つれづれ蕎麦 
    野方 「太平庵」
    2006年06月19日 (月) 18:13 | 編集
    なんでも、地元の支持の高いお店が野方にあって・・、入院中から行きたいな、と思っていたお店へ。

    野方駅前から伸びる商店街を抜け、右折するとだんだん駅前の喧騒が穏やかになってくる。
    こういう商店街は、宝物探しのようで、やっぱり好き。
    右を左を・・と眺めながら、ゆっくりと歩みを進めると、小さな公園の横に目指すお店が見えてきた・・。

    20060619181047.jpg


      「きそば 太平庵」

    なびく藍色の旗も、そしてお店にかかった暖簾も、ほどよい感じで見ただけで好感


    平日の昼下がり・・。
    のれんをくぐって、扉を開けるとほどよく人の込み入った店内。
    入り口すぐの、囲炉裏を囲んだ席にちょっと惹かれたけど、先客がいたので、奥の空いていた席に腰を落ち着ける。

    20060619202441.jpg
    しっかりとした木のテーブルは、重厚に黒く塗られ3席ほど並び、向かいには又、雰囲気のいい小あがりが3卓。
    壁の感じ、和紙で作られた照明の落としすぎない明るさ。そして、さりげないようで、細かな飾りつけに心配りのある店内。
    静かに流れるBGM・・、すべてがなんだか非常にしっくりきてしまう。


    ただ、さくっとお蕎麦を手繰って行こう・・と思っていたのに、この空間に座ったら、それだけでなんだか憩ってしまって・・ ちょっと、ゆっくりして行こうかな。。

    広げた品書きは、結構バラエティがあって、「水ナスのあんかけせいろ」や、季節の「若鮎天ぷらせいろ」などなど・・、ランチのセットも1,000円以下からあったりと、見てるとちょっと楽しい。

    20060619180930.jpg
    ・・・の中から、なんだかとっても天ぷらが食べたかったので、「天もり」を選び、天ぷらを先にお願いする。
    そして、お酒は、ここでは一色。
    「菊秀」を。
    充てに、枝豆を添えて頂き、薄青いグラスに注がれる。
    ん・・ すっきりとした爽やかな口当たり。美味しい。


    ほどなくして、目の前に天ぷらも。
    20060619180950.jpg
    シシトウ、なす、レンコン、キス、海老、そして舞茸。
    始めに口にしたシシトウを食べてびっくり。これは・・・!美味しい。
    ここまで心地よくからりっと揚げられた天ぷらはそうないのでは・・、と思ったほど。又、この衣がとても旨い♪。野菜やキスは、カラッと。そして、ナスは溶ろけるような、まろやかな感じに。。


    別に出していただける天つゆは、最近は珍しいような・・、ちょっと甘めのつゆ。これも又いいのだが、塩でも食べてみたいくらいの天ぷら・・。
    すっかりこの天ぷらで堪能してしまう。。季節の若鮎の天ぷらも食べてみたいなぁ~・・。

    ・・と、ほんのひと時を楽しみ、そろそろお蕎麦を。。と、隣の方が「ひとつ田舎で」という注文をしてる!。田舎そばがあるんだ・・と、見ると挽きぐるみのような濃い目の色のお蕎麦。妙に気になって、女将さんに尋ねると、田舎は殻ごと挽きこんだお蕎麦とのこと。ついでにお蕎麦は、北海道産。

    じゃっ・・と、ちょっと悩んだけど(ふつうの蕎麦も食べたいしぃ~っっ)、田舎をお願いしてみる。

    20060619181058.jpg

    そして、田舎蕎麦。おっしゃった通り、挽きぐるみの蕎麦は、濃い目でちょっと太めの蕎麦。その切り口のエッジの鮮やかさがとてもそそられる。
    20060619181001.jpg
    強烈とは言わないが、やさしく漂う蕎麦の香り。
    もちもちとした腰があり、かみ締めると後から、蕎麦の素朴な味わいが広がる。
    太めでありながらも、もそもそとした感じは不思議となく、啜りこんだ後ののど越しは爽やか。

    いいねぇ、これも・・・


    つゆは、やや濃い目のもの。深い出汁の香る地味だが、しっかりとしたもので、蕎麦とのバランスもいい。
    20060619180937.jpg
    蕎麦と一緒に・・ではなく、きちんと頃合を見て出して頂ける蕎麦湯。こういう、細かい采配が、実はとてもうれしい。

    しかも、やさしく白濁した蕎麦湯で、これはお酒をちょっと入れた後にことさら美味しい。


    女将さん(?)の接客も、とってもやさしくて、心温か・・。
    いいな、ここ♪すっかり気に入っちゃったっ 今日、ここに来たことが、なんだかとっても自分にとっての発見のようで、とってもうれしい気分。

    ご馳走さまでした~・・ 絶対、又寄ってしまいそう♪。今度は、普通のお蕎麦も食べてみようっと。

    *お品書き
    せいろ 550円、天せいろ 1,200円、若鮎の天ぷらせいろ 1,380円
    つまみ 400円~ 生ビール 580円、菊秀 (本醸造)480円(特別純米)780円


    20060619180921.jpg
    「きそば 大平庵」

    中野区野方5-19-11 
    03-3337-4082
    11:30~15:00 / 18:00~21:00
    土曜休 禁煙




    しかも・・、今日は思いがけない素敵な出会いまでも・・・♪


    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2012/02/18(土) 10:56:55 | | #[編集]
    そばがき様
    そう、珍しいですよね。ナスだけは、ほとんど素揚げに近いくらいで、がくに近い部分だけうっすらと衣がついただけでした。
    その分、とろけるようなナスに仕上がっていて・・。ナスもいいものだと思います。
    2006/06/20(火) 12:39:15 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    てんぷら 美味しそう
     ナスのてんぷらの揚げ方が
    独特ですね。
     ころもをほとんど付けずに
    勉強になりました。
    2006/06/20(火) 06:08:29 | URL | そばがき #2Wn1LQjg[編集]
    真秀様
    そうそう、、ぷらり寄ってみたいでしょでしょ。
    いいですよー、(^^)ここ♪
    あ、日曜日はやってますよんっ
    2006/06/20(火) 00:14:40 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    南無さま
    まあっ、だったら、だったら、お会いできたかもしれなかったのですね・・。

    ここ、いいですねぇ~・・、
    ちょっと気に入ってしまいました♪
    2006/06/20(火) 00:13:41 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    何か
    よい感じの店では、無いですか。
    土曜休は、ちょっと痛いですが、
    ぶらりと寄ってみたいですね。
    2006/06/19(月) 23:57:53 | URL | 真秀 #p6owyR5Q[編集]
    残念でした・・・
    今日、若鮎天せいろを食べに行く予定で家を出たのですが、新宿へ出たので、気になっていた「せお」さんに寄ってしまいました。
    明日行ってきます!!
    2006/06/19(月) 22:21:53 | URL | 南無 #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >