FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    神宮前 「松永」
    2006年03月08日 (水) 23:51 | 編集
    このところ神宮近くでの所用があるので、長年ずっと訪れてみたかったお店に、先日尋ねたら・・・
    選りによって、「店内改装中のため休業」で、泣く泣く諦めてきたが、叉、こっちに用事があって出向く。

    天気もいいし・・・♪、少し早めに出て、念願のお店でお昼を食べて向かおう。
    20060309002824.jpg
    神宮前の交差点から、原宿通りをぶらぶらとしながら、それが途切れ、ふっと落ち着いた通りをさらに行くと・・・、

    あったあった
    どうやら、今日はやってるみたいっ♪


    20060309002834.jpg
    看板のすぐ下に、半地下になったお店。
    紺地ののれんが、控えめにかかり、さらりとした空気が漂うような感じのお店で、ちょっと敷居が高そうな雰囲気。

    でも、入り口に置かれた品書きを見る限り、確かに蕎麦屋のメニューだ 。。


           手打蕎麦 「松永」




    引き戸をくぐると、ちょっとした空間があり、その後ろに、やわらかく落とした照明の小じんまりとした空間が、ほっと広がる。
    20060309002843.jpg
    厨房に向かってのカウンタに8席ほど並び、
    その後ろに、4人がけのテーブルが3つと、2人がけのテーブルがひとつ。

    なんだか、この配置・・・
    「花や」さんにちょっと似ているような。


    けど、あまりにすっきりとして、無駄もなくとりたてた飾り気を置かない燐とした空気に、初めての寿司屋に入ったような緊張感を覚える。

    が、空いていた端の2人がけのテーブル席に、腰を落ち着けると、接客のおじさん(?)が、なんとも気さくに声をかけてくれて、ふっと緊張がほどけた。
    お女将さん、まだ若そうなご主人も、「いらっしゃい 」と、明るく声を掛けてくれ、すっかり和み・・・「ああ、なんだかいい店だなぁ」と早くも思ってくる。

    出された小さめに綴られたメニューを広げると、シンプルな品書き。
    初めてなので、やはり「もり」を頂くことに。

    頼むとすぐに、薬味と蕎麦徳利が出され、待つ間につゆを注ぎ、ちょっと舐めてみようと、
    口をつけると・・・・、ふわり~と、鰹のおいし~い香りが漂う。
    口に含むと、返しをわずかに加えたような、まろやかな辛口のつゆで、とてもおいしい。

    そうこうしていると、目の前にざるが置かれる。


    グレーの細切りの瑞々しい蕎麦。顔を寄せると、おだやかに蕎麦の香りも漂ってくる。
    20060309080830.jpg
    口に含むと、いい塩梅のしっかりとした腰。硬いという感じでは、なく、しっとりとした歯ごたえのもの。やさしく蕎麦の風味が漂い、後に甘さを残していくかのよう。

    のど越しもよく、つゆとのバランスもいい。
    これは・・なかなか美味しい♪

    20060309002852.jpg
    山葵も質のいい物だし、
    薬味のネギも、丁寧に切られ
    きちんと水にさらされたもの。

    こういうところまで、丁寧に施されるのは、やはりうれしい。


    頃合を見て出された蕎麦湯は、ナチュラルに白濁したもの。
    それで、つゆを薄めてすするとなんともやさしい気分になってくる・・・。

    帰り際に尋ねると、戸隠の蕎麦をニ八で打ったものとのこと。
    若ご主人も素敵な方で、好感の持てるまじめそうな方。そして、このお女将さんが、なんともいいなぁ。。温かくやさしい笑顔で、上品に微笑んでくれるその存在だけでも、ほっとしてくる。。

    ほっとしてると、一人、二人と常連らしい方が訪れ、中には、「かけともり、大盛で」なんていう男の人もいて、ああ、ここの甘汁も是非試してみたくなってくる。

    多くはないが、つまみもそろえてあるし、日本酒の種類もあったし・・、
    何より隣の方の天ぷらもすごくおいしそう。んー、蕎麦前からしっくり・・としてみたくも。

    「売り切れじまいですけど、通しでやってるので、また是非 」と、おっしゃって頂いて・・・。
    んん~っ しばらく、神宮での用事も続きそうだから、今度は帰りにゆっくりと寄ってみようという気持ちに。

    ちょっと歩くけど、ここもなんだかとっても気に入っちゃったな・・・
    ぽかぽかして、今日はなんだか春みたいだ・・・。

    *お品書き
    もり 600円、おろし 800円、とろろ 900円、天もり 1,700円、とり蕎麦 1,000円


    20060309002816.jpg
    手打蕎麦 松永

    渋谷区神宮前2-19-12
    03-3402-7738
    日祝休
    中休みなし(だいたい19時くらいまで)




    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    いいんじゃない。
    2010/12/30(木) 00:49:05 | URL | no name #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >