豊島園 「手打ち蕎麦 雨幸」

2006/06/06/09:29  [東京の蕎麦]練馬区 画像あり

3ヶ月も前から決まっていた行事。
まさかその時には、こんな姿になっているとは思わずにいたのだが、せめてこの日までにはよくなって、是非とも訪れたいとずっと思っていて…。

何とかがんばりながら、電車を乗り継ぎ豊島園駅へと向かう。
さすがにちょっと歩くのは大変だったので、タクシーで近くまで行き、そこからお店へ。
…が、ほんっとに、全くの住宅街 。(そのどれもが素敵なお家ばかり~)

何度も何度も,何度も…迷いながら、やあっと、ひとつほんのり灯る明かりが見えてくる。



   手打ち蕎麦 「雨幸」

自宅でやっているという、住宅街にある素敵なお店。知らなかったら、ふっと、通り過ぎてしまうくらいに、さりげなくおろされた暖簾。全体に漂うセンスが清楚で、そしてとても素敵で…、すでにわくわく。
昨夜は、その3周年のお祝いの会。


普通のお家の玄関を開けて、靴を脱いで入ると、庭に面した座敷の部屋にテーブルが4つ並べられている。横の部屋はテーブル席の部屋も。
20060606000848.jpg
並べられたひとつひとつの小物もとても素敵。
ほんのり灯るランプ、その置かれた古箪笥など奥様のセンスのよさが伺える。

こういう民家でのお部屋だと、緊張しちゃう雰囲気があったりするけど、なんだか温かみが感じられてほっと寛ぐ。


20060606001106.jpg
そしてこのお部屋の何よりもの特徴は、この障子。
なぁんと、「雨幸」の文字が枠組みされてる!
裏側から、ライトアップしている演出が、なんとも幻想的で、不思議な感覚が。

箸袋の文字印に至るまで、ご夫婦のこだわりが感じられるなぁ。


…と、人数も揃ったところで、乾杯と
20060606000836.jpg
私もそうだけど…、
皆さん、ぐるぐる歩き回ったこともあり、
まずは、ビールで。

各テーブルに置かれた、ガラスの器のランプがまたいい感じ♪


おまかせのコースはこんな感じで…
20060606001040.jpg
3点…、いや4点盛り。
甘さを控えた京風の出しまき卵。
丸められた大根おろしがかわいい♪。
しっかりとした「板わさ」に、
ぴりっと辛い「山葵菜漬け」
そして、白髪ねぎがたっぷり盛られた
「鴨のロースト」


ひとつひとつが、とても丁寧に作られて暖かさを感じる品々。
20060606001054.jpg
この辺りで、日本酒に変えて…、
まずは、「一の蔵」

二合で頼むと、こんな粋な樽仕立てで。
これもなんだか、楽しい♪

まったりとしたお酒は、常温で。


20060606001706.jpg
まるで貝殻のような凝った器に
「八方湯葉」

湯葉と煮含めたしいたけなどに、八方だしの味付けがなされ、ふんわりと、とろろがかけられた、繊細な一品。
日本酒にばっちり。


20060606001624.jpg
揚げたての「天ぷら盛り合わせ」。

山芋、ゴーヤ、なす、そして海老。
山芋のさくさくとしながら、滑らかな食感がおもしろく、ゴーヤの青々しさが香ばしくもあり、美味しい。
そして、海老も絶妙な揚げ具合。
添えられた、抹茶塩が又、質のよさを伺える。


20060606001532.jpg20060606001018.jpg

こちらのお酒は、あと「想天坊」。よく冷やされ、爽やかなお酒で蕎麦前にとてもいい。
そして、「蕎麦の酒 蕎」。フルーティなお酒で、まるでジュースのよう。

いい感じになってきた辺りで、お待ちかねのお蕎麦。
ここの器は、本当に素敵なもので、揃いのどっしりとした陶器にすのこを敷かれて盛られる。

20060606002032.jpg
20060606002043.jpg

茨城 美野里産の蕎麦粉を、十割で打った蕎麦。
やや濃い目のクリーム色の蕎麦は、丹精に切り揃った勢いを感じる細切り。
20060606000948.jpg
まずは…と、手繰ろうとすると、濃厚な蕎麦の香りが漂う。
ん~…、芳しい。
口に含むと、しっとりとした腰の、もちもち感も感じる蕎麦。喉越しも爽やかで、かみ締めていくとこれも蕎麦の風味、後にはやさしく甘みを残していく。


つゆは、やや甘めのまろやかなもの。辛口のものが最近多いが、こちらの汁は、きちんと取られた出汁にきれいにまとまった甘みが、柔らかさを感じさせてくれるようで美味しい。

ナチュラルな蕎麦湯で薄めると、それがとてもよく感じられ、これまでの締めくくりとして満足させてくれる。
20060606000905.jpg
…と、うれしいデザートも♪

手作りの「杏仁豆腐」は、爽やかなほどよい甘さのさっぱり仕立て。
飲み食いしたあとの清涼感と、甘味で、やっぱりデザートはうれしい。


いやぁ、又格別の、楽しい夕べに
初めてお会いする素敵な方々とのお話も、又、温和で優しそうなご主人とのお話もとても楽しく…、
そして、素敵なお料理と共に、こういう空間で手繰れる蕎麦の幸せ。
ご招待して下さったM様、本当にありがとうございました。

いろいろ気を遣って頂きながら、素敵な初夏のひと時を、又すごせました。

素敵なお店だったし、今度は、ぷらり~と、友人と訪れることができるといいな
(でも、又迷いそうかも・・)

3週年を迎えて、これらますます楽しみな素敵なお店。本当にご馳走様でした~・・

*お品書き
せいろ 600円、辛味せいろ 700円、とろろ 750円、鴨せいろ 850円
かけ 700円、天ぷらそば 1,000円、天ぷら3点 400円、6点 600円
茶豆 300円、板わさ 350円、出し巻き 400円、鴨スモーク 400円など
想天坊、一の蔵 500円~



20060606000932.jpg
手打ち蕎麦「雨幸」

東京都練馬区向山3-26-2
03-3999-5059
11:00~14:00 / 17:00~20:00
火・水曜休

お店のHP
















関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/393-da11dae7

◄ prev next ►