つれづれ蕎麦 
    町田 「玄蕎麦 もち月」
    2006年05月28日 (日) 18:57 | 編集
    予てから、とんかつを出す蕎麦屋があるなんて、とんかつに目がない彼を連れ出すには、なんていい条件なんだろう・・と思っていたお店。

    ただ、町田という街に行きなれてないせいで、なんだか遠く感じてなかなか言い出せなかったけど、思い切って「とんかつ食べに行かない?」というと、彼もすんなりオッケー。突如町田へ走らせる。

    せっかく行くのだから・・と、お目当ての限定20食とかの「粗挽き十割
    」を取っておいてもらい向かったが、思ったよりぜんぜん近くて、予想していたよりずっと早く着いたのでびっくり。

    鎌倉街道を横に入った、街道沿いにふっとコンクリート作りのモダンなスタイリッシュなお店がたたずむ。
    20060528185230.jpg

    ひばりが丘の「たなか」さんで修行していたというご主人。 「玄蕎麦 もち月」

    20060528185052.jpg
     モダンなコンクリートに、
     黒い格子のいい雰囲気。

    20060528185104.jpg






    横になびくのれんの奥が入り口らしい。


    のれんをくぐると、ちょっとしたエントランスがあり、ふと明るい中庭。それを眺めつつ、ドアを開ける・・・

    休日の1時すぎ。混んでるのでは・・と、心配してたが、運良く席がいくつか空いたところだったようで、なんなく席に着くことができた。
    入って左側は、通りに面したしっとりと空間で4人がけのテーブル席がいくつか並び、右側は、中庭に向かって並んだ4卓のテーブルが並ぶ、明るい部屋に。
    20060528185028.jpg
    中庭に面した席に通され、腰を落ち着けると、白い小石が敷き詰められ竹を植えられた中庭が、ぱあっと明るく座っているだけで気持ちがいい。

    蕎麦屋・・というよりは、素敵な喫茶店か、イタリアンのお店でもあるような内装。壁にかけられた花や、細かな飾りつけまで素晴らしい。


    こういう中で、中庭を眺めながら蕎麦前を頂くのも、たまらないだろうな・・と、いくつかお料理の品書きを眺めながら、ちょっと心で思ってしまう。
    近所の人がうらやましいな・・・

    出されたお茶と、名入のお手拭を頂き、メニューを広げながら、彼は迷うことなく「とんきのとんかつ」を定食で。私は・・・、「十割」を頼んであるのだが、「せいろ」も気になったので、結局「せいろ」と「十割」の二枚をお願いしちゃう。

    まずは、外一で打たれた「せいろそば」

    せ

    小さな桶?に入った薬味。そして、なんと瓦に盛られた細切りの蕎麦は、うっすらと緑のかかった瑞々しいもの。

    せいろせ

    手繰ると、鼻腔に清々しいような蕎麦の香りが立ち込める。しっとりとした腰。のど越しのいい爽やかな蕎麦。本日の蕎麦は、「福井の丸岡産」とのこと。

    続いて、「粗挽き十割蕎麦」。こちらは、真っ白な皿に簀が敷かれて盛られる。
    あら

    「せいろ」に比べ、やや色の濃い細切り。ところどころに蕎麦の星が見え隠れしている。
    粗挽きあら

    「粗びき」というので、もっと粗いのかな?と思ったが、考えていたよりも、上品な蕎麦。十割だがしなやかで、せいろよりもむしろたおやかな感じさえする。もちもちとした感触と、蕎麦の風味が美味しい。

    つゆは、鰹の風味が香り、やや味醂の甘みを含んだまろやかなもの。濃すぎず、薄すぎず、このやさしい蕎麦との相性がいい。ただ、薬味のねぎが緑の部分だったのがちょっと食べずらいかな・・。
    20060528184944.jpg
    間を見て出された蕎麦湯は、やっぱり素敵な白磁の急須で。

    ナチュラルなもので、最初はさらさらと透明な蕎麦湯だが、底に従って、自然と白濁し香りがおいしい。


    食べられるかな・・・?と思ったけど、するすると手繰ってしまえるもので、すっかり満足
    しかし、このせいろが550円っていうんだから、すごすぎる・・・

    そして、彼の頼んだ「とんきのとんかつ定食」。
    20060528185204.jpg

    神奈川県の高座豚のロース肉を、目黒の「とんき」の薄い衣でじっくりと揚げたというもの・・らしい。
    20060528184917.jpg20060528185038.jpg

    見た感じとてもきれいで、ボリュームもありそう。結構、とんかつを食べてるお客さんも多くて、こっちも蕎麦同様に人気なんだな、と思える。小鉢の御新香や、とん汁も美味しそう。

    ほぉ~・・・と、二人でそれぞれに満足してると、後から次々とお客さんがやってきて、いつしか中庭の横のエントランスは人の行列が。
    す、すごいっ・・

    なんだか、ぼんやりとゆっくりしたくなってしまうような、素敵な空間だったけど、早々に席を立つ。ときどき、運びまでもやるご主人を具間見ることができたけど、とても素敵なご主人。ご馳走さまでした。。

    んー、こういう組み合わせのお蕎麦やさんってうれしい。
    今度は、こちらのかけそばも、是非是非食べてみたい、と思いながら、まだまだ続くお客さんの列を後に・・・。
    町田もいいな・・ 帰りは、川崎街道の「豆たま」でお豆腐を買って・・・と。

    *お品書き
    せいろ 550円、粗びき十割そば 800円、おろし 700円、旬のつゆがけ 950円、
    穴子おろし 1,150円、天せいろ 1,350円、かけ 550円、青ねぎそば 750円、
    京ゆばそば 950円、鴨南蛮 1,600円、とんきのとんかつ 1,400円(単品 1,050円)
    一品料理 400円~ 日本酒 600円~


    20060528184936.jpg
    「玄蕎麦 もち月」

    町田市小川2-3-23
    042-799-7033
    11:30~15:00 / 17:00~20:00
    月曜、第三火曜休





    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    ciel 様
    お休みを楽しんでいらっしゃるご様子、羨ましいです(^^)。
    もち月さん、又うかがいたいお店です。
    お父様はとんかつがお好きなんですね♪
    (うちと条件が同じです)
    だったら…、とっても残念~。
    ここのとんかつ、いいらしいですもの、ね。
    又ぜひぜひ(^^)。
    2009/08/13(木) 09:14:18 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    行ってきました
    ながーい休みも半分終わり、月曜定休で伺えなかったもち月さんへ行ってきました。うまい。端正な細切りのそばも、濃い目だけどしつこくない汁も、てんぷらも最高。ただとんかつ好きの父を連れて行ったんですが、とんかつお休みでした、残念。また行きます。
    2009/08/12(水) 18:01:55 | URL | ciel #-[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2007/03/14(水) 02:18:02 | | #[編集]
    あきひさ様
    コメントありがとございます!
    かけ・・、ああ、食べてみたい。。
    又、是非、伺いたいです。
    そして!TAGURUさんの情報、本当にありがとうございます。

    開いたら、いきなりおいしそ~っな、おろしそばっ。。こちらも、行かねば!と思っちゃってます。
    2006/07/03(月) 23:20:19 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    はじめまして
    通りすがりに失礼します。 もち月家族で
    よく行きます。 味 価格 雰囲気 がとても良いですね。 ここのかけそばがおいしいんですよ。
    もち月より車で10分ほどの所にTAGURUという蕎麦屋さんもあります。 ここは姉夫婦のお気に入りです。 カフェのような店内でボサノバが流れています。おそばはとても上品でやさしい感じです。 オーナがブログをやっているのでURLのせときます。
    それでは!!
    2006/07/03(月) 23:05:58 | URL | あきひさ #-[編集]
    yacco様
    ありがとうございます(^^)
    なんとか、順調に経過してるようです・・・。

    そう、こちらの雰囲気は、もう、うっとりしちゃうくらい素敵でした。
    こちらに向かう間にも、いくつか心に留まったお店があったし、又、彼に(何かで釣って)頼んで町田方面、行ってみたいです。

    そうそう、桜美林も♪
    コーヒーまでに至る、一連のコースを頂かなくちゃ☆
    2006/05/31(水) 08:28:22 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ようこそ町田へ!
    遠くまで参上頂きありがとうございました。
    (アンヨの回復、順調なようで何よりです)

    「もち月」蕎麦だけでは物足りない夫を誘う時には利用する店です。
    雰囲気も良いですよネ。

    あと一歩、桜美林デビューも間近かな?
    ドライブがてらの町田蕎麦情報、楽しみにしてます。
    2006/05/30(火) 10:06:25 | URL | yacco #-[編集]
    そばがき様
    はい(^^)。ブログの方、拝見させて頂きました。

    こちらのご主人は、蕎麦は安く提供する新年でやっている「たなか」というお店で修行をなさったので、その意思が受け継がれているのだと思います。
    でも、すごいですよね!

    そして、ご主人のお父様が、有名なとんかつ屋さんで修行して、もともととんかつ屋さんだったそうで・・。
    とんかつ好きと、そば好きのペアには、もってこいのお店でした(^^)
    2006/05/29(月) 14:00:15 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ほんと 凄すぎ!
     せいろが550円、十割が800円とは本当に凄い!

     やっていけるのかしら。?
    先日、全国の手打ちの蕎麦屋のもり(せいろ)の値段を調べてみました。(その節はこのブログのお世話になりませた。有難うございました。)
     平均が734円でした。これと比較しても断然安いです。

     器も盛り付けも素晴らしい。それにとんかつですか。これも珍しい。

     全体的に安い。そして美味しいとなれば人気店なること間違いないですね。

     
    2006/05/29(月) 13:24:03 | URL | そばがき #2Wn1LQjg[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >