FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    駒形 「蕎上人」
    2006年08月22日 (火) 20:41 | 編集
    人形町での所要があり、終わったのが昼すぎ。
    丁度いい・・。このところ、何となく、「基」なる処をやっぱり訪れてなくては、と思っていたから。

    この所よく、出会うお蕎麦屋さんの親であるお店。なんだか、まだ敷居が高いような気がしていたけど・・。人形町から都営浅草線に乗ればほんのすぐそこ。場所は分かってる。

    20060822203511.jpg

    ちょっと、緊張した気持ちを抱えながら、「浅草」で下車。何度も訪れている町だけど、このお店の前に来るのは初めて・・。

    殺風景なビルの間に、ここだけ、静かな威厳のようなオーラが漂う。

     「駒形 蕎上人」

     

    一呼吸置き、しみじみとこの看板を眺めてから、格式さえも思わせる引き戸を引く。

    蕎麦の上人・・。
    まだまだ私なんて、足を踏み入れていいのだろうか、と思っていた空間。
    そこは・・、ゆったりとした静かで、落ち着いた貫禄をも思わせる、何人をも落ち着かせてくれるような、しっくりした空気が落ちている。

    派手さや、取り入った飾りつけをするでもない、それでも、このしっとりと包み込むような、老舗の空気。 すぐに、和むこの居心地。
    4人がけのテーブル席が二つと、一枚板で出来た8人分の大テーブルが、ゆったりと配され、何段か上がったところに小上がり。

    一人だったので、この大テーブルの一角を案内され、椅子を引く。
    テーブルに置かれた品書きを広げると、ここにもやはり老舗の貫禄のような気配がふわりと・・。
    壁にかけられた、「本日の蕎麦」は6種程。

    「三色蕎麦」を頼もう・・。それと、テーブルに置かれた、手書きの小さな折に「ランチビール100円」なんてあったので、それも頼んでしまう。

    三色蕎麦は、壁にかけられた蕎麦から選ぶもの。せいろと田舎と・・、変わり蕎麦は、しそ、芥子、レモンが出ている。まだ食べたことがなかった、「レモン切り」を選び、「ランチビールも・・」と告げると、「暑いから、美味しいですよ 」、なんて言ってくださる女将さん?も、またとてもいい。

    20060822203609.jpg
    すぐに出されたのが、
    まずは「ランチビール」

    わぁ、かわいいっ。
    ほんっと、二口くらいで飲み干せちゃいそうなもの。

    でも、この最初の一口が又格別に美味しいの


    くいくいっと、飲み干したところで、(やっぱり美味しい~っ )、20060822203726.jpg

    まずは、蕎麦とっくりと蕎麦猪口が置かれる。

    信楽焼かな?
    手にしっくりくる猪口に、汁を注ぎ、ほんのちょっと舐めると、甘辛の按配のいい、まろやかな汁。

    ・・・美味しい。


    そして、程なく、三色蕎麦が、正方形の蒸篭に形よく盛られて目の前に。
    20060822203354.jpg

    この薬味の葱の美しさ。ちょっと舐めてみた山葵のフレッシュ感。
    んんんー、さすが、いいな。

    20060822203406.jpg

    まずは、「レモン切り」から。
    口元に寄せると、爽やかな酸味のようなフレッシュな、レモンを切った途端に弾ける、新鮮な香り。
    かなりの細切りだが、しっかりとした腰で、生き生きとした生命感を感じるような蕎麦。
    口に含むと、香り以上にぱあっと広がる、柚子よりも清冽なフレッシュな清涼感。
    これは、又、こういう暑い夏にぴったり♪
    思わず、ほとんど汁をつけずに頂いてしまった。。

    20060822203420.jpg

    次は「せいろ」を。
    ちょっと透明感を感じさせるような、丹精な細切り。蕎麦の粒は見えないが、手繰り寄せると豊かに蕎麦の香りが鼻をくすぐる。
    水切れもよく、しっかりとした腰に、蕎麦の風味が弾けるような蕎麦。
    喉越しも申し分なくて、これだったら、するするといけてしまいそう。

    20060822203446.jpg

    そして、最後に、やや太打ちの「田舎蕎麦」。もっと、太打ちかとおもったが、信州蕎麦くらいのやや太めの感じで、私にはうれしい太さ。
    ゆっくりと、鼻を寄せると、これが濃い濃い、滋味なる、私の大好きな蕎麦の香り。
    んんん~・・ ちょっとうっとり。
    そして、手繰ると、もっちりと弾力を感じる蕎麦は、しっかりと噛み締めて。香り同様に、この蕎麦の味も深く濃いもの。これは・・、美味しい田舎だなぁ。

    なんだか、夢中で食べ進めてしまったけど、最後に熱々の蕎麦湯でほっと。蕎麦汁はやはり旨い。

    ちょっと、しみじみと周りを見渡すと、ほどんどが常連さんのようで、ちょこちょこと女将さんや、花番さんと世間話などしてる様子。ああ、浅草、なんだ、なぁ・・。
    なんだか、とてもこの街に住む人、この街で暮らす人々が羨ましいような、不思議な感覚を感じて・・。

    あったかい町なんだろうな、浅草って。

    とてもとても、敷居の高いように思えたお店ではあったけど、ほんの一時、ふっと休めた心地をもらえた気分。蕎麦はさすがに美味しい。(ちょっと高いケド・・

    こんな、お店で、粋にお酒を頼んで、蕎麦を手繰れるようになりたいな、などとふと思う。
    ご馳走さまでした。。お弟子さんのお店と、似たものがあるかと思ったけど、いやいや違う。ここは、やっぱり、一茶庵のお店。

    ああ、今度は、この一段上がった小上がりで、しっくりとやりたいな~・・なんて、思いつつ・・、
    ご馳走様でした 。。


    今度は立石か、なぁ・・・

    *お品書き
    せいろ、田舎 各1,000円、変わりそば 1,300円、三色蕎麦 1,400円、五色蕎麦 1,800円
    ぶっかけ 1,500円、鴨せいろ 1,900円、天せいろ 2,800円、そばがき 1,200円
    板わさ、月見いも、とんぶり 600円、焼きのり 400円、玉子焼き 800円など
    日本酒各種 1,000円、ビール 700円、グラス400円、ランチビール100円


    20060822203714.jpg
    「駒形 蕎上人」

    台東区駒形2-7-3
    03-3841-7856
    11:30~14:00 / 17:00~20:30)
    月曜、第2,4日曜定休



    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    青木様
    本当に、お久しぶりです。
    「いさと」さん、最近雑誌に載られていて、思い出していたところです。

    そうそう、こちらのお店で修行なさったお店、結構ありますよね。それで、ぜひ、行ってみたくなったんです。
    「芭蕉庵」さん(名前も素敵・・)、行ってみたい・・・。

    だんだんと、足もよくなりつつ、来月くらいから、私も少しずつ、花も復帰しようと思ってます。又、どこかでお会いできるといいな、なんて思ってます。
    2006/08/24(木) 07:53:28 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ご近所の贔屓店
    お久しぶりです
    突然の「いさと」からの便り以来ですね!

    レモン切りの美味しい蕎上人は私の地元(歩いてすぐの近所)の贔屓店「芭蕉庵」のご主人の修行店なんですよ
    夫婦二人で営んでる「いさと」とは又カラーが違う良い蕎麦屋です

    僕も相変わらず蕎麦と寿司と花の日々を送ってます(最近ちょっとウドンにも・・・長野の小麦を石臼で挽いて手打ちするウドン職人に少しハマッテます)
    2006/08/24(木) 03:40:16 | URL | 青木 #-[編集]
    zukunasi様
    行ってきました♪
    はい、しっかりーとした腰でした、でも、美味しかったです。

    あの雰囲気がなんとも言えず・・、
    いいですねぇ。下町の、ずっと続いてる年月の積み重ねの良さというか。。

    お孫さん?まあ、お会いしたいなぁ・・(^^)
    2006/08/23(水) 21:01:04 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ついにぞ
    ついにぞ 行かれましたか?
    硬い!歯が折れそうなんて思いませんでした?
    でもお店は浅草の3世代家族ぐるみご近所ぐるみの雰囲気が伝わる感じがします。御主人のお孫さんがかわいいです。良いですよね。この雰囲気。
    2006/08/23(水) 15:54:29 | URL | zukunasi #-[編集]
    蕎麦麩羅座様
    う、羨ましいっっ~・・。
    ご主人とお知り合いというのも、そして、あの!小上がり(すっごくあそこに座ってみたかったです)で、て、天ぷら蕎麦・・。

    いつか私も頂きたいです。
    お隣に座っていたご婦人の食べていたぶっかけ、玉子焼きも、又とても美味しそうで・・。
    次回は、誰かと訪れたいです。

    おいもやさん♪
    大好き!もうちょっと歩けばよかったです。
    今度はそちらも・・。

    足の方も、だいぶよくなってきました。
    まだちょっと、すぐ片足だけ疲れちゃうんですけど、がんばります(^^)
    2006/08/23(水) 11:29:15 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    そばがき様
    そうだったんですかっ。。

    はい(^^)
    手打ち教室、ありました。
    表にも看板がちゃんと出ていたし。

    この日も、又、どこかで新しくできるお蕎麦屋さんの卵さんたちがいるのかしらん~、なんて思ってました。
    2006/08/23(水) 11:25:44 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    いつ登場するかと、待ってました。
    yukaさん、ご無沙汰しております。足の方は大分良い様ですね。

    来ちゃいましたね!蕎上人さん。私はこちらのご主人
    (店の方々は先生と呼んでらっしゃいますが)と御縁があり、よく行くのですが、
    先日も小上がりで奮発して天せいろを頂くことにしました。
    待ってる間ふと目を通路にやると、水槽の中には車海老が・・・
    『あぁ、あの元気に泳いでいるどれかが、数分後には私の胃袋の中に・・・』
    と思うとなんかかわいそうな気がしてきました。
    でも出された天麩羅と蕎麦のおいしさに、さっきまでの『かわいそう』を忘れて
    ペロリとたいらげてしまいました。満足満足。

    こちらに来たとき必ず寄るのが、数件先並びの“おいもやさん興伸”です。
    ここの大学芋も絶品ですよ~。あっ、蕎麦から脱線してしまいましたね。
    2006/08/23(水) 11:02:54 | URL | 蕎麦麩羅座 #sKoBetRI[編集]
    蕎麦教室
     東京で訪ねた数少ないお店のひとつです。

     3Fで蕎麦教室を開いておりましたが
    今でもあるのでしょうか。
    2006/08/23(水) 10:02:27 | URL | そばがき #-[編集]
    よしのふぁん様
    はいっっ、がんばって、敷居をまたがせてもらってきちゃいました~・・。
    でもでも、まだまだ、私には不相応かしらん。
    もっと、ね、お・と・な・・(笑)にならないと!な~んて。

    でも、小上がりで粋にやってるおじ様方を見ると、まだまだとおもってしまいました。

    亀・・・?ありがとうございます(^^)
    私でも、ちょっとは進歩してるんですね♪
    2006/08/22(火) 23:13:48 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    あ~あ あこがれ~の♪
    行ってみたいけど、私にヤ敷居高いかも・・・

    いやいや、お○段が高いかも・・・?
    で、ランチ麦酒だけ、ってのはナシ?(笑

    そうですか、一茶庵系統だったでしたかね、是非とも近場にいるうちには行くべきでしょう!(グワンバリマツ
    レモンきり美しい(溜息

    美しい盛り付けですね。もちろん、材料から造りまでの拘りがビシビシ伝わる画像です。有難うございました。

    ユカさん、デジ亀随分上手くなりましたね!
    (褒めてます。ホント、まじで。)

    2006/08/22(火) 22:18:29 | URL | よしのふぁん #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >