吉祥寺 「よしむら」

2006/11/30/23:40  [東京都下の蕎麦]吉祥寺 画像あり

吉祥寺での仕事が、ちょっと早めに終わった・・けど、んー、日が落ちるのがなんて早いんだろう。
外に出ると、世界はもう、とっぷりとした夜。。。

お腹もすいた・・。今日は、彼も出張でいない・・、じゃっ♪
久々に、「よしむら」さんで、ちょっと暖まってから帰ろう・・と、急遽向かっている。。

20061130213102.jpg
かれこれ、夏に伺って以来・・。

ここも、とっても大好きなお店。
夜に訪れるのは、何年ぶりだろうか・・。

だんだんと見えてくる、ぼんやりとした明かり。


夜の風情は、又、昼とは違って、さらにしっとりと・・。
20061130213624.jpg

 「蕎麦㊁味酒 よしむら」

夜の開店時間を過ぎたばかり。 先客はなく、今夜の皮切りに。
一人・・とのことで、やっぱり決まって、の、カウンタの端に席を取る。

いつもなら・・、まず、ご主人が顔を出してくださるのだが、今日は姿が見えない。
ん~・・、準備とかで忙しいのかな。。

20061130213125.jpg
品書きを出され、熱燗にでも・・と思ったけど、暖かい店内に入ったら、やはり冷が飲みたくなる。
豊富な品書きから、あれこれと迷い選ぶのは楽しい。

で、目に付いたまだ飲んだことのない長野のお酒。
「芙蓉 辛口」。
しっかりとした旨味のあるお酒だ・・・。


20061130213008.jpg
お酒を頼まなくても出される、さくさくっとした揚げ蕎麦。
そして、お酒のアテには
「才巻き海老の頭の揚げたもの」
が出される。

かみ締めると、これって味わいあるな~・・


20061130213035.jpg
あと何か頼もうと、本日の品書き。
そして、定番の品書き。
ここって、お酒も豊富だけど、お料理もほんとうに充実。

・・でも♪今日は   


前回訪れた時に、隣の方の食べていた「揚げだし豆腐」がとっても美味しそうで、次回来たら絶対食べてみたいと思っていたので・・。「揚げ出し豆腐」をお願いする。

20061130213145.jpg20061130213205.jpg

わぉっと、びっくりしちゃう大きな丼に、これがとても形よく盛られて出される。
4切れの揚げた豆腐には、たっぷりと丸く形作った大根おろし。上にゆず胡椒が盛られていて、これがアクセントになり非常に美味しい。
品のいい出し汁の加減もよく、お酒にもぴったり。

だんだんと、ぽつりぽつりとお客さんも入り始め・・、私はそろそろお蕎麦を。見ると、この時期ならではの「十割蕎麦」や「柚子きり」も出ている・・。ちょっと迷ったけど、初めて入った時に食べて以来、食べていなかった「開田」を。
ここにくると、いつも独自ブレンドの「吉祥寺」が大好きで、そればっかりだったけど、ちょっと「開田」を思い出したくて・・・。

ほどなくして目の前に出された「開田」を見て、びっくり
こ、こんなに黒かったっけ・・?

20061130213444.jpg

開田高原の挽きぐるみの蕎麦を、これも独自のブレンドで打っているとのこと。ここまで濃い色合いの蕎麦も久しぶり。丁寧に作られた薬味は、大根おろしと山葵とネギ。

どれどれ・・と、顔を寄せると、香ばしい、珈琲の香りに近いような焙煎したような深い香り。瑞々しさを称えた細切りは姿も美しい。

20061130213517.jpg

ゆっくりと口に運ぶ。「吉祥寺」の繊細な腰に比べ、こちらはがっしりと野性味のある腰。もちっとした感覚を残し、歯に食い込んでくるよう。かみ締めるとじわじわと、香りと同様のとても香ばしい風味が広がる。これもまた、珈琲に近いような苦味のような深く香ばしい味わい。

これも・・・、美味しい
最近、ちょっとだけ甘みを感じる(あえてそうしていると、前回ご主人がおっしゃっていたけど)、丸みのある辛口の汁とのバランスもいい。甘みが加わったが、こちらのきりっとした鰹の風味はそのまま生きていて、蕎麦湯で伸ばして頂くとそれが、鮮明に感じられる。

しかし、こちらの山葵も利く~っ・・
そのまま、舌先に乗せて舐めると、フレッシュな山葵がく~っと目じりに来る。これが、好きなんだけ、ど

今日もとても満足なひと時。
さて、とお勘定にと腰を上げるが、とうとう最後までご主人のお姿が見えない・・。
「あの、ご主人は・・」と、花番さんにお聞きすると、「今千葉に行っていて、あけております」とのこと。
ええええ~っ・・・ (素敵な)ご主人にお会いするのも楽しみだったのに、これは残念・・。

また、こなくっちゃ  こちらの変わり蕎麦もとても美味しいものだから・・、年内に「柚子きり」を是非、食べにこようっと。

ご馳走さまでした~
しっとりとした空間の、豊富で美味しいお酒に、お料理。
そして、また美味しかったお蕎麦で。。
ここは、やっぱぁり、いいお店だなぁ・・・


*芙容 750円、揚げ出し豆腐 800円、開田せいろ 800円


「蕎麦㊁味酒 よしむら」
-SOBA NI UMAZAKE-

武蔵野市吉祥寺南町2-29-8
0422-43-1717
11:30-15:00 17:00-22:00 
(日曜中休みなし)
月曜休

これまでの訪問


関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/524-75fcf592

◄ prev next ►