FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    岡本 「き乃や」 閉店
    2006年06月11日 (日) 18:06 | 編集
    八幡山に用事があったので、帰りには、是非ともここに!と、寄ってみる。
    もう、ずいぶん前から、「行こうよ~・・」と言っては、振られてきたところ。

    砧公園の横道あたりを走らせると、どっぷり年月を感じるようなお店に出くわす。
    な~んだ・・、ここ、以前は時々自転車で走っていたあたりだったんだ、と、ちょっとびっくり。
    20060611180347.jpg

     石臼挽自家製粉 手打そば 「き乃や」

    マンションの一階部分がお店で、その前にはたっぷりと駐車場が配されている。
    20060611180249.jpg
    風格あるのれんのかかった入り口の横には、外に面して石臼や、打ち場が見える。
    こういうのが見えると、やっぱり期待を感じてきちゃう。

    通りから見える看板にも、
    「石臼挽き 自家製粉」と書かれてるし・・・


    ちょっと、暗めで地味な感じの扉を開けると・・・
    20060611180258.jpg20060611180214.jpg

    なんというか・・、とっても庶民的なお店。
    ずらっと並んだ、二列のテーブル席。そして、入り口すぐには、これはちょっと雰囲気のいい囲炉裏席。昼過ぎでも、結構人が入っていて、憩う・・というよりは、皆、蕎麦を楽しんでいる感じ。大衆食堂・・というか、よくある街のお蕎麦屋さん風で、気軽な雰囲気は気楽さがあっていい。花番のおばさんの対応も、シンプルでいて心得たもの。

    つまみ類の種類は、あまり多くはなく、ここはやっぱり蕎麦を純粋に楽しむタイプのお店らしい。
    で、「せいろそば」をお願いする。

    混んではいたが、手際よく出された「せいろそば」

    20060611180336.jpg

    真四角の蒸篭に、中太のグレー色のしゃきっとした蕎麦が盛られている。
    薬味は、ねぎの白い部分とわさび、そして大根おろし。
    20060611180205.jpg
    手繰ろうと、口元に近づけると、青々しい蕎麦の香り。
    かなり固めのしっかりとした腰。しかと捏ねられたような、穀物の凝縮感を感じ、かみしめると蕎麦の、これまた清々しい風味が豊かに広がる。
    これは・・いい。
    信州蕎麦のようなしっかりとした蕎麦でありながら、のど越しもいい。


    つゆは、まろやかさも加わりながらも辛口のさっぱりとしたもの。
    この蕎麦に、このつゆの濃さが丁度よく、つゆだけ舐めて旨い!というよりは、蕎麦と共に手繰っておいしいつゆ。
    でもって、ここの山葵がこれまたよく利く山葵っ。。

    なんで今までこなかったんだろう~っ・・、と思ってしまったくらい。近かったのに、こんなに美味しい蕎麦屋があったなんて・・・
    20060611180239.jpg
    きちんと、食べ具合を見ていてくださる花番さんは、食べ終わる直前あたりに、すっと蕎麦湯を出してくれる。
    これも、うれしい心遣い。
    ナチュラル・・?か、やや白濁した蕎麦湯は、蕎麦の風味が溶け出し美味しい。


    んー、来てみてよかった。。
    この蕎麦だと、温かい汁にでも負けずに風味をよりかもし出しそうで、食べてみたくなる・・。向かいのお客さんの「鴨汁そば」もかなり美味しそうで、ちょっと興味が・・。

    彼は、というと、品書きにあった「いくらそば」にかなり興味を持っているようで・・、これは再訪近いかな
    何はともあれ・・、長年来て見たいなぁ、と思っていたお店にこれて、しかも、満足な蕎麦で大満足。
    雨は、憂鬱だけど・・、ちょっとにこにこしちゃいそう~
    壁にかかった見事な亀も、いのししも・・・、んー、ごちそう様でした。

    *お品書き
    せいろ 735円、鴨汁せいろ 945円、おろしなめこ 945円、おろし山菜 945円、
    つけとろ 998円、いくらそば 1155円、天せいろ 1199円、あられそば 1,050円
    そばがき 945円、天ぷら 1345円、なめこおろし 430円、いくらおろし 473円


    20060611180229.jpg
    石臼挽自家製粉 手打そば 「き乃や」

    世田谷区岡本3-10-4
    03-3417-5882
    中休みなし・・?
    木曜休 駐車場10台
    禁煙






    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    たんぽぽ様
    そうそう、私もお聞きしました。
    ご主人が蕎麦アレルギーになってしまって、のことだそうです。

    こちら、志美津やさんの御親戚なんだそうです(^^)
    2009/01/21(水) 09:11:11 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    かつ久
    「き乃や」は、今は「かつ久」として和豚もち豚のトンカツ屋さんになったようです。

    http://futakotamagawa.seesaa.net/article/112384942.html
    2009/01/21(水) 08:36:02 | URL | たんぽぽ #mtZVGoSA[編集]
    そば小申様
    先日は、本当にありがとうございました(^^)。
    それはそうと・・
    やはり、そうなのですか。。。

    残念です。
    もう一度、私も伺っておきたかった・・・。
    情報ありがとうございました。
    2008/02/18(月) 06:57:37 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    やはり閉店です!
    先日「くりはら」で御一緒させて頂いた霞の会の I です。
    本日岡本3丁目の「き乃や」を見てきましたが、残念ながら改装ではなく、やはり閉店でした。
    簡単な文面でしたが“平成19年10月31日を持って閉店”の張り紙も出されていました。
    良い店だったのに残念です。
    2008/02/17(日) 23:14:45 | URL | そば小申(こざる) #qXQVIHQI[編集]
    そば好き様
    私もちょっと聞いたのですが、閉店されたのではなく、全面改装・・・とのお話だったようです。ちょっと未確認なので、きちんと分かりましたら、又、こちらで報告致します。

    きっと・・・
    大丈夫だと思います(^^)
    2008/02/03(日) 17:45:25 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    残念ながら
    久々にきのやへ行ったら廃業した模様です・・・
    非常に残念です
    2008/02/02(土) 15:13:33 | URL | そば好き #-[編集]
    もり様
    お久しぶりです。どうしてるかしら・・、なんて、この間、たか志の近くを通りながら思ってました。

    ここ、き乃や、そうです、そうです。風味の濃い田舎蕎麦。
    よかったです。もっと早く来ればよかったと、思ったほど。
    お店に、昔の立派な一軒屋だった頃の写真が飾ってありました。一度、伺っておきたかったな、なんて思って。。

    そうですよね、ここまで来たら、宇奈根もすぐなんですよね。
    相変わらず、行きたいお店のひとつ。
    いずれ行って見ます!その時は、はい♪カウンターで(^^)
    2006/06/16(金) 12:33:15 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    「き乃や」 なつかしい

    もりです。ごぶさたしていました。
    順調に回復されているようで良かったですね。

    昔、き乃やのすぐそば、徒歩3分くらいのところの住んでいたことがあり、立派な田舎風の一軒家のころに、家族でよくおじゃましました。

    時々近くは通るのですが、ビルになってからはなぜかおじゃましていません。

    記憶では、グレーのやや太め、風味の強い田舎蕎麦?だったと思います…。思い起こしてみれば、私が蕎麦好きになった原点かも知れません。

    蕎麦だけでなく、大海老の天麩羅に引かれていました。
    まるごと出てくる海老の頭をかじりながらビールというのが、父親と私の定番でした。

    これは、久しぶりに行くっきゃないですねエ。

    ところで、天麩羅と言えば、岡本まで足をのばすことがあるのでしたら、宇奈根の山中を試してみてください。その際はぜひ、カウンターで天麩羅、をお勧めします。

    2006/06/16(金) 08:34:42 | URL | もり #-[編集]
    icchan様
    安心してください!再開してました。
    私も、情報では知っていたのですが、以前は、立派な家屋のお店だったとか・・。

    でもっ!私は、とっても満足なお蕎麦でしたよっ。(以前は知らないのですが・・)
    是非是非、又。
    行かれたら、感想聞かせていただけたらうれしいです。
    2006/06/12(月) 01:17:39 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    再開店したのですね
    この店は暫く訪問していませんでしたが、営業を始めていたのですね。数年前はよく通った店でしたがある日訪問したら暫く休業しますの看板。暫くして訪問しても閉店のまま。あきらめてご無沙汰していましたが、営業しているなら今度また訪問してみます。この店は“蕎麦命”を感じる店で、私はお気に入りのしかもとっておきの店でした。味や空気が変わっていないことを祈って訪問してみます。
    2006/06/11(日) 23:06:09 | URL | icchan #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >