つれづれ蕎麦 
    高田馬場 「もり」 父子二人三脚、蓬切り
    2016年05月24日 (火) 20:13 | 編集

    乗り換え途中の高田馬場。
    ここでお昼を食べて行こうと、そい言えば・・・、
    臨時休業が重なって、すっかりご無沙汰している「もり」さん。

    もしかしたら今日も、と不安は頭に過ったけれど、
    ダメ元で、駅からテクテク向かってみたら…

    16-5-24 店

    うれしい!暖簾がかかってる hahha.gif
    変わらないその小さなお店に、懐かしさが込みあがる。

    高田馬場 「手打そば もり」

    平日の午後13時過ぎ。
    小さな厨房を囲んだ、8席だけのカウンター。
    よかった、一席だけ空いている 。

    肩寄せ合う小さな店内、それが不思議に心を和ませ…、

    あれ?、厨房の中にいるのは、
    あのもりさんではなく、若いお兄さん bikkuri.gif

    きびきびと蕎麦を茹で、てきぱきと慣れた様子。、
    しばらく来ない間に…、
    もりさん、このお兄さんに譲ったのかしら

    ちょっと寂しい気持ちがよぎりつつも、
    このお兄さん、接客もとってもスムーズ気持ちいい。

    16-5-24 品酒

    とは言え、すべて一人で切り盛り。

    16-5-24 酒

    待つ間にと、頼んだグラスのお酒、
    神奈川「雨過天晴」。

    ほぼ猪口一杯分のお酒は、
    蕎麦を待ちながら頂くのにいい、きれいな味わい。
    うんうん、これぞまさに、「蕎麦前」 futt.gif

    16-5-24 品一品

    「一品料理」を眺めながら、

    16-5-24 品そば

    早速お願いした、
    「変わりそば」と「田舎」の「二色そば」。

    16-5-24 よもぎ

    順番に蕎麦が次々に出され、
    飲み終えた頃合いもよく、
    まず出された、今日の変わりそば「蓬切り」。

    16-5-24 よもぎあぷp

    なんと鮮やかな、目が覚めるような緑色!
    「邪気を払う」蓬、そのみなぎる香気に…、

    16-5-24 よもぎたべ

    噛みしめれば、プンっと弾ける、
    初夏ならではの、爽快な蓬の味わい。
    うわあ~、これはいいっhahha.gif

    そのままで、十分旨し、
    まろやかな汁にそっと浸せば、蓬の味も深まり、
    空になった皿を上げれば、

    16-5-24 田舎

    続いて、出された「田舎そば」。

    16-5-24 田舎あぷ

    これこれこれ、当時愛した蕎麦の姿。
    ぷつぷつと埋まった欠片が飛び出す、
    玄挽きグレーの細切り蕎麦 futt.gif

    16-5-24 田舎たべ

    手繰り上げた途端、鼻腔をくすぐる豊かな香り。
    どこかボソっとした素朴感がたまらなく、
    カカオに似た味わいを残し、ふっと喉に落ちていく。

    添えられた塩をちょと添えれば、
    蕎麦の甘みに香ばしさがひとしお、
    懐かしく愛おしく、手繰り手繰り…futt.gif

    16-5-24 そば湯

    頃合いもぴたり、
    出されたそば湯は、とろとろポタージュ。
    この蕎麦湯が、本当に美味しくて…

    汁の美味しさと共に、ゆっくりと味わいながら、
    ようやく手の空いたお兄さんに尋ねると、
    まあっ♡、なんと、もりさんの息子さんだそう hahha.gif
    道理で雰囲気がもりさんに似ている似ている。

    もりさんは、主に夜に来ているそうで、
    お元気との事を聞きそれも安心。

    そうだったんだ、そうだったんだ・・・・
    なんだか、嬉しくて、そして懐かしくって、
    よおし、今度は夜にも来てみよう。

    ご馳走さまでした~ hahha.gif

    蕎麦は変わらず、もりさんの打った蕎麦。
    何よりも、臨時休業がほとんどなくなったのがうれしく…
    高田馬場の蕎麦事情が、又楽しくなってきたなぁ futt.gif



    16-5-24 店あぷ
    「手打ちそば もり」

    新宿区高田馬場1-3-10 
    11:30-14:30(売切仕舞) / 18:00-20:30
    090-1764-1136
    月曜定休



    2009年 3月 5日 「青海苔切り」「田舎そば」
    2006年 9月 3日 「芥子切り」「田舎そば」
    2005年 9月 1日 「山椒切り」「田舎そば」
    2005年 4月12日 「桜海老切り」「もり」「田舎そば」
    2005年 1月21日 「一味切り」「もり」「田舎そば」
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    蕎麦喰い師様
    > 本当にお久しぶりです(コソコソ見てはいますよ)
    うれしいですー(:_;)。

    > 蓬というとどうしても思い出すのが「蓬庵」
    千葉の、かしら?
    あのほのぼのとしたお店、、懐かしいです。
    でも、ここに蓬切りはないから、
    違う「蓬庵」ですね…。

    どこの、ですか~~っ
    2016/06/07(火) 15:51:32 | URL | yuka #-[編集]
    ハッ ??
    本当にお久しぶりです(コソコソ見てはいますよ)
    蓬というとどうしても思い出すのが「蓬庵」
    もの凄い古い話ですが、初めて行った時に食べた「蓬庵」の「よもぎ蕎麦」はビックリこいた・・・ なまじっかじゃなく蓬の香りと独特のえぐみを生かした蕎麦は・・・

    それにつけても   凄い色だな   ・・・・・??
    2016/06/04(土) 19:45:32 | URL | 蕎麦喰い師 #VDz0rjeM[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >