FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    武蔵関 「天龍庵」
    2006年07月06日 (木) 20:20 | 編集
    武蔵関といえば、「にはち」さん。
    ・・・なので、今日もこちらでと思ったが、某レストランガイドでなかなかいい評価をされているお店があるので、今日はそちらでお昼を頂いてみることに。

    武蔵関南口を出て、三浦屋さんの前を通って登っていくと、こっち側はこっち側で、ちょこちょことお店があるんだ・・。バス通りしか歩いたことがなかったので気づかなかったけど、なんて思っていると、お目当てのお店が左手に見えてくる。

    20060706200944.jpg


     「手打ちそば・うどん 一品料理 地酒 天龍庵」

    おおっ、店先にはメニューサンプルのショーウィンドウ。しかも!冷やし中華??

    少々の不安を感じながらも、戸を引いてみる。
    なるほど・・、外見のイメージ通り?のお店。入ると、天井近く置かれたテレビが鳴っていて、(昼だけど)居酒屋の雰囲気。ご近所さんが、なごやか~に、ビールやチューハイを傾け楽しんでいる。
    でも、決して嫌な感じはなくて、こういうお店は近所にあるといいかも・・、と思えるような、思い切り気を抜いて寛げる空気。

    ただちょっと、蕎麦屋の雰囲気とは違うかな・・?
    テーブル席が、6つほどの広いとは言えない店内は、親しみやすい居酒屋然。

    空いていた奥の席に落ち着き、まずはっとお品書き。んんっ?すごっ、ここのメニューも、そばありうどんあり、丼あり、定食あり・・・(しかも安っ!)。これは、ひとつ間違うと危険なタイプではあるんだけど、その中からとりあえず、「野菜天ざる」を海苔なしの「野菜天もり」にしてもらうことに。
    20060706201342.jpg
    少々の不安はあったものの、柱には、「当店の蕎麦は、北海道幌加内産の蕎麦を二八で打っています。」との紙が貼られてる。しかも、「無添加」の文字も。

    品書きと一緒に置かれているのに、なんとっ!
    こちらの蕎麦が、都心のいくつかの蕎麦居酒屋に卸しているとのこと・・。


    こういうの、あるんだ・・。
    なんて思いながらも、行きやすいお店をチェックしたりも・・

    そうこうしてると、目の前にまずは「野菜天ぷら」が。天つゆとたっぷりの大根卸添え。
    20060706201057.jpg

    ちょっと、濃い目の上げ色の、かぼちゃ、ナス2切れ、ピーマン、にんじん、掻き揚げが盛られてる。これが・・!見た目以上においしいもので、ちょっとうれしい。衣の花を纏う天ぷらではないのだが、素揚げに近い、薄い衣で揚げられた天ぷらは、いつまでたってもかりかり。これは・・、つまみにかなりよさそうな天ぷらかも。。

    そして、遅れてお蕎麦が目の前に!。
    20060706200928.jpg

    かなり細切りの蕎麦は、微粉のような細かな星。そして、その切り口の斬新な鮮やかさ。
    これは・・!イケそうっ。
    20060706201256.jpg
    手繰りながら、顔を寄せると、強烈とは言わないけど、香ってくる!
    そして、口に含むと丁度いい、心地いい張りのある腰。その歯ごたえを感じつつ飲み込むその、爽やかな喉越し。これっっ!穴場な蕎麦だよっっ 。これが、もりで530円っ??
    かみ締めると蕎麦の風味も漂うし・・


    これが、今風の(ちょっと素敵な)お店だったりしたら・・、なんて思ったけど、な・ぜ・か、そうならないで欲しいような気分になってくる。旨い、この蕎麦は、確かに旨い。

    20060706201421.jpg
    そして面白かったのは・・、
    こちらの薬味は、ねぎと(多分)練山葵、ゴマ、
    そして!大根おろしではなくて、大根たたき。

    多分、叩いて崩したのであろう、乱切りの大根が非常にいい。つゆに入れ、蕎麦と時折からまるそのしゃきっとした感覚が、面白い。

    むむむむ・・・、こんなお店で、この蕎麦が出るとは・・

    ああ、だから、やめられないよ、なんて思ってしまう。
    ここは、これでいい。ぜんっぜんおしゃれじゃないし、憩う意味も違うけど、有名になったりして欲しくないような、不思議にそんな気分になって・・・。

    花番(と言うんだろうか・・)の娘さんも、ちゃきちゃきした美しい女性だし、ここは・・、地元のお店としておこう♪。でも、この蕎麦又、食べたい・・、と既にそう思ってる。
    つまみは(安くて)豊富だし、お酒もそれなりにあるし・・、隣は銭湯だし(^^;、今度は、どんなシチュエーションで来ようかしらん♪
    見ると中休みもないっと。。

    またまた、もっけもんのお店見つけちゃった気分

    さてさて、バス停へ・・と、お、これも近くってラッキー♪

    *お品書き 
    もりそば 530円、冷やし納豆 750円、冷やしたぬき、冷やしきのこ 800円、
    冷やし力 850円、穴子天ざる、野菜天ざる 各950円、海老野菜天ざる 1,000円、
    たぬき・きつね 600円、卵とじ 650円、肉南 800円、鴨南 850円、カレー800円
    セットもの(カレー、卵丼、カツ丼、親子)~900円、ほか定食も1000以下
    地酒 高清水450円、梅錦、鬼ごろし、久保田千寿 、久保田万寿、出羽桜、飛露喜、田酒、十四代 750円~  一品料理 350円~


    20060706201352.jpg
    手打ちそば・うどん 一品料理 地酒
      「天龍庵」

    練馬区関町北1-15-8
    03-3929-3470
    11:00~22:00(日~21:00)
    出前11:00~21:30
    月曜休









    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    はぐれ雲様
    コメントありがとうございます。
    >遠すぎる
    んー、残念!でも、素敵なお店って、いっぱいあるから、きっとお近くにも・・・。
    こういう、たから探しのような出会いは、楽しいです。
    2006/07/09(日) 04:48:12 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    こんにちわ
    いつも楽しく拝見させていただいています

    天龍庵、好きなタイプのお店です
    すごくいってみたいです
    でもちょっと遠すぎる(ーー;)
    2006/07/07(金) 18:44:06 | URL | はぐれ雲 #-[編集]
    tatenon様
    あ、あらっあらっ、じゃ、じゃ、結構ご近所さんだったりして・・。

    そうそう!
    ここは、見掛け倒しですよねー(いい意味で)
    もちょっとして、公共のお風呂にも入れたら♪、風呂上り~・・で行きたいですっ。
    定食も食べてみたくなってきましたぁ。。
    2006/07/06(木) 23:36:15 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    手打ち蕎麦を出すお店では、我が家から最も近いお店(徒歩10分強)。メニューも多く(確か出前も)駄そば屋感溢れています?!が実は悪くないですよね。
    PS.隣の銭湯(第2亀の湯)はいかにも昔ながらの銭湯、のんびりなごめます。「にはち」さんの少し向こうの松乃湯(石神井台7-11-1)は現代的な?スーパー銭湯でこれも実に素敵。(なんとなくそば屋同様に対照的)
    2006/07/06(木) 23:25:50 | URL | tatenon #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >