FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    矢川 「素朴庵」  ・・・♪
    2006年05月04日 (木) 00:35 | 編集
    入院の間から、ずっと行きたい、行きたいと思っていたお店の一つ、「素朴庵」。

    でも、できるなら、完治して自分の足でゆっくりと訪れるんだ、って思ってがまんしていたけど、話題を聞いたら、やっぱりがまんできない。
    どうしても、やっぱりやっぱり行きたい・・・と。

    連休に入ったし、これまでさんざ飲んで帰って来た彼の弱みにつけこんで(?)、今日は!と、連れて行ってもらう。うれしいことに、ここだったら、駐車場だってあるし、お店も1階のテーブル席なんだもの。

    昼すぎに出発したが、いいねぇ~♪さすが連休とあって、道は空いてる。
    2時すぎに、程なく店の前に立つと、もう~ それだけでうれしくなってしまう。

    おずおずと、松葉をつきつつも、扉を開けると・・・、 すごい、かろうじて1席除いて、満席。

    とりあえず、空いてる席に腰を落ち着かせると、何やら含んだような笑顔でご主人が来て下さったのだが・・・・
    「お蕎麦、もうほとんどないんですよ。」
    との事。連休初日で、予想以上にお客さんが訪れたという。

    ええっっ
    そんな、そんな・・・、と、動揺した気持ちで、二三お話をしつつ、「今から打って・・」のお願いを、快く聞いて頂き、「待ってもらえる?」との言葉に、「はいっ」(もっちろ~ん♪)と、お願いしてしまう。

    なら・・、と待っている間にと、頼んだ「豚の角煮(卵付き)」
    20060503185948.jpg

    ほろりとこぼれるくらいに、煮込まれた豚の角煮はおいしく、添えられたとろっとろの玉ねぎ、半熟の卵が又美味しい♪

    20060503190037.jpg
    ・・・と、なったらやっぱり~
    彼には、申し訳ないけど・・・、
    ちょっとだけなら、と、
    お酒(常温)を頼んでしまう。
    ああ・・、これこれ、この昼酒こそ、待ってたのっっ

    アテの「素朴煮」はやっぱりいいな♪



    20060503190113.jpg
    さらに気を遣って頂いて、出して頂いた
    「糠漬け盛り合わせ」
    茄子、きゅうり、ゴーヤ、にんじん
    蕪、そして・・、長芋。

    これが又、とっても美味しい。
    すべてご主人が漬けてるものとのこと。


    そして、さらに奥様に出して頂いた「掻き揚げ」。
    20060503190228.jpg20060503190217.jpg

    見るからにさくっとした、かなり大きめの掻き揚げ。
    これが・・・、いやぁ、美味しいっ  衣に予め付けられた塩加減がよく、そのままでぱくぱくいけてしまう。大きめに切られて込められた海老の味が、またたまらなく、貝柱、ししとう・・、これは旨いっ。上の生麩が又、とても美味。

    ご主人の、力強く捏ねる姿、丁寧に熨している姿を拝見しつつ、ようやく目の前に「もりそば」がっ・・・
    打ちたての「盛りそば」に、見ただけで感激してしまいそう。
    20060503185912.jpg

    田舎を・・とも、思ったけど、初めての彼も一緒だったので、お願いした「もりそば」は、記憶通り、蕎麦の粒が散りばめられた丹精な十割蕎麦。
    mori
    口に含むと・・・
    はぁ~・・・、これ、これなんだ。。
    と思う、何と言うか穀物の締まったような、噛み締める腰。
    そして、地味なるそばの風味。
    美味しい・・・。
    心の底からうれしく思える。


    ん?そして・・・、ご主人はさらに、田舎蕎麦までも打って下さり、
    しばし、打ちながらいろいろなお話を聞かせて頂きながら、目の前に出された、
    大好きな「田舎蕎麦」。
    20060503185928.jpg

    んーっっ やっぱり、これこれっ♪
    田舎
    濃い目の色の、これぞとばかりに豪華に散った蕎麦の星。
    心地よいざらつき感が舌をかすめ、噛み締めると、こんなにも蕎麦は甘みがあるのか・・と、驚くような豊かな蕎麦の味。
    粗挽きの上十割で、こんなに丹精で・・、そして優しくも野趣あふれた蕎麦。


    ん・・、でも、初めて訪れて頂いた時に比べて、なんだかさらに、たおやかさというか、優しさが加わったような気がする。
    ・・・それは、私の受け取り方?
    なんだか、ここ数ヶ月のことを思うと、涙が出そうになってきてしまって。
    20060503190204.jpg
    蕎麦湯は、やっぱり、濃厚でなめらかなポタージュ。

    まろやかで濃い目の、これも美味しいつゆに合わせると、とにかく幸せな気持ちが体中に広がっていく思い。
    ごちそう様でした・・・
    心の底から思ってくる。


    これで・・・、又、しばらくの間、私もいろいろな葛藤や苦痛をも、耐えていけそうな気持ちが。
    ご主人、本当に本当に今日はありがとうございました。
    お話できたのもうれしく、そして、やっぱり大好きな美味しいお蕎麦が頂けて・・、もう少しの辛抱。又、がんばろうと。

    自由になったら、改めて又ゆっくりと、行きたい。
    ああ、本当に今日はよかった・・・

    20060503190619.jpg
    十割手打ちそば  素朴庵

    国立市谷保6721-1 セピアコート国立
    042-571-0019
    11:00~15:00 / 17:00~20:00
    第1,3月・火曜休
    これまでに訪問




    力強く打ってくださったご主人。打ちながらお話できたこと、楽しかったな・・・
    20060503190102.jpg20060503190052.jpg
    打っている姿が、とても素敵でした


    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    ミズトリ様
    よくなるまで、待とう・・と思っていたのですが、
    行ってしまいました。
    はい、お蕎麦も、ご主人も、たまらなく暖かくて、とてもうれしい一日でした。
    夜、思い出したら、涙が出ちゃったの。
    2006/05/11(木) 11:31:51 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    やっぱり
    教えていただいた店の一番暖かい店ですね・・・・ついに行かれましたね、
    寛げたでしょう・・・・・yukaさんの為に打ったお蕎麦おいしかったでしょうね、
    前回売り切れの、豚の角煮蕎麦を食べに再訪したくなっています、
    いつも、どこかにこのお店が・・・・・かすめています・・・
    2006/05/09(火) 09:24:44 | URL | ミズトリ #-[編集]
    yacco様
    ままっ・・、yukaセットだなんて~(^^;;

    でも、うれしいです!
    見てくれて、行ってくれて、満足してもらえたなんて♪

    山元さんって、陶器のお店なんですね?
    んー、ちょっと興味ありありですっ。
    2006/05/05(金) 21:50:20 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    災い転じて。
    国立の山元さんにお願いしていた陶器をとりに行ったのですが、お・や・す・み!相変わらずのオッチョコしてます。
    そこでピン!!朝情報の素朴庵でランチに。
    蕎麦の香りがプーンの店内でもり・田舎・角煮・掻き揚げ(yukaセット)頂きました。
    満腹大満足。サンキューでした。
    2006/05/05(金) 08:30:38 | URL | yacco #-[編集]
    南無さま
    はいっ。。
    とても、とても・・
    いい一日でした。

    ああ、早く回復したい。でも、本当にうれしい時間をすごせました・・・
    2006/05/04(木) 23:49:57 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    何よりでした。
    思い切って行かれて良かったですねー。
    元気の源をいただいて、快復も早まることでしょう。
    ご主人も奥様も安心されたのでは?
    2006/05/04(木) 11:07:22 | URL | 南無 #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >