FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    神田 「眠庵」 かけそば
    2006年08月11日 (金) 23:38 | 編集
    今日もまたまた、残業でくたくた。足は、久しぶりに神田へと・・。
    ぼんやりと灯る光の路地の先に、懐かしいような民家の引き戸の、「眠庵」。

    20060813103632.jpg
    8時も回った時分、
    ひときわの喧騒が過ぎたような
    静かな店内で・・。

    まずは、ヱビス小瓶でほっと。

    今日頂いたのは、「小夜衣」純米吟醸。
    やさしく上品にふわりと香っていく、清々しい初夏の風のようなお酒。

    20060813103654.jpg20060813103946.jpg

    あての豆腐は、いつもにも増し甘みのしっかりしたもの。


    今日は、ここらでお蕎麦を・・。まだ頂いたことがなかったので、「かけそば」を頼んでみる。
    20060813103502.jpg

    琥珀色の汁に放たれた蕎麦は、凛として勢いを感じる。
    その汁を口に含もうとすると、鰹のふわりとした香りが立ち食欲を沸きたてる。香りと共にその鰹の上品な風味の、すっきりとした出汁の汁が旨い。甘辛のバランスの取れた、上品だがしっかりとしたかけ汁。
    20060813103742.jpg
    そこで・・、ついでに途中で、
    焼き海苔を乗せ、ちょっと蒸してもらって
    「花まき」にまでしてもらう。

    これが、又旨い!
    香ばしい磯の香りがふわ~と昇り、
    海苔の風味と味が染み渡る。

    ん~・・・なんて贅沢な、一品でふた味のお蕎麦

    20060813103725.jpg
    そして、二皿目は、「鹿児島の蕎麦」。

    目の前に出された途端に、この得もいわれぬうっとりするような蕎麦穀物の滋味な、濃い香り。口に含めば、完璧なまでの腰とのど越しに、苦味と甘みそして、穀物の深い味わいが広がる。


    いつもながら、満足な蕎麦。
    そして、満足な夜のひと時。

    今日も又、本当にご馳走さまでした・・
    そしてすぐに、次はどんな蕎麦だろう、又来ようと、そう思ってしまう・・・。





    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2006/08/25(金) 23:22:48 | | #[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2006/08/25(金) 23:03:23 | | #[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2006/08/25(金) 05:15:50 | | #[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >