FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    (閉店)府中 「田なか」
    2006年12月10日 (日) 21:39 | 編集
    府中のあたりの甲州街道にも、秋がとっぷり降りてきたようで、銀杏の葉がきらきらと降り注ぐ。
    20061210212532.jpg
    府中の甲州街道から、折れる街道は「いちょう通り」。
    本当に名前の通り・・と、車中から舞う銀杏の葉にうっとり見つめていると、ほどなく道沿いにあるお店に行き当たる。

    考えてみると、ずいぶん久しぶり。
     ここもやっぱり「新そば」の文字が。

      「蕎麦 田なか」

    20061210212843.jpg

    変わらぬ濃紺の暖簾のかかった、落ち着いた佇まい。
    すっかりここも、府中を代表するお店だなぁ・・。
     
     

    通りに面してガラス張りの打ち場のあり、その横の扉を開け、店内へ。
    日曜昼過ぎ。先客は一組のみの、穏やかな空気の流れる店内。ちょっとログハウスの雰囲気のようでもある店内は、気取らずにふっと入り込める雰囲気でうれしい。

    壁に沿って並ぶテーブル席の端に席を取り、さあて、今日は何にしようかな・・。
    20061210212547.jpg
    品書きを広げ、あれこれ迷っていると、美味しい蕎麦茶と、揚げ蕎麦が出される。

    そういえばこちらの「十割蕎麦」はまだ頂いてなかったし、新そば♪だし、とそれをお願いしようとしたら・・・、
    「終季限定」メニューに「つくねきのこ蕎麦」があるではないのっ。


    これは、去年食べ損ねてしまった品書き。「限定」の言葉に弱い私はそれを、十割蕎麦でお願いする。彼は「風邪ぎみ」とのことで、「おぼろ月見蕎麦」を。

    待つ間にぼんやりと、店内を見渡していると、看板書きに「本日のお奨め」。
    20061210212426.jpg
    「穴子の天ぷら」や「蕎麦味噌蓮根」、「かまぼこの大葉包み揚げ」なんてあって、車じゃなかったらちょっと蕎麦前と共に頂いてみたくなってしまう・・。

    お、「おにぎり」なんてのも始めたんだ・・・。


    などと思っていると、程なく目の前に「つくねきのこ蕎麦」が置かれる。
    20061210212732.jpg

    んんん~、美味しそう♪たっぷりのきのこ汁に、丹精な細切りの十割蕎麦が美しく3つ山に盛られている。
     
    20061210212817.jpg

    とても感じのいい若いお兄さんが二人、フロアを担当したので、訪ねると、茨城岩瀬と、北海道のブレンドで打っているとのこと。

    20061210212757.jpg

    さて・・と、手繰る蕎麦は丁寧に打たれたのが伺える、たおやかさのある腰。穀物がぎゅっと詰まった感覚のもので、歯に返すしっとりとした弾力が心地よい。ただ、香り、風味はちょっと弱いかな・・。のど越しの爽やかさもあり、とてもいい蕎麦だけに、もう少し風味が欲しいところ・・。まあ、もう少し蕎麦が乗ってきたら、また違うのかもしれないが、前回訪れた時に頂いた田舎蕎麦の風味が恋しい。

    20061210212507.jpg
    一方、このつくね汁が美味しい♪
    蔵王の本鴨で作られた、味わいの濃いふわっとしたつくねが3つ。舞茸、えのき、しめじに、ひじり茸と具沢山のしっかりとした味わいの汁。

    そのままでまずは楽しみ、添えられた山椒をふりかけ、また一味風味が加わったところを再び頂く。


    蕎麦の風味はちょっと弱いが、この汁と共に頂くと非常に美味しい!
    やさしく白濁した蕎麦湯をたっぷり注いで最後に頂くと、鴨の旨味の溶け出した汁の美味しさを実感できる。
    ふぅ~・・、体もぽかぽか

    彼の頼んだ「おぼろ月見蕎麦」は、卵の白身がうっすらと白く熱が加わり、おぼろ月夜の面影。
    お蕎麦は、田舎・・・かな??
    20061210212647.jpg

    卵の黄身をからめながら食べ「美味しい!」と何度もつぶやき、満足な様子。ちょっと・・食べてみたかったなぁ・・。(と思った時には、すでに食べ終わっていた~・・

    木枯らしに凍えそうな体もすっかり温まり、お腹も満足なお昼に。
    ご馳走様でした~
    何はともあれ、心残りだった「きのこつくね蕎麦」が食べられたことに大満足♪。
    たしか・・、この後は、「カレー南蛮」かな?
    又、冬がどっぷりと深まった頃にでも、訪れてみよう。

    ・・でも、一度、ここでも蕎麦屋酒をしてみたいなぁ。。


    *お品書き
    せいろ 750円 (田舎100円、十割150円増し)、とろせいろ 1,050円、鴨せいろ 1,600円、天せいろ 1,900円、ミニ掻き揚げ 950円、掻き揚げ天 1,050円、きのこつくね 1,300円、おぼろ月見 950円、

    蕎麦味噌焼き 400円、そばがき 700円、鴨タタキ 600円、山芋の磯辺揚げ 370円、山うに豆腐 350円(食べてみたい!)、そばコロッケ 320円など
    浜千鳥、七笑、一ノ瀬、〆張鶴、吉乃川、久保田千寿、影虎、八海山 520円~
    利き酒セット 800円、1,000円



    20061210212445.jpg
    蕎麦 田なか

    府中市府中町3-1-11
    042-334-3066
    11:30~14:30 / 17:30~21:00
    火曜、第三水曜定休
    P3台




    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    treaflower様
    同じ、FC2とのこと、
    すごくうれしいです!

    お気に召されるか・・、ですが、
    又、遊びに来てください♪
    2006/12/11(月) 21:52:23 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    はじめまして。FC2ブログのグルメジャンルからやってきました。

    私もお蕎麦は大好きなのですが、こちらのブログは情報量がすごいですね!
    参考にさせて頂きます!

    またお邪魔させて頂きます。
    ありがとうございました。
    2006/12/11(月) 00:17:35 | URL | treaflower #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >