つれづれ蕎麦 
    あきる野 「蕎麦 よしの」
    2006年02月09日 (木) 09:36 | 編集
    場所を移動して、今度はあきるの市へ。丁度、西多摩霊園のすぐ目の前。
    なんとも、モダンな洋風な素敵な建物。すっきりとシンプルな白壁だが、どこか欧州の風を思わせる雰囲気・・・。素敵

    午後2時。売り切れじまいなので心配してたけど、「営業中」の札にほっと。
    20060209093330.jpg

      「蕎麦 よしの」


    20060209093228.jpg
    中もなんとも素敵な空間・・・。
    すっきりと、無駄なものはなく
    白木の清潔な大テーブルが真ん中に置かれ、
    脇に小さなテーブルが2つのみ。

    蕎麦屋・・というよりは、センスのいい喫茶店にいるかのよう。

    大きく取られた窓からは、外光がさんさんと差し込め、非常に気持ちのいい空間。
    時を忘れ、一人でぼんやりしていたくなってしまいたくなってしまいそう。

    さて・・・差し出されたお品書きもとてもシンプルで蕎麦はせいろのみ。
    手触りのいい和紙に、両開きに手書きで書かれた文字も素敵だ。

    2軒目なので、「せいろ」のみでお願いする。
    20060209093322.jpg

    黒姫産の蕎麦を自家製粉したという、そば粉100%で打たれた蕎麦。
    目の前に出された蕎麦は、鮮やかな緑色の、切り口が見事な位にシャープな、きりっとしたもの。
    20060209093211.jpg
    顔を近づける間もなく、蕎麦の香りが漂う。
    しっかりとした腰。
    しゃきっと〆られた蕎麦の、爽やかな喉越し。

    そして、なんとも滋味なる蕎麦の風味がいっぱいに広がってくる。
    お、美味しい・・・・


    つゆは、どちらかというと薄めの、鰹の風味が上品なすっきりとしたもので、これも非常に美味しい。2軒目だっていうのに、もう、するすると食べてしまった・・・。

    んー、こんなお店が近くにあったらなんていいんだろう・・・
    20060209093238.jpg
    しかもしかもっ、
    出された蕎麦湯は、大好きなとろとろのポタージュ。
    蕎麦の風味、口当たりが滑らかでありながら、濃厚でたまらない。

    つゆに注ぎ、マーブル状にしながら頂くと、もう幸せ。


    いやはや・・・、多摩蕎麦、レベル高し!
    今は出していないという、以前あった手挽き田舎せいろが非常に残念。
    (食べてみたかったっ・・・)

    でも、もらってきたパンフレットを広げると、
    「”私の好きなそば”をお客様に食べていただくために、最善をつくしております。」と・・・。
    このお店に出会えたことが、なんだかとてもうれしくなって・・・・、こういうお店がいつまでもあるといいな、としみじみと思う。


    さて~・・・
    帰りは川越の「小野食品」でお豆腐を買って・・・、
    素敵な1日でした。。

    *お品書き
    せいろ 750円、天せいろ 1,350円、特天せいろ 1,750円、鴨せいろ 1,350円
    とろろそば 1,350円、そばがき 630円、マイタケの天ぷら 500円

    郭願(大吟)、郷の誉(黒吟)、亀泉(純米)、雨後の月、菊姫など


    20060209093219.jpg
    蕎麦 よしの

    あきるの市菅生818-2
    042-558-5313
    11:30~売り切れじまい
    月曜休






    -お土産-
    20060209112445.jpg
    川越小野食品 0492-24-4057
     せんばとうふ 「青おぼろ」

    これが~・・・
    クラクラするくらい美味しい豆腐♪

    1P 450円也




    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    月様
    あーん、月様まで~(涙)

    次回こそっっ!
    2009/02/27(金) 13:47:27 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    工エエエエ(´д`)エエエエ工工
    yukaさん
    「よしの」でそばがき食べなかつたんですかあ?!
    シルクの如き滑らかさが下をくすぐり、口の中でほわり、ととろける官能的な食感ですよ!!
    2009/02/26(木) 11:04:30 | URL | 月 旧一 #mQop/nM.[編集]
    泡さま
    「ふじおか」の・・・。そうだったんですか。
    「ふじおか」さんは、行ってみたくて仕方のないお店のひとつなのです。すばらしいとの噂はかねがね・・。
    その影響を受けていたんですね、納得します。

    生意気なんてとんでもない・・・。コメントありがとうございました。。
    2006/02/17(金) 10:13:57 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    はじめまして
    『よしの』は黒姫の『ふじおか』に強く影響を受けているようです。蕎麦ガキのスタイルや鄙願を置いていあたりがますますそう感じさせます。鄙願は一升6000円します。それ以上に手に入りにくいですけど(;^_^Aふじおかはポタージュ蕎麦湯を出したパイオニアですが、地産地消のすばらしさが一番の魅力のように思います。
    そういった意味でのスピリッツを模倣することのほうが、意義のあることのように私は思います。
    生意気言いましたm(__)m
    2006/02/16(木) 01:27:17 | URL | 泡 #1wIl0x2Y[編集]
    わたしもファンになりそう・・
    蕎麦喰い師さま
    なんでも、ある一時期だけやっていたそうなんです。食べてみたかった・・・。
    とは言いつつ、じゅーぶんっ!満足な蕎麦で、目が細くなってしまったです。
    蕎麦掻・・、ああ、食べてみたい。
    今度は、是非とも頂こう!と思います。。

    よしのふぁんさん
    わたしも、ふぁんになっちゃいそうです。。
    そうそう、マイタケの天ぷら・・・すごくそそられました。。しかも、お酒も、もぉぉぉ、車じゃなかったらっ!って思うくらい、いぢわるなくらい、ソソルものばかり。。。

    近くの方がうらやましいお店です。
    又、是非、伺いたいです・・・
    2006/02/09(木) 23:24:52 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    蕎麦掻は
    外せません、ってかあまりセンタクの余地はありません。(ふわふわと美味)

    津南町(別の意味で有名になりました)の
    舞茸の天麩羅と蕎麦掻・・・

    あと、ヒルズ辺りなら倍はする鄙願がこの
    お値段だったのか!?

    いろいろお値打ちですが、アクセスがクルマ・・・
    では銘酒を楽しめないかも知れません。

    売り切れ仕舞いなど制約も多いくせに?
    2006/02/09(木) 23:00:00 | URL | よしのふぁん #-[編集]
    ウ~~ンッ
    「よしの」のお蕎麦はyukaさん好みの粗挽きではありませんが(どちらかと言うと微粉系ですが)レベルの高さは凄いでしょ!?
    昔々の狭い町の出前蕎麦屋のような店の頃から何度も行ってますが「手挽き田舎せいろ」なるものは、見た事も聞いた事も無いですよ・・・ もしやっていたらいつごろだったんだろう??
    もう一つ、蕎麦掻きは是非々々 とお勧めします。
    私もお勧めのお店の一つです。
    もう一つ「蕎麦掻き」は絶対にはずせない代物です、是非々々と言っておきます。
    2006/02/09(木) 17:42:50 | URL | 蕎麦喰い師 #ZEqp4aRo[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >