FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    洗足 「すぎやま」 内緒にしておきたい素敵な隠れ家
    2018年04月01日 (日) 22:56 | 編集

    洗足駅すぐの高級住宅地の中に、
    ふと目に留まった気になる一軒 niko.gif

    18-4-1 店

    看板はどこにもないけれど、
    椅子の上に、さりげなく置かれた名刺には、
    「蕎麦と季節の料理」の文字。

    蕎麦っ!?それを見た瞬間の鼓動の高まり ドBF6F~1

    …だけど、不定休の完全予約制。
    この時はふらりと入れず、ずっと気になっていて…、

    18-4-1 店入り口

    改めて予約を入れて、
    ようやくその横の緑に囲まれた階段を降り、

    18-4-1 店扉

    なんて素敵なアプローチ、扉を前に胸がときめく、
    念願のお店に伺う事が hahha.gif

    洗足 「蕎麦と季節の料理 すぎやま」


    しっぽりとした照明に包まれた、
    広々としてゆったりとしたエントランスで、
    お母さまに温かく迎えられ、

    18-4-1 9店内

    入ればまず、モダンな小上がりの部屋があり、
    その先に、一枚板の大テーブルが贅沢に置かれた、
    個室仕立ての部屋が二つ。

    通されたテーブルに腰を下ろせば、
    座った途端に憩い寛ぐ居心地のよさ love.gif

    18-4-1 品1

    まずは、ビール、お料理はコースのみ、
    頂くのは、「蕎麦遊膳」(4,000円) niko.gif

    …と、ちょっと顔を出して下さったご主人。
    嬉しくお話しさせていただくと…、

    やはりっ、この趣き溢れる佇まいに設え、
    「蕎麦遊膳」という品書きといい、
    これまで、立川の「無庵」にいたのだそう hahha.gif

    18-4-1 ビア

    も~う、それだけで胸が高まる、
    早速ビールを注いで、今宵に乾杯~ 乾杯_M~1

    18-4-1 1とうふ1

    まずは「先付」。
    姫皮の餡がかかる、「竹の子そば豆腐」

    18-4-1 1とうふたべ

    とろりとした餡の出汁の美しさに、
    滑らかな蕎麦豆腐の中には竹の子がごろごろ。
    蕨に若芽と…、素晴らしく美味しい love.gif

    18-4-1 品2

    たまらず、お酒の注文~、

    18-4-1 1さけ

    秋田 「山本」 純米吟醸原酒 7号酵母

    18-4-1 1さけのみ

    酒器も猪口のセンス良く、
    まるでメロンのような美しいお酒に、

    18-4-1 2前菜

    「無庵」ゆずりの心躍る、
    「季節の点心盛り合わせ」

    18-4-1 2前菜tako

    しっとりと味が染み柔らかく、
    頭に詰まったぷちぷちとした卵(飯)がたまらない、
    「飯蛸の柔らか煮」、

    18-4-1 2前菜kunsei

    「蕗の翡翠煮」に、「ホタルイカと鴨の燻製」、
    「小鯛のマリネ」がはっとする程美味、

    18-4-1 2前菜ao

    まろやかな酢味噌の味わいが光る、
    「アオヤギのぬた和え」。

    18-4-1 2前菜wasa

    ほのかな辛さが新鮮な、「山葵菜のお浸し」に、

    18-4-1 2前菜take

    嬉し~い「焼きたけのこ」
    絡めた返しが馴染み、これも絶品っ buchu-.gif

    18-4-1 2さけ

    どれもこれもが皆美味しい、洗練されたお料理に、
    山形 「米鶴」 山廃純米大吟醸生

    18-4-1 3みそ

    のびるを添えた「焼き味噌」は、
    ふっくらと焼かれ、具がたっぷり、
    味わいも優しく、この焼き味噌、とても好み

    18-4-1 4ひらめ1

    「季節の魚と野菜のサラダ」は、
    山椒ドレッシングの、「ヒラメのカルパッチョ」

    香ばしいクレソン、柔らかな蕪、
    新鮮なステッィックセニュール、
    さっぱりとしたヒラメに香り豊かなドレッシングが見事。

    聴けば、ご主人自ら、休みの日毎に、
    尾山台の大平農園で野菜の収穫をしているそうで、
    どの野菜も瑞々しく、口に運ぶのが楽しい hahha.gif

    18-4-1 4さけ

    上品なヒラメに合わせて、
    宮城 「綿屋」 純米原酒 生

    18-4-1 5てn

    続いて、「季節の天ぷら」、
    見るからにサクっと揚がった、
    香り弾けるフキノトウに、滴るようなタラの芽、

    18-4-1 5めひかり

    ツメのかけられた、「メヒカリ」の美味しい事 buchu-.gif

    18-4-1 6さけ

    岩手 「AKABU」 純米酒
    置かれているお酒、皆好みでそれも嬉しく…、

    18-4-1 6つけもの

    最後の「漬物」も手のかけられた物、
    「菜の花の昆布〆」に「谷中生姜の甘酢漬け」
    それに、「筍の返し漬け」 buchu-.gif

    も~う、これだけで、
    すっかり「すぎやま」さんのファンになっちゃう。

    18-4-1 7そばきた

    そして…、いよいよお蕎麦 niko.gif

    18-4-1 7そば

    こ、これは…、美しい
    透けるようなグレーに蕎麦のホシ散る、
    輝くような、手挽きそば。

    18-4-1 7そばたべ

    手繰ればふわりと広がる香りよく、
    きりっと〆り、瑞々しくしなやか、
    すっと軽やかに喉落ち、口に広がる豊かな風味。

    18-4-1 7やくみ

    添えられた薬味も丁寧、
    もり汁もまろやかで、これも美味、
    「すぎやま」さん、お蕎麦も美味しいっ love.gif

    18-4-1 7蕎麦湯

    ほんのりと濁った風味豊かな蕎麦湯を、
    余韻を楽しみ、たっぷりと頂いて…、

    18-4-1 8かんみ

    最後の楽しみ「デザート」は、
    さっぱりとした「文旦のジュレ」に、
    「とちおとめ苺」がうっとりする程甘く…、

    はぁ~、座っているだけで憩い、
    心に響くお料理に、胸打つお蕎麦、
    心から、素敵な宵のひと時に…

    ご馳走様でした〜 hahha.gif

    開店してもうすぐ1年、
    だんだんにアラカルトも考えているそうで…、
    ここも内緒にしておきたい、まさに隠れ家。

    まだお若く、ちょっとシャイなご主人も素敵 m001.gif
    又ぜひ、伺わせて頂きます hahha.gif


    IMG_0002.jpg
    「蕎麦と季節の料理 すぎやま」

    目黒区洗足2-23-10
    03-3788-6938
    11:30~14:00 / 7:30~20:00
    不定休
    完全予約制




    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >