つれづれ蕎麦 
    荻窪 「本むら庵」 「つぶ貝時雨煮」に蕎麦検証「せいろそば」
    2016年08月31日 (水) 18:49 | 編集

    蕎麦ブロガー同志(?)のDr.whiteさんから、
    「本むら庵の蕎麦、変わったと思いませんか?」
    とのコメントを頂き、びっくりっ bikkuri.gif

    えっ?春先に行った時はそんな事なかったのに…、
    何はともあれ、検証しに行かねばっ

    16-8-31 店

    雲ひとつなく、晴れ渡った昼下り。
    たまたまその日は、でありますように、と願いながら…。

    荻窪 「御免蕎麦司 本むら庵」

    平日2時過ぎ、ゆうるりとした昼下り。
    心得た花番さんに気持ちよく通されて…、

    16-8-31 酒

    何はともあれ、まずは一献 、
    ここではお決まりの、剣菱の「升酒」を niko.gif

    16-8-31 酒あて

    添えて出される粗塩に、
    ぴりっと辛い、「葉唐辛子の佃煮」が、お酒によく合い…、

    16-8-31 品昼

    又誰かを誘って頂きたい、
    平日の「昼献立」を眺めつつ、

    16-8-31 品一品

    いつもの「一品料理」から…、

    16-8-31 つぶ2

    久しぶりに食べたくなって、
    厚岸産「つぶ貝しぐれ煮」を niko.gif

    コリコリっとした歯ごたえに、
    ほろりと絡まる山椒風味の大根おろし。

    16-8-31 けしき

    一つほおばり、ツィーっと…、
    杉の香がふわっと抜ける、
    本むら庵で飲む「剣菱」は、なんて美味しいんだろう love.gif

    御簾の下がった窓際で、
    ほっこり一人、いつもの如く憩い楽しみ…、

    16-8-31 品雲丹

    季節のお蕎麦は、「雲丹そば」。
    これのヌキで一杯やってみたい。

    16-8-31 品そば1

    などと考えつつ…、

    16-8-31 そばきた

    ではっ、問題のお蕎麦の検証、
    お願いした「せいろそば」。

    16-8-31 そば

    んんんっ・・・!!
    確かに、微妙ではあるけれど、
    見た目にも、蕎麦の印象がわずかに違うっ wao.gif

    もっと何というか、角がキリっとしてたのに、
    つるつるとしてて角が丸い。

    16-8-31 そばたべ

    よよよ、いざ、実食っ。

    手繰り上げた、粒々浮き出た姿は確かに本むら庵の蕎麦。
    だけど…、
    なんだろう、ほろろっとした腰と喉越しだった蕎麦が、
    プルンっとした跳ね返るような弾力感。

    打ち方、というか…、
    つなぎの割合をちょっと変えた?
    それとも、この蕎麦粉の性質だろうか…a.gif

    16-8-31 蕎麦湯

    ほんのりと濁った蕎麦湯を頂きながらも、
    疑問で頭の中がハテナハテナ(・・?

    決して美味しくないわけではないのだけれど…、
    なんとなく、なんとなく gessori.gif

    お勘定をしつつ、花番さんにお聞きするも、
    職人によっての違いかしら?とのお答え。
    それは今に始まったことではなく、納得できぬまま…。

    おしっ、もちょっとしたら、
    又伺って、再度検証してみよう、
    だって……、ここのお蕎麦が、好きだから… futt.gif


    16-8-31 暖簾
    「本むら庵 荻窪本店」

    杉並区上荻2-7-11
    03-3390-0325
    11:00~21:30(L.O.21:00)
    火曜日(祝日の場合翌日)
    分煙 P多し
    お店のHP



    2016年 5月25日 揚げ蕎麦寿司「磯揚げ」に「せいろそば」
    2016年 3月 5日 「百合根まんじゅうの揚げだし」、美しき蕎麦
    2015年11月22日 「おきつね焼き」に大坂の余韻と共に「せいろそば」
    2015年 6月22日 じゅん菜とオクラの「冷し温玉そば」
    2015年 1月30日 「つぶ貝しぐれ煮」で雪見酒、「せいろ」そば
    2014年 9月27日 「蓮根のえびしんじょのせ」、「せいろそば」
    2014年 7月21日 「雲丹と鱧の冷製茶碗蒸し」に「せいろそば」
    2014年 2月14日 「揚げ出し豆腐」で熱燗の雪見酒、「せいろ」
    2013年10月23日 「上新香」に「せいろそば」
    2013年 3月16日 「おきつね焼き」で升酒、「せいろそば」
    2012年11月 1日 「きんぴら」で一献「せいろそば」
    2012年 5月24日 「つぶ貝のしぐれ煮」で升酒、「とろろせいろ」
    2011年12月21日 「お漬物」に「せいろ」そば
    2011年 8月15日 「水なすの蕎麦味噌田楽」に「せいろそば」
    2011年 3月25日 「つぶ貝のしぐれ煮」に「山かけそば」
    2010年12月22日 「平日の昼の献立」
    2010年10月18日 「お新香」に枡酒、「せいろそば」
    2010年 3月 8日 「蕎麦豆腐」で升酒、「せいろそば」
    2009年 7月13日 「つぶ貝のしぐれ煮」に「せいろそば」
    2008年 4月16日 「アボガドサラダ」「せいろそば」

    心から愛していた…、(賛)「六本木本むら庵」の思い出
    2007年 8月27日 最後の日。。。
    2007年 6月27日 ぶっかけスタイルの「おろしそば」
    2007年 5月24日 「揚げ出し豆腐」の旨さに堪能 「せいろそば」
    2007年 2月22日 「おきつね焼き」、「せいろそば」
    2007年 1月29日 これで飲めそう…「おかめそば」
    2006年12月29日 今年の食べ納め 「山いも」で枡酒、「せいろそば」
    2006年10月30日 ボリュームたっぷり「蕎麦サラダ」、「せいろそば」
    2006年 9月29日 「せいろそば」
    2006年 9月21日 「山かけそば」
    2006年 8月 9日 「三点盛り」で枡酒、「せいろそば」
    2006年 6月28日 美味「鳥わさ」で一杯、「せいろそば」
    2006年 1月26日 「生湯葉そば」
    2005年12月 2日 「蕎麦寿司」を味わう夜会
    2005年11月28日 「せいろそば」
    2005年10月24日 「新そば」
    2005年 8月17日 「鳥わさ」「玉子焼き」「きんぴら」を堪能
    2005年 8月12日 「卵とじそば」
    2005年 6月27日 「とろろせいろ」
    2005年 4月25日 「卵とじそば」
    2005年 3月23日 「とじせいろそば」
    2005年 1月28日 「納豆そば」
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    森のたぬきさま
    是非っ。芋煮蕎麦も又行きたいですね~(*u_u*)~。あと、お花茶屋も宜しくお願いします♪
    2016/09/27(火) 12:03:20 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    DWさま
    ウェストの…、だったんですね。小諸や富士蕎麦も進出してほしいような…。でも、きちんとビールはキリンにサッポロというのに好感です。楽しく読ませて頂きました(^-^)。
    2016/09/27(火) 11:43:09 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    仮予約
    雲丹蕎麦ヌキと樽酒を御一緒に♪
    あと高円寺の二階で芋煮も☆
    新蕎麦待ちどおしいです
    2016/09/22(木) 21:53:47 | URL | 森のたぬき #uG9d5srs[編集]
    ニューヨーク蕎麦紀行です
    久々にニューヨークに行って蕎麦を食べました。「本むら庵」「松玄」と進出しても撤退するマンハッタンでいつまで続くか、大変でしょうか頑張って欲しいです。ラーメンに続けとばかり、うどん屋が攻め込んでいるそうですが。蕎麦屋は地道で良いと思います。
    「kokage」
    http://drwhite.jugem.jp/?_ga=1.7568310.549995542.1429967471
    「azuma」
    http://drwhite.jugem.jp/?page=1


    2016/09/18(日) 16:28:04 | URL | DW #-[編集]
    吉野さま
    やっぱり違って見えますでしょう?食感も違うんですっ。でも、そのわずかな変化をも許さず守っていくというのは、本当にすごいことなんですよね。
    それが、老舗の貫禄なんでしょうか。

    吉野さんの実験はそれは別で楽しそう(^-^)。
    いや、楽しいです。
    2016/09/17(土) 11:19:50 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    DW様
    教えて頂きありがとうございました。
    何とも、何とものまま。
    謎解き共にやっていきましょう♪
    2016/09/17(土) 11:15:09 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    なるほど
    確かに見た目でしかありませんが、少し違っているかも・・・

    しかし、同じ蕎麦を打ち続けるってすごく大変なことだと(はい、勿論ある
    レベルに達しているという意味でもありますが)思います。色々な条件が
    整って初めてなせる技、だからこのその「売り」でしょうから・・・

    私の蕎麦は、毎回が実験なので(笑;)毎回違うのです。
    緊張感も違いますものね(お金を頂いているというのは、それなりのシバリ
    なんでしょう)。

    兎に角も見た目・食感「おなじ(ような、も含め)もの」を供することは
    恐ろしく思えます。路線変更というのはありましょうね。それなりの作戦です
    から。期待はしますよね、老舗とかいうとなおさら。

    さて、困った天候が続いているうちに蕎麦の蒔き時を失してしまいましたよう
    で。=今年は自家栽培は×かな~?
    せめて小麦の出来はよくあって欲しい。饂飩はマイウエイでテキトーにやって
    いますが、気楽にやってる分にはラク~かな?(これも趣味の範囲ですから)

    饂飩の延しには、一本麺棒用の重さ、長さが結構適しているのかな?と感じる
    この頃です。
    2016/09/15(木) 00:39:34 | URL | よしの #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >