つれづれ蕎麦 
    立川 「あかつき」 白菜つなぎの「鳥つくね鍋」に「ギバサ蕎麦」
    2016年03月02日 (水) 09:44 | 編集

    ようやく久しぶりに仲良しメンバーが集合。
    3月に入っての遅~い新年会は…、

    16-3-2 店2

    立川の路地裏、レトロな「シネマ通り」に佇む、
    懐かしき古民家の風情漂う、立川の隠れ家で niko.gif

    立川 「素料理と手打そば あかつき」


    木のぬくもりに包まれた心地のいい店内で、
    奥のテーブル席を陣取り、

    16-2-2 乾杯ビア

    まずはビールで乾杯~、改めて新年のご挨拶 乾杯_M~1

    今宵は、素材を自由に生かすご主人の、
    楽しみなお料理を「おまかせ」で niko.gif

    16-2-2 刺身

    銘々に出された「お造り」は…、

    16-2-2 刺身あじ

    一本釣り活き締めの、ブランド豊後鯵。
    適度に乗った脂に、すっと絞まった身は香りよく、
    ん~っ、これは旨いっ buchu-.gif

    16-2-2 刺身たこ

    出汁醤油で漬けた「漬けタコ」に、

    16-2-2 刺身沖漬

    ツマのあしらいも素敵、
    今が旬、芽キャベツが甘~い。
    そこに「烏賊沖漬け」ときたら…、速攻お酒 niko.gif

    16-2-2 品酒

    黒板に書かれた、お酒のリストが楽しー
    形容詞より、うんうん、イメージわくわく、
    それぞれのお酒に、(ご主人が)イメージする女優さん niko.gif

    16-2-2 酒1

    ではまずは、有村 架純 からいきましょう~(^^)。

    16-2-2 乾杯さけ

    盃に持ち替え、再び乾杯~えんぴ~1

    「やまとしずく」純米吟醸直詰原酒
    ほんのり甘くフレッシュで爽やか、
    うんうん、確かに、ぽいっぽいっfutt.gif

    16-2-2 ほや

    心憎い酒の充て、自家製「ホヤの塩辛」に、

    16-2-2 天ぷら

    天ぷらは、春の息吹、タラの芽に
    柔らかな新筍を若芽で巻いた、
    所謂「若竹煮の天ぷら」、これはいいっ hahha.gif

    添えられた天つゆは、筍の煮汁の出汁、
    これがうっとりする程美味しく、飲み干しちゃう 。

    16-2-2 酒2

    次のお酒は、井上和香こと、
    「春霞」 美郷錦 純米吟醸 緑生。

    すっきり上品な口当たりに、ふんわりと広がる甘み、
    ほんのり艶めいた色気のようで、
    うんうん…、井上和香かも futt.gif

    16-2-2 あなご

    このお酒には、一夜干しした「穴子の白焼き」。

    ぷりっと絞まった身に、ぎゅっと旨みが凝縮し、
    添えられた、甘めに炊かれた椎茸昆布がよく合う。

    16-2-2 酒3

    続いて、「亀齢」(辛口純米)、
    口開けのお酒にまだ名はなく、みんなでイメージ、

    きりっとしてスッキリ、きれいな味わい、
    これは美人アスリート見てね~1
    ちょっとマニアック?、バトミントンの潮田玲子~hahha.gif

    16-2-2 なべ

    ワイワイ楽しく、クイクイお酒がススム中、
    ぐつぐつ湯気立て出された、「鶏つくね鍋」。

    16-2-2 なべ湯気

    うわ~、い~い匂い

    16-2-2 なべあぷ

    幾つも入った鶏つくねに、
    ご主人が育てた、朝摘み春菊の香りがふわ~。

    16-2-2 なべよそり

    宮城 大曲浜の新若芽もたっぷり入った汁を、
    ご主人が一つ一つよそって下さり…

    16-2-2 なべたべ

    早速ほおばった鶏つくねの美味しい事っ buchu-.gif
    ふわっふわのつくねのつなぎは、干した白菜の微塵切り。
    時折しゃりっとした食感がとても心地いい。

    鶏に旨みに若芽の風味が溶け込んだ、
    優しくしみじみとしたと汁に心が染みる。
    ん~ん旨いっ、汁まで分け合い食べつくし…

    16-2-2 そば

    〆の蕎麦は、茨城筑西の常陸秋そば。

    16-2-2 そばあぷ

    瑞々しくすらりと伸びた凛々しき姿に、

    16-2-2 そばたべ

    キリっと絞まった腰心地よく、
    喉越し爽やか、飲んだ体を清めてく futt.gif

    出汁まろやかな汁も旨し、
    蕎麦を前にしたら、
    皆無言で颯爽に手繰り終え…、

    16-2-2 そばめかぶ

    続いてうれしい、ミニ温蕎麦も hahha.gif
    ご主人の出身地秋田の産物、ギバサ(アカモク)を乗せた、
    「ギバサ蕎麦」。

    16-2-2 そばめかぶあぷp

    注がれた澄んだ汁に、ギバサの磯味が溶け広がり、
    しゃきっとしてネバネバ、絡め手繰る蕎麦が旨いっbuchu-.gif

    16-2-2 蕎麦湯

    最後にトロトロ蕎麦湯を、
    余韻に浸り頂いてると…

    16-2-2 甘味

    満腹にうれしいさっぱりデザート。
    梅の時期に合わせて作られた、
    「南高梅のシャーベット」 hahha.gif

    甘酸っぱい甘みに、キュン、
    はぁ~、楽しく美味しい、ステキな春の宵。

    ご馳走さまでした~ hahha.gif

    最後はご主人も加わり、去りがたく…
    又こうして、みんなで集まれるといいなあ…futt.gif

    16-2-2 看板
    「素料理と手打そば あかつき」

    立川市高松町3-26-16
    042-523-4361
    金~月 18:00~23:00
    火~木 12:00~13:30 / 18:00~23:00
    日曜定休
    禁煙
    お店のHP


    2016年11月25日 グラタンにチャーハンに手打そば
    2014年 7月24日 素敵なお昼の献立 「冷し鶏南蛮」
    2014年 6月 4日 おまかせのお料理をたっぷり堪能
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    蕎麦喰い師様
    うふふ、私はギバサ自体も初めてでした🎵。
    そんなに強靭なぬめぬめではなくて、
    どこかメカブみたいな食感でしたよー。

    「温そば」…
    難しいです。
    まずやっぱり、汁が重要。
    そして、その中に合わさる蕎麦とのバランス。
    私は、決して、十割でほろろっとほどけた感じも好きなのですが、
    キリっとしてつるるっとしたのも好き。
    どちらも、汁とのバランスが大きいかな、とも・・・・。

    それでも、やっぱり蕎麦は蕎麦。
    うどんとは違う。
    やっぱり、まず蕎麦ありき、なんでしょうねえ。
    2016/03/14(月) 13:53:16 | URL | yuka #-[編集]
    近頃
    初めて見たぞ! ギバサ蕎麦
    悪く言うと、エッ ウソッ! と言う蕎麦も数多く食べてきたが、初見である。
    似て非なるが随分と昔に「がごめ昆布蕎麦」を作ったことがあります、それも一面がごめ昆布の趣味の悪い奴を。
    こいつは凄かった!! 蕎麦をからめて、とっ言うより蕎麦を包んで ズルッズルッって感じになりますが、そこには蕎麦の存在なんか欠片もなく、磯の香りとひたすら口中のニュルニュル感・・・
    ギバサを阿保のように乗せると似たような感じなのかな?

    ちょっと話はずれますが「温蕎麦」って何を一番に?思いますか?
    出汁?温度?具材?器?・・・・
    昔々は色々な蕎麦屋さんでメニューに無い生粉打ち蕎麦の温蕎麦を作ってもらって良く食べました。
    最近はある意味で真逆で・・「今度は温蕎麦用に7・3 いや6・4 いや5・5くらいの蕎麦で作って・・・」などと言ってしまう。
    温蕎麦に蕎麦の香り、食感なんか感じられないし・・・
    あの、表面が溶け出した生粉打ち蕎麦のヌルヌルするのが、なんか最近  大っ嫌いになってきた。
    温蕎麦はズズッと気持ちよく香りと蕎麦を啜り込みたいな・・
    2016/03/12(土) 19:43:57 | URL | 蕎麦喰い師 #VDz0rjeM[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >