つれづれ蕎麦 
    小布施 「せきざわ」 - 夏旅行②
    2006年09月07日 (木) 23:40 | 編集
    9月5日 2006年 夏旅行 2日目

    念願だった渋温泉での、文字通り温泉三昧の一泊をしたあと、翌日は南下して、「鹿教湯温泉」へ。
    鹿が傷を治した・・という温泉とのこと、私の怪我の湯治にもなるかなぁ・・と。

    そしてこのルートを選んだもうひとつの理由は・・ 

    20060908073243.jpg
    又、長野に来ることがあったら、
    何が何でも行きたいと思っていた、
    「せきざわ」さんに寄ること。

    少し早めに着いたので、小布施の街中をぶらぶらして、再び!


    平日だというのに、お昼ちょうどの時間には、なんと駐車場がほぼ満車。やっと、一台分だけ空いていてほっと・・。さすがだなぁ~。。

    20060908074236.jpg


    こんなに早く、再び訪れることができるなんて・・、と、感激しながら、記憶に新しい暖簾をくぐる。

    「そば玄 せきざわ」
     

    20060908073204.jpg
    檜の匂いの漂う玄関を入り、扉を開けると、
    相変わらず、どこか山小屋のロッジのような、
    ゆったりとした空間。

    入れ替わりにお客さんが入ってくるけど、相席にしないのはうれしい配慮。
    今回は、入り口すぐのゆったりとしたテーブル席で。


    品書きを広げ、とりあえず眺めたが、もう頼むものは決まってる
    絶対に、こちらの「かけそば」が食べたかったので。
    今回は、変わりそば、粗挽きそば、かけの「温(ハル)かけ三昧」。
    彼は、前回私が食べた、生粉打ち、変わりそば、粗挽きの「そば三昧」。

    20060908073314.jpg
    お茶が出された後に、
    名入のお盆の上に、
    今回は、そば汁が入れらた蕎麦猪口。

    薬味は、ねぎのみ。


    まずは・・、彼の「そば三昧」の「生粉打ちそば」。

    20060908074217.jpg

    きれに繋がれた、細切りの丹精なそば。横で「旨い!」と彼も思わず でしょでしょっ?

    そして、程なく「変わり蕎麦」。この日は、「紫蘇切り」とのこと。
    なんて・・・!鮮やかで美しい色彩なんだろう。

    20060908074157.jpg

    20060908074205.jpg

    あんまり忙しそうで、お話を聞くことができなかったけど、紫蘇のエキスをも混ぜ込んだのだろうか。自然のことの色彩。そして、ところどころに紫蘇の葉の破片が練り込まれている。

    しっかりと腰を持ちながらも、なんて爽やかでやさしい口当たり。さらりとしたしなやかさの蕎麦を手繰ると、清々しい紫蘇の香りが上品に漂う。
    思わず、汁なしでほとんど食べてしまったほど・・。
    前回の「生一本」も素晴らしいものだったけど、こちらの変わりもいい!。柚子も、桜も・・と、季節の変わり蕎麦を食べてみたくなってくる。

    そして、(私は)二枚目の「粗挽き」蕎麦。
    こちらは丸ぬきを粗挽きにしたもので、透明感のある蕎麦の粒が覆う。
    20060908074225.jpg

    一瞬、粗挽きに見えにくいが、よく見ると表面を覆う蕎麦の欠片が美しい。
    20060908074622.jpg

    思わず顔を寄せると、蕎麦の深い香りがふわり~と漂ってくる。
    まずは一口。知ってはいたけど、このもちもちとした感触。かみ締めると、蕎麦の風味がじわりと広がり、手繰る毎に楽しい。

    同じ粗挽き蕎麦でも、「せきざわ」の粗挽きは所謂田舎風蕎麦ではなく、あくまで上品でそれでいて蕎麦の野趣さをも兼ね添えているよう。
    田舎蕎麦や粗挽きが苦手な彼も、「これは旨い」と・・・。

    そして、最後に待ち焦がれていた「かけそば」。薬味には、浅葱の小口切りと、梅干。
    「途中から、こちらを入れると、又違って楽しめますよ」と奥さん。
    20060908074137.jpg

    この淡い、透明な甘汁。おおよそ、これまでに見たかけ汁とは全く違う!


    まずは、汁をすすると・・、お、美味しい!
    蕎麦の汁というよりも、お吸い物というような、上品で非常に香り高い。甘さをほとんど感じさせない、すっきりとした汁。
    これだけで・・、立派な一品料理として満足してしまいそう。

    そして、これにはられた「生粉打ち」蕎麦が、汁の中で凛として生きている。
    この旨汁と蕎麦の風味が合わさり、得もいわれぬ味わい。

    途中で、言われた通りに梅干の果肉を加えると、すうっと梅干の酸味が広がり、爽やかさが加わる。これも面白い
    いやぁ、この「かけそば」は絶品。さらにさらに・・と、「冷やかけ」も食べたくなってしまってる。
    最後の一滴まで飲み干してしまい、大満足。

    出された蕎麦湯は、今日は蕎麦の風味が溶け出した、さらりと白濁したもの。
    鰹の風味の汁で溶き、これでも、又堪能~・・

    念願の「かけそば」が食べられて、満たされた思いでほおっと。
    ごちそう様でした・・。
    やっぱりここはいいなぁ~。
    今度は、冷やかけか、卵とじか・・、又何度か来なくちゃならなそう

    *そば三昧 1,400円、温かけ三昧 1,550円


    PICT1545.jpg
    信州 小布施 
    「そば玄 せきざわ」

    長野県上高井郡小布施町中松872-9
    026-247-5652
    11:30~14:30 / 17:30~19:30
    火曜夜、水曜休み
    前回の訪問







    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    魔笛様
    本当に…。ぷらっと行けないのがつらいところです(:_;)
    2013/03/26(火) 05:54:58 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    美味しいですよね、ここのおそば
    私もここのおそば、大好きです。ほんと、何度でも行きたい位に。
    2013/03/25(月) 15:15:19 | URL | 魔笛 #-[編集]
    zukunasi様
    はい、健全・・というか、とても元気でした。
    新そばの頃は、タイヤを履き替えなくちゃならないかしら。
    冬の長野もいいでしょうねぇ。
    あ、その前に、紅葉の秋の長野!
    何度か伺っているけど、いいですよね。

    ・・・行きたくなっちゃってます、又早くも(^^;;
    2006/09/14(木) 10:27:17 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
     この様子ですとはしばのおばちゃんもせきざわのご主人もお元気の様子。
     この秋の新そばも楽しみになってきました。
    2006/09/13(水) 12:59:22 | URL | zukunasi #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >