つれづれ蕎麦 
    上田 「くろつぼ」 - 夏旅行③
    2006年09月08日 (金) 23:27 | 編集
    9月6日 2006年 夏旅行 3日目

    静寂なる温泉地、鹿教湯温泉。渋温泉とは、又まったく違う、静かで落ち着いたしっとりとした温泉地。さわさわとそよぐ風の音までが、耳に留まっていくように、空気がしんっと落ちていく・・。

    そんな中で、シンプルにしっとりと、再びお湯で癒された一日をすごす。時々見かけた湯治客と一緒に、きっときっと、私の足にも効いてくれますように・・・

    たっぷりと、夜も朝もと温泉を堪能して宿を発ち、今日は長野最後の夜を松本で。
    そして、お昼はちょっと廻って上田で頂こう♪と向かう・・。
    何年か前に訪れた(別所温泉に行った折)上田城周りの公園を散策して、お目当てのお店へ・・。

    20060908075627.jpg
    上田城からほどなく。
    信濃国分寺駅をすぎて、ちょっと車を走らせると、街道に建つ電信柱に控えめな看板が見え、それを頼りに折れると・・

    草陰に涼しげに、
    風流な看板が目にはいる。


    20060908075527.jpg

    「そば処 くろつぼ」





    交通量の多い信濃鉄道に沿った通りから、ちょっと入っただけで、しんみりとしたのどかな風情。
    たっぷり取られた駐車場に車を止め、石畳の階段を登ると、暖簾たなびく俳味ある店が佇む。

    店前に飾られた草花が、又心を和ませてくれるような・・。
    ほぉ・・ なんて思いつつ引き戸を引く。

    ちょっとしたウェイティングルームと言うべき空間があり、店内へ。
    アンティークの古和家具などが、ところどころ置かれた、ちょっとかわいらしい店内。

    小さめなカウンター席に、ゆったりとしたテーブル席が3つ程、奥には小上がりの一室があるかと思うと、個室仕立てのような席も。
    ところどころの飾りつけも、和む和のもので飾れたセンスのいい店内。

    空いていたテーブル席に通され、品書きを広げたところで、花番さん(?女将さんかな?)が、「今、特別に打ってる蕎麦がありますよ」とのこと。
    だったら・・♪と、それを待ってみることに。
    それと、電話で予めお願いしておいた、限定の「粗挽き田舎蕎麦」をお願いする。
    20060908075618.jpg
    出されたお茶をすすりながら待つと、
    しばしして、目の前に、
    蕎麦とっくりと薬味、猪口が置かれる。

    汁は鰹の風味が香るまろやかなもの。
    薬味は、ねぎと山葵、そして大根卸。


    まずは、目の前に、「限定10食」の「粗挽き田舎蕎麦」。
    20060908075512.jpg

    20060908075645.jpg
    濃い目の色の、やや太めの蕎麦。
    しっかりとした腰の蕎麦で、
    やや短めではあるが、そのもっちりとした腰のある挽きぐるみの蕎麦をかみ締めると、豊かな甘みが広がる。

    素朴で滋味な、しみじみとした優しい味。
    こういう蕎麦も好きだなぁ・・


    そして、ちょっと遅れて、皿盛りにされた蕎麦が目の前に置かれると・・
    おおっ、これは、東京で時々出会う、置かれただけでふわ~と漂う、濃い蕎麦の風味。
    私にとっては、猫にまたたび的香り

    20060908075443.jpg

    ほお~と、目を落とすと、美しい緑のかかった蕎麦が盛られている。
    20060908075634.jpg
    出してくださったご主人に聞くと、
    特別いい蕎麦が入った時だけ打つ、
    十割の蕎麦とのこと。

    これは、「福井 大野」の蕎麦。

    -なるほど・・


    やや柔らかめに感じたが、蕎麦の風味はとてもいい。
    そして、十割だが滑らかなのど越しの蕎麦で、するすると入っていくもの。

    粗挽きと、十割の両方を頂き、満足なお昼のひととき・・。おなかも、かなりいっぱい~・・。
    20060908075610.jpg
    最後にはデザートの
    「蕎麦の実アイス」

    香ばしく炒られた蕎麦の実の、
    カリカリっと所々あたるのが楽しく、
    非常にうれしい一品♪


    ふぅ~・・、すっかり満足。
    お勘定をしながら、一言二言お話して下った語主人は、ちょっと素敵なまだお若い方。
    「いえ・・、もうそんなに若くはないんですよ ]
    なんておっしゃっていたけど、これからますます期待のできるお店。
    なんと言ってもこのお店の雰囲気がとてもいい・・。

    又、上田に立ち寄ることがあったら、寄ってみたい。
    そして、その時はぜひ、魅力的なお料理で、ゆっくりやりながら・・、なんて想像までして。
    本当に・・、ご馳走さまでした~

    さて、最後の夜は、松本で・・


    *粗挽き田舎そば 840円、ざるそば 682円など・・



    「そば処 くろつぼ」

    長野県上田市国分565-8
    0268-29-6767
    11:30~14;30 / 17:30~20:30
    月曜定休  P9台

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    鍵コメ様
    ありがとうございます♪
    早速訂正しておきました。
    2010/11/23(火) 18:29:07 | URL | yuka #-[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2010/11/23(火) 14:59:55 | | #[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >