FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    茨城 「信太の里」 田畑の中で味わい豊かな常陸秋そば
    2017年11月19日 (日) 23:40 | 編集

    所用で実家に帰省し一泊。
    帰りに、父のお墓に寄って…futt.gif

    お昼は、前回遅くなって諦めたお店に行ってみようと、
    土浦から阿見町へ抜け、
    町中の通りから細道を入っていくと…、

    17-11-18 店

    周り一帯広がる田畑の中、
    忽然と現れる、土蔵のような不思議な建物。

    17-11-18 店あう

    入り口に、堂々となびくのは「常陸秋そば」の旗。
    常陸秋そばに拘る、自家精粉 手打ち蕎麦屋 niko.gif

    阿見町 「常陸秋そば そば処 信太の里」

    以前は築150年の古民家でやっていたのを、
    3年程前にここに移転してきたそうで…、

    暖簾をくぐり扉を開くと、
    喉かで温かみのあるワンフロア。
    もうすぐ2時という時間でも、まだまだ何人ものお客さん niko.gif

    17-11-18 品そばは

    空いていたテーブルの一つに腰を下ろし、
    品書きを手にすると、
    「江戸流」蕎麦打ちの説明書きがあり、

    17-11-18 品

    冷たいお蕎麦に温かいお蕎麦と一揃い。

    17-11-18 品けん

    茨城はさすがに寒くって、
    「けんちんそば」に惹かれたけれど…

    まずはやっぱり「せいろ」が食べたい。
    私は「せいろ」に、彼は「卵とじソバ」に決め、

    17-11-18 そばきた

    待つこと程なく、二つのお盆が到着~。

    17-11-18 にもの

    お盆の上には、嬉しい小鉢付き。
    蓮根たっぷりの根菜の煮物に、

    17-11-18 つけもの

    大根の漬物も添えられ、

    17-11-18 そば

    笊に盛られた蕎麦はやや太めでほんのり緑色、
    うっすらと薄茶の欠片が透ける粗挽きそば

    17-11-18 そばたべ

    手繰れば、鼻孔にふわりと香り、
    ほのかにざらつく穀物感に、
    もっちりとしたしっかりとした腰加減。

    噛みしめる毎に広がる、
    常陸秋そばならではの香ばしさと甘みがあり、
    山葵はちょっと残念だけど、
    「蕎麦を食べてるー」という感覚がしっかりの充足感 niko.gif

    17-11-18 たまご

    一方、湯気立つ彼の「玉とじソバ」は、
    青菜に蒲鉾、椎茸のトッピングに、
    えのきやしめじを玉子でとじてて、

    17-11-18 たまきの

    手繰る姿は、見るからに美味しそう

    17-11-18 たましる

    気になり途中でちょっと交換。
    早速すすった汁は、すっきりと品よく、
    卵の優しい甘みが広がり、とっても美味しい hahha.gif

    17-11-18 たまそば

    蕎麦は、熱々の汁に浸ってほろりとほぐれ,
    「せいろ」とは違う、優しい食感となりこれも良く…、

    17-11-18 蕎麦湯

    頃見て出された蕎麦湯は、白濁濃厚。

    17-11-18 柿

    「二人で食べてね」と柿のサービスが食後にうれしく…、
    和やかで美味しいお昼ご飯に。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    今度きたら是非、
    本場茨城の「けんちんそば」食べたいな。

    IMG_0328_20171119233121e9c.jpg
    「常陸秋そば そば処 信太の里」

    茨城県稲敷郡阿見町若栗2675-2
    029-887-2508
    11:00~14:00
    金・土・日・祝日営業
    禁煙
    Pたくさん


    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >