9 そばうどん

    続いて出された、やや細めのうどんも艶々ピカピカ。
    こりっとした腰に、滑らかなのど越し、
    まさに蕎麦好きが好むうどん、美味しいな futt.gif

    15-11-9 そばせいろ

    最後は、丸ヌキの外一、「ざるそば」に、

    15-11-9 そば田舎

    玄ごと挽きこんだ、「十割そば」。

    ん~、冷麦も、うどんも、とても美味しかったのに、
    なんだろう、この安心感。
    しかも、今日の「十割そば」、すごく美味しいっ love.gif

    最後はやっぱり…、蕎麦がいい。
    ほどよく白濁した蕎麦湯を、たっぷりと頂いて…

    ご馳走さまでした~hahha.gif

    人気なのも納得の、
    刺身に肉、天ぷらに冷麦、蕎麦の、安定した旨さ。
    昼よし、夜よし、又訪れます niko.gif


    15-11-9 看板
    「石臼挽き手打 蕎楽亭」

    新宿区神楽坂3-6 神楽坂館1F
    03-3269-3233
    11:30~15:00 / 17:00~21:00
    日曜、祝日休み(月曜は夜のみ)
    禁煙



    2015年 7月29日 「白海老の唐揚げ」に、「むぎめおと」
    2013年10月24日 「自家製からすみ」に「むぎめおと」
    2013年 2月 6日 (夜)ざる、十割、冷むぎ、うどんに「花巻そば」
    2012年 5月10日 「ランチ穴子天もり」
    2011年 7月15日 「こづゆ」に「鱧煮こごり」「トマトそば」
    2010年11月30日 お料理いろいろ「ホット湯葉そば」「カレーそば」「並そば」「十割」「冷麦」「うどん」
    2010年 8月25日 「トマト蕎麦」
    2008年12月19日 「小づゆ」に熱燗、「ホット湯葉蕎麦」
    2007年12月 7日 「けんちん汁」に「二色そば」
    2006年 1月14日 お料理もいろいろ堪能、「新年会」
    2005年 7月11日 新店舗での宴会、「十割そば」に「二八そば」そして「ひやむぎ」
    2005年 2月10日 初めての訪問@市ヶ谷での店時代
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    蕎麦喰い師様
    喰い師様ったら、相変わらずウェットに富んで…(^^;。
    そうでした、市ヶ谷時代は、もっと野生的だったかも。

    感じていること伝わります。
    でもって、私もかき玉蕎麦大好きですもーん(^^)。
    2015/11/26(木) 11:39:35 | URL | yuka #-[編集]
    蕎麦って
    エッ!! 
     ウッソ〜〜ッ
      もうほとんど冬の時期に(・・・暖冬で妙に暖かいが・・・(×_×))
    ヒッ ヒッ 冷麦 ・・・とはっ・・・
    蕎麦しかり、饂飩しかり、冷麦しかり
     鼻を寄せての香り、噛みしだいた時の舌に残る甘み・酸味・苦み、言葉に表せない不思議な味(味と香りが醸し出すハーモニーかな)
    面白いですよね!!
    市ヶ谷の頃に出された冷麦はもっと野性味がある色で”俺は野生児だ!!みたいな・・実際食すれば ある意味で洗練されない野性味を持ったちょっと猛々しい味・香りでした
    悲しいのは自己主張の無い麺類 
     麺その物の(素材の味を失った)味を持たないもの
    何て偉そうに言うが、私は蕎麦の味香りの一つも分からない”天ぷらそば”も”鴨南そば”も”玉子とじ蕎麦””餡掛けそば”も 大 大 大好きです!!
    ただ一つ、「素」で喰わせる時には、「素」の味だけ、それを真剣に美味しく出してくれるお店が好きです。
    さっ しまだやの流水麺で 天ぷら蕎麦でも食べよかな・・・
    2015/11/23(月) 20:11:55 | URL | 蕎麦喰い師 #ZEqp4aRo[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >