FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    三鷹 「御狩野」
    2006年05月16日 (火) 18:18 | 編集
    週末から咳きがずっと止まらずにいるので(彼が)、今日は、余っていた有給を使って病院に行くように薦める。

    さあて、何か作ろうか・・と、思っていたら、帰るや否や、「昼飯食べに行って、帰りに
    角上魚類』で買い物してこよう!」と言う。
    んー、病院に行って、少しは良くなったのかな・・

    雨降りの今日は、どの道、自力では出歩くことが不可能なので、まあ、喜んでそれに乗ると・・、どうやら、「とんかつ」が食べたいらしい。。
    ま、病人だからいいよ・・、と諦め車に乗り込み、向かうと・・、
    ラッキー 、火曜日定休♪

    とはいえ、さあて・・・、と、目的もなく南下して走らせながら、久しぶりに三鷹の蕎麦屋に行ってみようか、と向かってみる。

    20060516180517.jpg

    三鷹市大沢 「御狩野そば」。

    近藤勇の旧家跡、胸像のある一角のすぐ隣に立派な看板を掲げた、ちょいと立派な作りのお店。
    昔はちょくちょく訪れていたけど、考えてみたら2年ぶりかも・・・。

    大好きな野川公園の入り口近くであることも、この近くにお寺があることからも、週末はいつもいっぱいに混んでるのだが、平日の今日は、比較的スムーズに車を止められる。

    よく知った入り口をくぐると・・・、
    20060516180408.jpg
    ん?打ち場が・・・。

    昔はこんなのなくて、
    「ここは手打ち・・?」
    なんて思ったものだだったけど、
    これは、まっこと「手打ち」だ。。


    20060516180418.jpg
    窓を囲んで、ゆったりとした4人分のテーブル席が、ぐるりと6卓ほど囲む。
    そして、真ん中に、さらにテーブル席が6席ほど。
    奥の小上がりは、昔はただのテーブルだったのが、いつの間にか掘り座のおしゃれな空間に変わってる。

    ちょっとづつ、変わってるのか・・


    テーブル席に通され、お絞りと品書きを渡される。
    見開きで写真入りの大きな品書きは、相変わらずだ・・・、と!内容がまた、若干変わってるよっ・・。
    昔、好んでよく頼んでいた「卵とじ」や、「かき玉」のメニューは消え、その代わりに「田舎もりそば」なんてのが・・。

    花番さんに尋ねると、「田舎」は十割とのこと。
    じゃ、せっかくだし・・それを頼んでみることに。(しかも、手打ちは保障されてる♪)

    ほどなくして・・・、目の前に出された「田舎そば」。
    20060516180536.jpg

    おっ これも違う!前は「せいろ」というと、黒塗りの蒸篭に出されていたのだが、笊に盛られたそばは、エッジのきりっとした、黒目の挽きぐるみの細切りのそば。
      20060516180430.jpg
    まずは・・・と、汁を一なめ。
    違う!昔は、なんだか甘ったるい汁だったのに、鰹の香りのくっきりとした、すっきりとした汁。
    おお・・、これは。。
    しかも、蕎麦の香りも豊かに香っているではないか。

    まずは・・と、そのまま一口。
    んー、いいねぇ。しっかりとした腰。

    そして、風味豊かな蕎麦の味がしっとりと広がる。
    のど越しもいいのだが、かみ締めると、蕎麦の滋味な風味の後に、豊かに甘みがやってくる。

    違う!絶対、昔と違うよ・・・。と、うれしい誤算。
    昔のクセで、「うずらの卵」をオプションで(プラス30円)頼んだので、最後のあたりで、おもむろに卵を崩し、汁と混ぜ、そして蕎麦をたぐると、まろやかな汁になり、また美味しいっ

    20060516180358.jpg
    ナチュラルに白濁した蕎麦湯で割ると、うずらの残りがぱあっと広がり、これが又美味しくてたまんないっ。

    これが・・・、又、好きなんだよね♪
    とは言え、鰹の風味豊かな汁は、鶉がなくてもそれだけでかなり美味しい。


    ほぉ~・・、来てみるもんだなぁ。。とつくづく。
    いつしか、ここまで来たら「地球屋」さんに・・と、で向き、とんと訪れてなかったけど、わからないもんだなぁ。

    これは・・・、普通の「もりそば」もちょっと試して見たくもなってくる。
    思えば、ここの「鴨汁そば」は、鴨汁が好きで当時はよく頼んでいたし、それも又、食べてみたい。
    20060516180340.jpg
    で・・・、彼は、というと、
    な~るほどっ、これが食べたかったのね?
    ・・と、納得の「カツ丼」。

    それも、彼曰く、昔は卵がかちかちだったのが、今日は、ふんわりと美味しくなってる!とのことで。。


    んんんー、又、ここにも来てみようかな。。
    ゆったりとした座席や、よく法事にも使われているこのお店。
    蕎麦屋のそれとは、又ちょっと違うけど、ゆっくりとのんびりできるし、花番さんはきちんと教育されてる、昔ながらのお店。
    野川公園に日向ぼっこも、最近はしてなかったし・・・。

    何はともあれ、美味しかったです。
    やっぱり、時間は過ぎ、成長してるってことなのか・・・。今日は、とってもうれしい誤算。
    又、来て見ようっと・・・。

    *お品書き
    もり蕎麦 700円、田舎もり蕎麦 800円、おかわりせいろ(汁なし)300円、
    鴨汁そば 1.050円、御狩野そば 1,050円、カツ丼 1,050円、親子丼 1,050円
    その他、懐石、つまみ、酒などなど・・


    20060516180350.jpg
    「御狩野そば店」

    三鷹市大沢6-3-25
    0422-31-9367
    11:00~21:30
    月曜日 P多数





    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    T様
    ありがとうございます!
    西荻、ぜひぜひ・・(あ、電車に乗れるようになってからだけど・・)、行って見ます。
    とっても・・・、
    とっても、うれしいコメント、ありがとうございました。
    2006/05/19(金) 23:51:11 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2006/05/17(水) 18:36:21 | | #[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >