FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    白金 「二丘」
    2006年10月12日 (木) 22:22 | 編集
    知人からいいよ、と聞いてから、すぐにでも行きたいと思っていたところ。
    今日は、移動中に途中下車して寄ってみることに。
    20061013100002.jpg
    高輪白金の駅を出て、魚らん坂下の交差点を目指して、ゆるい坂を降りながら、きょろきょろしてると、すぐに反対側の通りの窓に、お店がっ!

    駅近っっ
    こんなに駅に近いところにお店があったなんて・・。


    横断歩道から、反対側に渡ると・・・
    20061013095950.jpg
    道端に看板が置かれてる。
    このビルの2階がお店らしい。

    本当にお店が??というような、なんの変哲もないビルの階段を登ると・・

    シンプルに暖簾のかかった入り口に出くわす。


    20061013095819.jpg

    名前がないので、ちょっと不安だったが、ちゃんと「営業中」の札がさがってる・・・。

    「手打ちそば 二丘」

    扉を引いて店内に入ると、おおっ、午後1時もとうに過ぎた時間ながら、結構人が賑わっている。
    人気のお店なんだなぁ~と、見て分かる雰囲気。
    年齢層もそれぞれで、幅広いお客さんの支持をもらっているようだ。

    そう広い店内ではないが、配置よくテーブル席が8卓ほど並ぶ。
    奥のふたつは、ちょっと仕切りがある感じで、落ち着く雰囲気。

    空いていた席に腰を下ろすと・・・、柔らかい椅子の感じはいいんだけど、どうもテーブルが高い。というか、椅子が低い??ちょっと食べにくそうな感じで、この埋もれてしまう感覚は「本陣房」の本店で座った時の感じを思い出す。

    ま、それはよしとして、お蕎麦♪お蕎麦

    品書きを広げると、蕎麦は「もり」と「田舎」の二つ。
    田舎・・・も気になったけど、とりあえず「もりそば」をお願いしてみよう。

    20061013095921.jpg
    頼むとまずは、薬味と蕎麦猪口が出される。
    丁寧に切られた葱がたっぷり。
    わさびはすりおろされたばかりのような、瑞々しいもの。
    ちょっと舐めてみる山葵が、非常に美味しい。

    汁はちょっと甘めな感じ。


    20061013095941.jpg
    待つ間に見わたすと、目の前にある打ち場では、電動の石臼が回っている。ここも、自家製粉なんだ・・。

    それと、お品書を立ててあるものには、「温泉卵」の文字
    これはうれしいサービスだなぁ、卵好きとしては、ぶっかけか暖かい蕎麦を頼んでみたくなってきてしまう。


    そうこうしているうちに、目の前に「もりそば」が。
    20061013095734.jpg

    薄い茶緑?のような、細切りの蕎麦。
    底下げのざるに盛られて瑞々しく盛られてる姿はとてもいい感じ。
    20061013095746.jpg

    口元に寄せるが、蕎麦の香りはおだやか。口に含むと、しっとりとした腰。風味も穏やかだが、たおやかさを持った蕎麦で、きちんと〆られた感触が気持ちいい。のど越しは見たとおり爽やかで、するすると手繰ってしまう。やや甘めに感じた汁が、なんだか妙にこの蕎麦にはいい感じも。
    しかも・・・、はじめあまり感じなかった蕎麦の風味も食べ進めるうちに、どこかふわりと、感じてくるかのよう。

    突出した個性とかはないかもしれないが、全体的なバランスの整った蕎麦という感じか・・・な。

    ふううむ、なかなかいいかも・・
    特に飲んだ後には、特に、心地いい蕎麦のようにも思える。
    20061013100010.jpg
    頃合いをもって出された蕎麦湯は、急須の湯桶で。

    注いでみて、
    とろみがつきすぎない程度に、十分に白濁した蕎麦湯。それも熱々で、これはうれしい!
    しかも、この汁を薄めると、これがまた非常に美味。
    んー、なんだかすごく満足♪


    呑みながら、品書きをゆっくり眺めると、蕎麦屋ならではの定番の品書きもそろっているし、お酒の品そろえもそれなりに楽しめそうなもの。
    これは、ちょっとゆっくり来て見たいなぁ、という気持ちにもなってくる。

    「田舎」も気になるところだし・・、ゆっくり蕎麦のことについて聞けなかったけど、ちょっと聞いてみたいな。

    ふらりと寄ってみたけど、駅から近いのもうれしいこのお店。
    又、ぜひ来てみよう♪。

    今日は、ごちそう様でした~・・・

    *お品書き
    もり 650円、田舎 650円、大盛 950円、おろし 950円、つけとろ 1,200円、
    鴨汁 1,300円、野菜天もり 1,150円、穴子天もり、海老天もり 各1,300円、
    ぶっかけ 1,000円、花巻 750円、なめこおろし 1,000円、にしん 1,400円など

    鳥わさ 500円、板わさ 600円、そばみそ 500円、ままかり 500円、しらすおろし 700円、
    にしん煮 800円、玉子焼き 800円、野菜天ぷら 700円、海老天ぷら 850円など
    銀嶺立山、春鹿、越乃影虎、酔鯨、黒龍など 600円~


    20061013100020.jpg
    「手打ちそば 二丘」

    港区高野輪1-4-21 高野輪西台マンション2F
    03-3441-1132
    11:30~15:00 / 17:30~22:00(土~20:00)
    祝日昼のみ
    日曜、第二土曜日定休



    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    hearty様
    はい、好きです・・(^^;

    蕎麦屋の帰りにパンを買って帰るパターン、多いですねぇ。
    たまに、一番下に「蕎麦屋の帰りに~」なんて、パン屋を書いたりもしてます。

    2006/10/19(木) 12:42:21 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    パンと蕎麦?!
    yukaさま
    yukaさんもパン好きでしたか?

    いつかパンと蕎麦のツアーが実現できましたらウレシイです。
    2006/10/19(木) 10:31:12 | URL | hearty #dAcHtRKY[編集]
    hearty 様
    ま、まさしくっ、その通りでございますです!

    この私も、実は、パンも大好きで・・・(^^;;
    この後、当然のように、メゾンカイザーに寄り、翌朝用にとパンを買い求めていました。

    ってことで、場所は、そういうことです♪
    2006/10/15(日) 22:41:37 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    えぇー
    メゾンカイザーの二階でしょうか?

    パン好きで実は都内のパン屋さんを網羅している私ですが、灯台元暗らしですね。
    2006/10/15(日) 13:18:03 | URL | hearty #dAcHtRKY[編集]
    一六様
    おおおおおっ、

    そりゃそりゃ、ぜひぜひ試してみなくてはっっ。
    こちらも、お昼の営業が3時までだったのを知り、今度はゆっくり~(^^)伺おうと思います。
    その折には、是非♪

    ありがとうございました~
    2006/10/14(土) 23:27:32 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    次はぜひこれも
    2006/10/14(土) 18:37:19 | URL | 一六 #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >