練馬 「ふるまい蕎麦 ふる井」

2006/11/13/19:40  [東京の蕎麦]練馬区 画像あり

練馬でちょっとした所要を済ますと、昼ちょっと過ぎ。
練馬には、魅力のあるお店がいっぱいあって、迷ってしまうところだが・・、
今日は、ちょっと前から行ってみたいな・・と、思っていたお店へと足を運ぶ。

住所を頼りに、練馬から歩くと・・、ん?見たことのある風景。
あ、ちょっとご無沙汰しちゃってる「法師人」さんへ向かった時の景色だ。

環七にあるエネオスのひとつ先の通りを入る。これは、沼袋へと続く路地。
その道沿いに、ふと、通り過ぎてしまいそうにさりげなく佇む、半地下のお店。

20061113192427.jpg

目立つ作りではないが、丁寧に作られた、という暖かいものが感じられる、不思議な雰囲気。

 石臼挽き ふるまい蕎麦 「ふる井」  

初めて入るお店でいつも感じる、この期待感と、ドキドキした気持ち。
扉を開けた瞬間に感じるものが、意外に後々まで残ったりするもの。

営業中の札は下がっているが、あまりに静かな佇まいに、おずおずと扉を開ける。

ほぉぉ~・・・
すんっと落ちたような空気の、いい感じ。
細長い店内だが、丁度いい照明具合、濃い色合いの木で囲まれた空間は、人をほっとさせてくれるものがある。
4人がけのテーブル席が4卓、二人がけがひとつと、ちょっと囲いを作った小上がり?らしい個室。
1時もとうに過ぎた時分、入りは5分ほど。
空いていた、4人がけのテーブルに腰をおろす。

広すぎない・・というか、小じんまりとした店内だが、その配置、テーブルの大きさ、それらがゆたっりとしてるのか、とても落ち着く。
用事も済ませたことだし、とかく月曜日はゆっくりしたい気満々なので、ランチでちょっと場違いか・・とも、思ったが、この空間にちょっとゆっくりしたくなってしまう。

品書きを広げると・・、これは楽しい♪
ランチのメニューも豊富な上、次々とめくるお料理のメニューには、どれもこれも頼んでみたいものばかり。
しかも、かなりバリューな価格設定に、うれしく迷ってしまう

「三彩」(蕎麦豆腐、鴨ロースト、刺身)とさんざ迷ったが、ちょっと刺身の気分ではなかったし、せっかくの「ランチタイム」♪、「ふるまいセット」(蕎麦豆腐、野菜天ぷら、せいろ、ごはん)に決める。

それと・・・、好きな「正雪」(吟醸)があるのがうれしく、それも・・♪

20061113191934.jpg20061113191725.jpg

ご夫婦でやっているのだろうか・・、きれいな若女将さん?に告げると、笑顔で応対してくれるのが、とてもうれしい。
ほどなくして目の前に出されたお酒は、これまた素敵な陶器の片口。
アテの「鰊の菜の花和え」が、このメロンの味がふわりと香る、爽やかなお酒にとてもいい。
(もしかして、お酒の種類によってアテも変えていたりして・・・。だったらすごすぎるっっ)

ちびちびと、読みかけの本を読みつついると、目の前に「ふるまいセット」が置かれる。
お蕎麦は、お声かけ、でお願いして・・。
20061113192850.jpg

すごいっ、盛りだくさん♪♪ これで(お蕎麦も付いて)800円とは・・!。

20061113191850.jpg
まずは、「蕎麦豆腐」。

ねっとりとしながら、ふわりとした感触。
うんうん、これは美味しい蕎麦豆腐。
かなり好きなタイプかも・・。

20061113192009.jpg
「野菜の天ぷら」は、かぼちゃとナス、シシトウ。
ふわりとごま油の風味もする、カラリと揚げられた天ぷらで、これもいい。

添えられた抹茶塩と、暖かい天つゆの交互で楽しめるのもうれしい。


大好きなお酒に、このお料理。ゆったりとページを捲りつつ堪能できる、このひと時。
そろそろ、お蕎麦を・・。と、「お声かけ」。

20061113192210.jpg

目の前に置かれた蕎麦は、二つ山に盛られた細切りの蕎麦。
お聞きすると、「新そば、音威子府」の蕎麦とのこと。

20061113192232.jpg

さて・・と、手繰ろうとする蕎麦は、瑞々しく盛られた丹精な蕎麦。
まずは、ひとつかみ・・、口元へ寄せると、ん~っ・・蕎麦のしみじみした香りが鼻腔をくすぐる。

20061113192241.jpg

うっとりしながら口に含む蕎麦は、心地良い、たおやかな腰。そして、かみ締める途端から、香ばしい蕎麦の風味がふわ~りと広がっていく。やや、水切れが悪いか?と思ったが、まったくそんなことを感じさせず、最後まで、非常に満足し、あっというまに手繰ってしまった・・。

上質な風味の辛口の汁もよく、これは旨い。薬味のねぎ、山葵、大根おろしも丁寧さが伺える。

いやぁ、いい店だ・・・

この蕎麦で、このコストパフョーマンスの良さ。奥様の接客もとても感じよく、酒の揃いもいい。
さらりと白濁した蕎麦湯を飲みつつ、しみじみと感じ入る。

お勘定をしつつ、お聞きすると蕎麦は、やはり二八とのこと。
丁寧に頭を下げて下さる女将さんが、とても印象深い。
ん~・・、ここも又、心許せる友人たちと来たいお店だなぁ。

ゆっくりと、寛げる時間をも・・、ご馳走さまでした~

思い出しつつ、ほろ酔い気分で、沼袋までの散歩も又、いいなぁ・・


*お品書き
せいろ 600円、変わり蕎麦 750円、卵とじ 700円、季節野菜天せいろ 850円、
二色、白雪とろろ 各850円、天せいろ 1,000円、鴨汁 1,000円、きのこ汁 800円等
鴨なべうどん 1,200円、ねぎとろ丼(小)550円、親子丼 850円、天丼 1,000円

蕎麦の実とろろ 350円、出し巻き 550円、蕎麦掻 600円、鴨焼き 600円、
きのこバターソテー 500円、三彩 700円、白えびの掻き揚げ 500円
食べたいものばかりっ)その他いっぱい!
レディースコース(蕎麦豆腐、出し巻き、鴨、おつくり、サラダ、蕎麦、デザート)1,500円、他コース2,000円などあり

武勇 450円、黒龍、正雪、明鏡止水、上喜元、天狗舞、くどき上手、〆張鶴(650円~750円)

ランチ:丼とのセットなど800円~


20061113191740.jpg
石臼挽き ふるまい蕎麦
 「ふる井」

練馬区豊玉中2-6-5
03-3992-9480
11:30~21:30
火曜日定休



関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/508-5ee81e33

◄ prev next ►