小平 「吟」

2006/08/23/18:38  [東京都下の蕎麦]小平市 画像あり

午後から病院なので、病院からも比較的近場の小平でお昼。
20060823181958.jpg
久々に小平の「吟」さんへ伺う。

電車で来るのは初めてだったけど、
小平の駅を北に出て歩くとほどなく。

相変わらず、粋な暖簾がそよいでる。

 「手打そば 吟」


 


昼少し過ぎ。
最近、雑誌に出たこともあったので、混んでたらどうしよう~・・と、どきどしながら、暖簾の横の小さな蹲を見つつ、引き戸を開ける。

テーブル席が6つほどの小さな店内は、先客が二組。よかった、座れる
どうやら、常連客のようで、花番さんと気楽に話しもされてる様子。ご近所からも、愛されている様子で、なんだか和やかな感じ。

今日は、前回は、「卵とじそば」だったし、ずっと前に見たこちらの天ぷらがとっても美味しそうだったので、「天せいろ」を頼む。

ほどなくして、天ぷら。
20060823182139.jpg

んーっ、見るからに美味しそう♪

夏野菜がふんだんにあしらわれた、豪華な天ぷら。
ナスに、茗荷、ニガウリ、オクラ、玉ねぎ、そしてしっかりした実の海老が二本
非常によく揚げられた天ぷらで、さくさくっとする食感が十分に楽しめる。
やや、天つゆが弱いようにも感じたので、これは塩でも食べてみたい美味しい天ぷら。

そして、お蕎麦も目の前に。
20060823182126.jpg

瑞々しくしく光る蕎麦は、丹精に切りそろった細切りの蕎麦。
20060823182016.jpg
口元に寄せると、おおっ、豊かに香り放つ
ここの蕎麦、こんなに香ったかしら、とうれしい誤算。

口に含むと、これまたしっくりとした腰がなじみ、噛みしだくと香ばしい蕎麦の風味が豊かに広がる。
いや・・、これは、
確実に蕎麦が美味しくなってるっ!


相変わらず、盛りはたっぷりで、かなり満足なお昼に。
やっぱり、一度、こちらで夜にでも、しっぽりとすごしてみたくなってくるなぁ。
20060823182041.jpg
頃合を見て出された蕎麦湯は、
どんっと、大きな朱塗りの湯桶で。

熱々で、別に作られた白濁したポタージュ。
いやぁ、美味しかったです♪

後から又、夏休みかな?の家族ずれが訪れはじめ・・


確実に、美味しくなってきているお店がなんだかとてもうれしく感じる。
帰り際、「雑誌見ましたよ」と告げても、飄々としたご主人。
聞くと、今は、外イチで打っているのだそう。
「9月に入ったら、だんだんと新そばになりますよ♪」とのこと。

又、来てみよう・・。今度は、夕刻にでも、ゆっくりと。
今日は、ご馳走さまでした~・・


「手打そば 吟」

東京都小平市美園町2-9-7  042-344-7732
11:00-15:00 / 18:00-21:00 月曜休  
駐車場2台

以前の記事など
関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/450-46b11118

◄ prev next ►