FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    千歳台 「蕎亭 仙味洞」 
    2006年07月02日 (日) 23:14 | 編集
    八幡山での用事を終えると・・・、2時を回ろうとの時間。
    で、久しぶりに、千歳台の「仙味洞」に訪れる。ここは、彼も結構気に入ってる蕎麦。
    しかもしかもっ、休日は特に昼3時まで営業してくれているお店はうれしい~・・
    20060702231157.jpg
    昼もとうに過ぎた時間だというのに、たっぷりとられているはずの駐車場も、残す1台限り。
    相変わらず地元?に人気のお店。

    にわか雨に振られてたなびく暖簾。
    町によくあるお蕎麦やさん風だけど・

       「蕎亭 仙味洞」


    年月を感じる、幾度となく人の手に触れてきたような味わい深い扉を引くと、ほぼ満席。それぞれに、遅いお昼をのんびりと寛いでいる空気は変わらない。
    20060702231205.jpg
    片方の松葉を手にした私に気を遣ってもらったけど、もう♪大丈夫
    お座敷にかろうじて空いていた席に座ることに。
    お座敷4つの席の奥の壁には、年代を感じる「友蕎子」の額が飾られていて、何度となく目にしてはいるけど、いつも改めて読むこの一文は、心に響いてくる・・。


    こちらの、うどんもいっつも興味があるのだが・・、やっぱりお蕎麦で♪。
    20060702231224.jpg
    それと、今日はまだ食べたことのなかった天ぷらも。
    「天ぷら盛り合わせ 小」

    かぼちゃにしいたけ、ナスと海老が2尾。
    出汁のすっきりした、天つゆが共に出される。

    ほお、こちらの天ぷらもかなり美味しい♪


    そしてほどなく、お蕎麦も目の前に。
    20060702231318.jpg

    「せいろそば」は、なぜか不思議なんだけど、割子ふたつに盛られてくる。
    20060702231132.jpg
    やや白めの蕎麦は、その切り口が鮮やか。やや太めかな?くらいの蕎麦で、歯にしっくりと返す腰と、のど越しのよさを携えた蕎麦。
    そして・・、噛み締めるとじわりと、甘みが広がる。
    鰹の風味豊かなマイルドなつゆと合わさると、さらに美味しい。
    また、ここの山葵が利くきくっ・・・

    20060702231213.jpg
    彼はせいろの大盛で。

    で!
    やっぱり、?なのは、大盛だと、普通の笊に盛られること。
    (まあ、どうでもいいんだけど・・)


    ナチュラルに白濁した蕎麦湯を、たっぷり頂いて・・、久しぶりだけど、やっぱり満足なお蕎麦。
    今日もまた、ご馳走さまでした~

    *せいろ 730円(大盛300円まし)天ぷら盛り合わせ 小1,050円、大1,600円

    蕎亭 仙味洞」
    世田谷区千歳台3-9-5   03-3484-4548
    11:00-15:00 / 17:00-20:00 
    水曜休 P9台


    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >