つれづれ蕎麦 
    牛久 「季より」 絢爛華麗な料理に蕎麦三昧
    2017年02月28日 (火) 20:47 | 編集

    先の「蕎麦夢コラボ」で初参加された「季より」。
    ご主人にお会いしたら、
    又あの、絢爛華麗な前菜が頂きたくなって…futt.gif

    17-2-28 店

    電車に揺られ向かった、牛久の住宅街。

    17-2-28 店2

    蕎麦屋らしからぬ佇まいに、
    門をくぐった先に広がるアプローチに胸が高鳴る…ふわふ~1

    牛久 「手挽き石臼と旬のお料理 季より」

    入り口の扉を開き、靴をぬぎ上がれば、
    すぐ目に留まる、手挽きの石臼。

    17-2-28 臼

    すぐに迎えてくれた花番さんに、
    幾つもある部屋の中から通されたのは…、

    17-2-28 部屋

    しっぽり寛げそうな、座敷の間。
    どこか懐かしき、昭和の空気に心が和む。
    ぽかぽかの床暖で、ぬくぬく~futt.gif

    17-2-28 品

    ずっと座っていたくなりながら、
    壁に貼られた品書きを眺め、

    17-2-28 ビア

    早速頼んだ「ハートランド」は、取手工場限定品 niko.gif
    普段飲んでいるのに比べて、どこかフレッシュ、
    ぷはっ~っとグラスを傾けてると…、

    17-2-28 前菜1

    目の前に置かれただけで心トキメク、
    絢爛華麗 な「前菜盛り合わせ」

    17-2-28 前菜2

    わぁ~どれから食べよう、迷っちゃーう love.gif

    17-2-28 乾杯

    この景色を前に、
    お酒を頂き、思わず乾杯~乾杯_M~1

    17-2-28 酒

    美しい瑠璃色の猪口に、
    京都「古都千年」 季節限定搾りたて生原酒

    17-2-28 前菜スープ

    まずはグラスに注がれた、
    「サツマイモの冷製スープ」。

    茨城の新品種、糖度の高い「紅天使」を、
    焼き芋にして作ったスープの円やかな甘みに、
    しょっぱなからも~う、うっとり love.gif

    17-2-28 前菜とうふ

    沖縄のにがりで作った、「自家製おぼろ豆腐」も、
    びっくりする程味が濃く、

    17-2-28 前菜たまご

    大のお気に入り、「鍋焼き玉子焼き」に、

    17-2-28 前菜まめ

    ほっくりとした、北海道の「丸大豆の炊いたん」、

    17-2-28 前菜とまと

    独特の香り弾ける「明日葉の胡麻和え」に、
    「干し柿の白和え」にはマスカルポーネも混ぜられ、
    さっぱりとした「ミニトマトの生姜マリネ」。

    17-2-28 前菜もずく

    沖縄の天然「もずく酢」は、歯応えしっかり、

    17-2-28 前菜すし

    「干し赤大根とキクラゲの漬物」に、
    「アスパラ菜のからし地漬け」、

    そして…、「水腰そば」の「蕎麦寿司」
    キュっと〆り、ふわっとほどける軽やかな蕎麦に、
    巻かれたほうれん草と鰊昆布が絶妙。

    17-2-28 前菜おじや

    とろりとした「蕎麦の実おじや」の、
    混ぜ込まれた、素揚げフキノトウの香りが新鮮っ hahha.gif

    17-2-28 前菜きのこ

    味が濃い「小さな椎茸のポン酢和え」に、

    17-2-28 前菜ねぎ

    「干しキクイモの煮つけ」の歯ごたえの楽しさ、
    甘みの濃い、「葉玉ねぎの酢味噌和え」と、
    どれもこれも旨いっlove.gif

    この一皿にお酒もお変わり、
    千葉の小さな酒蔵「稲花酒造」の、
    「1787~炎(Homura)~」純米吟醸無濾過生

    熟成系の米の旨みがしっかりとしたお酒で、
    ゆっくり味わい、じっくりと楽しみ…、

    17-2-28 茶碗

    続いて、車海老の頭の出汁の、
    熱々の「茶碗蒸し」

    17-2-28 茶碗たべ

    ふるふる滑らかな茶碗蒸しは、
    海老を食べるより海老!、濃厚な海老の味 、
    海老好きにはたまらな~い love.gif

    17-2-28 鹿

    さらに、一晩寝かして蒸し焼きした「鹿肉ロースト」。
    ミツル醤油の「薄口泡醤油」が円やかで、
    敷かれた香のいい根三つ葉がここにぴたり

    17-2-28 アスパラ

    最後の天ぷらは、
    太く立派な栃木の「アスパラ」。

    17-2-28 あすぱらたべ

    太くても、しゃきっと柔らかく瑞々しく、
    じわっと滴り、物すごく甘い

    「古都千年」 純米辛口を頂いて…、

    17-2-28 そば1

    いよいよお蕎麦 niko.gif

    17-2-28 そば1あぷ

    北海道蘭越産、手挽きの「石臼もり」。

    17-2-28 そば1たべ

    蕎麦の粒浮く上品な粗挽き、
    ふわりと広がるふくよかな香りに、
    ほのかにざらつき、はんなりとしなやか。

    香ばしく甘く、ん~美味しい love.gif

    17-2-28 そば2

    続いて、輝ける極細の「水腰そば」

    17-2-28 そば2たべ

    茨城岩瀬の常陸秋そば。
    清流の如き喉伝う清涼感、
    喉元過ぎた途端、ふわっと香ばしさが鼻に抜け…、

    はぁ~、この水腰蕎麦も素敵

    17-2-28 そば3

    さらに…、「竹やぶ」名物、
    「天ぷらそば」も追加で注文~niko.gif

    17-2-28 そば3天

    衣美しく纏う芝海老の掻き揚げを、

    17-2-28 そば3いれた

    熱々のかけ蕎麦に、パチパチじゅわ~~っ、

    17-2-28 そば3じゅわ

    かけ汁に天ぷらが合わさった、
    その香りさえもご馳走。

    17-2-28 そば3よそり

    ほろりと解けたふわふわの天衣のコクが染み、

    17-2-28 そば3たべ

    汁を纏い、ほろりと解ける蕎麦がたまらな~い buchu-.gif
    3人ですっかり汁まで飲み干して…、

    17-2-28 甘味

    最後までうれしい、甘味も三種盛り。

    17-2-28 甘味1

    カルピスの生クリームで作った、
    「はちみつのアイス」に、苺ジャム、

    17-2-28 甘味2

    ふわっふわの「紅金時芋の蒸しプリン」。

    17-2-28 甘味3

    そして、私の大好きな、
    焼きたての「蕎麦フィナンシェ」、

    心から堪能の、充実した素敵な午後のひと時に。

    ご馳走さまでした~hahha.gif

    さすが「蕎麦アーチスト」有馬さん。
    ちょっとした遠足気分も楽し、
    又季節を変えて頂きに来よう ふわふ~1

    17-2-28 看板
    「手造りそば 季より」

    茨城県牛久市牛久町15-2
    029-875-4891
    11:30~16:00
    夜は要予約
    日曜定休(臨時休業あり)
    禁煙 Pあり

    お店のHP


    2016年 9月 6日 「蕎麦アーティストの饗宴 再び…」
    2012年 4月10日 おまかせコース、粗挽きそばにもりそば
    2010年 9月27日 旬のものいろいろ「お昼のコース」
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >