つれづれ蕎麦 
    吉祥寺 「晩酌や 月」 雨上がりの一人晩酌
    2016年05月17日 (火) 21:57 | 編集

    昨日の宴で又やちゃった 汗_M_1~1
    (なぜか)自転車のカギを落とし忘れ、急いで取りに行き…

    16-5-17 店

    お昼を取れずに、朝から降る雨の寒さが身にしみて、
    ちょっと暖を取ろうと、夕方早くの一人晩酌 niko.gif

    吉祥寺 「晩酌や 月」

    16-5-17 品

    入り口に貼られた、今日のお料理をチェックして…

    温かな空気の店内が心地よく、
    女将さん、ご主人の笑顔に迎えられ…、

    16-5-17 おとおし

    すぐに出して下さった、温かなお出汁がうれしい、
    「しんとり菜とこごみのお浸し」。

    16-5-17 酒1

    ほっと温まってきたところで、早速一献、
    「黒牛」純米大吟醸 おりがらみ

    お料理は、今日のオススメをおまかせで niko.gif

    16-5-17 はも

    まず出して下さったのは、
    「鱧と白瓜の煮凝りジュレ」

    16-5-17 はもじゅれ

    鱧から染み出た上品な煮凝りは、
    これだけでもお酒を誘い、

    16-5-17 はもたべ

    しゃきっとした白瓜の歯ごたえ心地よく、
    皮目から骨切りした鱧はふっくら。

    16-5-17 もりあわせ

    続いて、「三点盛り合わせ」。
    名残の筍の、「帆立と筍のくさ和え」に、
    皮も骨もパリっと炙った、「鮎の風干し」。

    16-5-17 もりあわせみそ

    鮎の肝と味噌を和えた、
    「鮎味噌」にお酒がすすむすすむ buchu-.gif

    16-5-17 酒2

    「風の森」純米 愛山 しぼり華
    をお変わりをして…、

    16-5-17 からすみ

    今日のお目当て、「鰆の唐墨」を 

    16-5-17 からすみたべ

    ボラよりも、ねっとり感がさっぱりとして、味わい上品。
    口の中で蕩けながら粒がころころ転げ、
    添えられた独活の香りが爽やか。

    くぅ~、この唐墨、美味しすぎっlove.gif

    じっくり大事に味わって…、

    16-5-17 そば

    〆はお蕎麦、茨城常陸秋そば十割そば。

    16-5-17 そばあぷp

    繊細な細切りに、粒浮く粗挽き、

    16-5-17 そばたべ

    はんなりと心地のいい腰が飲んだ後に心地よく…

    16-5-17 蕎麦湯

    ご主人、女将さんとの話も楽しい、
    ちょっぴり贅沢な一人晩酌。

    ご馳走さまでした~hahha.gif


    16-5-17 暖簾
    「晩酌や 月」

    武蔵野市吉祥寺東町1-12-3
    0422-57-6675
    17:00~23:00
    基本は水曜定休
    禁煙



    2016年 4月 8日 祝一周年 舞い散る桜に一人晩酌
    2016年 2月 9日 「豊後水道の極上瀬戸アジ」で一人晩酌
    2016年 1月12日 冬の月夜の新年会
    2015年10月30日 秋の月夜のご馳走
    2015年10月 8日 素晴らしいお料理と酒と蕎麦
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >