富倉 「はしば食堂」 - 夏旅行①

2006/09/07/22:53  [甲信越の蕎麦]長野 画像あり

9月4日 2006年 夏旅行 1日目

やっと、今年も我が家の夏旅行

・・とはいえ、まだ足も完璧ではないので、今年も又、車で移動の旅行にする。
なかなか行けないでいた、北信州を回ろうと・・。

と、言うのも、ずっと行きたい~と思っていた飯山の本場富倉蕎麦、
「はしば食堂」のおばちゃんのお蕎麦が食べたくて。

上信越道豊田飯山ICを降り、飯山街道から富倉峠を入ると、ずんずんと山並みの景色。のどかで広々とした景色が広がり・・、それがますますと深くなって行ったころ、ふと、かわいらしい看板「はしば食堂」がところどころに見えてくる。まるで、道案内でもしてくれるかのように、行く先々で、「この先」の看板が、わくわくする気持ちをさらに沸きたててくれる。

そして・・、こ、こんな道 ??
なぁ~んて思う、山道を入っていくと、ほどなく・・、切立った山間に「はしば食堂」の看板が貼りついたかわいらしい建物が、はっと目の前に現れる。

あれだ、あれだっ やっと・・、着いた~♪

20060907224450.jpg

山間にのどかに建つ、のどかな建物。その背景には、広大な山の景色。

20060907224628.jpg
ちょっと手前の、大雑把な駐車場に車を止め、
急な野道を降りていく。

そのまま・・、
富倉のおばちゃんちにでも伺ったような
そんな入り口。
すっかり気持ちも、くつろぎモード


飯山市の山間・・・ 「幻の富倉蕎麦 はしば食堂」


開け放たれた入り口を入ると、それこそ、田舎の親戚の家にでも上がるような玄関。
靴を脱ごうとすると、すぐ、念願!のおばちゃんが、小窓から顔を出してくださり、
「お二人?どうぞ~・・」と。

靴を脱いで上がると、無造作な座敷が広がる。
大きな窓は、開け放れていて、広大な野山の風景がいっぱい。
とんっ、とんっ、とんっと、シンプルなテーブルがいくつか並び、座布団が置かれる、シンプルというよりも気取りもない、田舎の座敷の空気そのまま。

テーブルには、それぞれ、(懐かしい)ポットにお茶、そして急須(蕎麦茶)、そして、チューブの練り山葵。
この気取りのなさ、大雑把な大らかな感じが、いい!
「気取らずに、ゆっくりしてこー」と、飾らず、気取らず、素のままでいられるような。
実家に帰って来たような、そんな不思議と落ち着く気持ち。

吹き抜ける風が、又なんて気持ちがいいんだろう・・。
20060907224930.jpg
通されたものの、うんともすんともなく、
えっと・・と、品書きは、
壁に張れたこれのみだ。

おかれた湯のみで、セルフにお湯をいれ、
蕎麦茶を注ぎ、座布団にしかと腰を下ろして
ほおっとしてると・・


改めて、おばちゃん登場♪
そしてそして、次々と目の前に並べられる小鉢の数々・・。

20060907224433.jpg


わぉっっ これを用意していてくれたんだ・・。
「かぼちゃの煮物」に、「なすの味噌炒め」「茗荷の浅漬け」「つぼ漬け」。
そして、この豪快な薬味のねぎ。

ま、まだ、何の注文もしてないのに・・っっ?ーで、改めて、「並蕎麦」を二人前。
20060907224539.jpg20060907224602.jpg

いやあ、しかし、この「カボチャの煮物」が、ほんっとに美味しい!
ほくっほくで、とっても甘い。砂糖とかの甘みではない、自然の野菜の甘さ。

そして、素朴ながらも懐かしい味付けの、ナスの味噌炒めがこれまた美味しい。

「美味しいね~~っ」と言いつつ、これらを代わる代わる食べていると、程なく、猪口と大きめな徳利が置かれ、すかさず・・・

「並」そば、二人前が、豪快な笊にぼっち盛りで目の前に。

はしば

こ、これまた豪快っ!!
東京だったら、4人前って言ってもいいくらいの、たっっぷりの盛り。
20060907224553.jpg
瑞々しく光る、透明がかったグレーの蕎麦。
やや平打ちのような細切りの蕎麦は、しっかりと冷水で〆られていて、口に含むととても気持ちがいい。
そして、ぷりっとした強い腰。
かみ締め、かみ締め、それでいてのど越しが爽やか。
蕎麦の素朴な風味を残しながら、喉を降りていくのが楽しい。


こんなにいっぱい??
なんて、思ったのに、意外にもスルスルと入ってしまう、美味しい蕎麦。

やや薄めの信州独特の蕎麦汁は、どっぷりと浸して♪
これが、この蕎麦にはとても美味しい。なぜか(?)練り山葵まで、結構に思ってきてしまう~・・

細かい事を、言ったり考えたりしないで、素のままで気楽に食べな・・
っというかのような、暖かい気持ち一杯の素朴な蕎麦。

かなりの量があったのに、二人でするすると食べてしまう。
20060907224615.jpg
・・・と、
「一個だけあまったから」
と、おばちゃんが、「笹寿司」まで置いてくださる。

これが・・!
又、なんだかひどく美味しい♪


そのまま、私たちのテーブル横に腰を据えたおばちゃんと、和やかなお話などなど・・。
もぉ~っ、ほんっと、かわいらしくて、魅力的なおばちゃん♪
ついつい、一緒に写真も取らせてもらったりして、親戚のうちにでも帰って来たような、不思議な寛ぎ。

20060907224706.jpg
白濁していた蕎麦湯を聞くと、
「蕎麦を茹でた湯に決まってるよー」
とのこと。

でも、この蕎麦湯が、又美味しくて。



来てよかった・・。
なんというか、言い表せない味。
この、暖かく、それでいてしっかりと美味しい蕎麦。長い間、この辺りの人々が食べてきた歴史と、人のぬくもりさえも感じられるような・・。

東京でも富倉蕎麦は、食べた。
でも!違う。
本当の富倉蕎麦は、やはり、ここ、「富倉」でしか味わえない!と、染み渡るように心に伝わる・・。
 
「又、来てよね~」と、何度も言ってくれたおばちゃん。
又!食べに来ます。ほんとに、ほんとに、ご馳走さまでした~

*お品書き
並そば 800円、大盛 1.000円、笹寿司 600円、ビール 600円、お酒 400円


20060907225239.jpg
「はしば食堂」

長野県飯山市大字富倉3206
0269-67-2340
9:00~15:00(売り切れ仕舞い)
無休




この日は、渋温泉「古久屋」にて。まーた、この宿がごっきげん♪♪

関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/460-1ddbe2df

◄ prev next ►