FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    田無 「進士」
    2007年01月18日 (木) 20:43 | 編集
    今日は、2時からの午後の診察。
    なので、久しぶりに、進士でお昼を食べてこう~と。

    20070118195523.jpg

    派手さはないが、なんだかほっとする店構え。
     田無 「進士」

    1時も回ろうとする、昼下がり。石臼の置かれた打ち場が見える入り口を入ると、先客は二組。
    相変わらず感じのいい、にこやかな奥様に迎えられ、空いていたテーブルのひとつに腰を下ろす。さあて・・、今日は何にしようかなぁ。

    テーブルに置かれた品書きを広げると、定番の品書きの他にも新たなそばのメニューもっ!
    「生ゆば冷やしたぬきそば」や、「かまぼてたぬきそば」(?)もちょっと気になったけど・・・
    20070118195651.jpg
    「ランチメニュー」にちょっと目が行く。

    そういえば・・、お昼にしかまだ伺ったことがなかったのに、こちらの「ランチ」をまだ食べてなかった~・・と、
    今日は、なんだかお得そうな「ランチ」をお願いしてみることに。


    新そばの、こちらの「せいろ」も食べてみたい気もしたが、前回頂いた「湯葉とじそば」がとても美味しかった記憶があったので、お蕎麦は「湯葉そば」で。

    ほどなくして、目の前に出された「ランチ」のお蕎麦はとっても豪華♪

    20070118195403.jpg

    ほかほかと湯気の立つ「湯葉そば」に、「穴子と野菜の天丼」。
    そして、自家製たくあんに、「にしん煮」の小鉢が付く。

    まずは・・、「湯葉蕎麦」から。単品の温蕎麦よりは小ぶりの丼に盛られて出される。

    20070118195550.jpg

    表面に浮かべられた湯葉は、しっかりとした歯ごたえのある湯葉。
    かみ締める、しゃきっとした歯ごたえが楽しい。

    20070118195450.jpg

    さてっと、蓮華ですするこの甘汁、これが・・、美味っしいっ!
    とても優しい味加減。とはいえ、丁寧に取られたのが伺える出汁がしっかりと感じられ、いくらでも飲みたくなるような上品なかけ汁。

    そして、暖かい汁の中で、せいろとは又違う、手打ち蕎麦のいい面が引き出された、しっとりとした腰のある蕎麦。やっぱり、こちらの温蕎麦も、絶妙なほど旨い love.gif

    すっかり、夢中で食べてしまい~・・(お蕎麦の単品にすればよかったかもっっ)なんて思いつつ、「穴子と野菜の天丼」に。こちらの「ランチ」の小丼は確か、日替わり。

    20070118195755.jpg
    初めてこちらでお蕎麦以外の品書き。
    かぼちゃにインゲン、そしてかなり大きく切り分けられた穴子の天ぷらが乗る。

    見た目にも感じたが・・、こちらの天ぷらはどちらかというと家庭的な感じ。サクっ、というよりは、しっかりタイプの天ぷら。


    職人の天丼、というよりは、どこか懐かしいような?、そんな天丼。まあこれは・・、普通に・・・
    20070118195723.jpg
    天丼を食べつつ頂いた、小鉢の「にしん煮」。
    これは美味しい。

    これも、優しい味付けで鰊の旨味をきちんと残して炊かれたもの。ほろりとこぼれるような身も美味しく・・・、これはお酒が欲しくなってしまう一品 m001.gif


    「穴子の煮凝り」なんてメニューもあるし~、やっぱり一度夜にも訪れてみたいなぁ。

    いつしか、先客の二組も店を去り、店内は私だけ。
    物音ひとつない静寂した空気が広がる。しんっとした店内はそれはそれでいいのだが、あまりに静かすぎて、ちょっと心もとないような落ち着かない気持ちも・・・gessori.gif
    何か音楽でもかかっていたら、またちょっと違うだろうけど、なぁ~・・とふと思う。

    それはともかく、やっぱり!お蕎麦は美味しくって、
    この冬、又、こちらの暖かいお蕎麦を頂きに来たくなってしまいそう。
    今日も、ご馳走さまでした~・・hahha.gif



    さてさて、病院へっと。。

    *お品書き
    せいろ、かけ 680円、野菜天せいろ 1,400円、湯葉そば 950円、ぶっかけおろしそば 800円、生湯葉冷やしたぬきそば 950円、鴨汁そば 1,500円、かまぼてたぬきそば 850円、釜揚げそば 850円、湯葉とじそば 1,100円

    焼き味噌 420円、穴子煮凝り 550円、鳥わさ 750円、生湯葉 750円、玉子焼き 750円、地酒 一合 600円~ グラス200円~


    20070118195850.jpg
    石臼挽き 手打蕎麦  進士」
    西東京市南町5-29-5
    0424-68-8388
    11:30 ~ 15:00 / 17:30 ~ 23:00
    水曜昼のみ、火曜休 P2台



    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    しゅうちゃん様
    ありがとうございます。これで、本当にほっと・・と、しております。

    それはそうと、燗酒!まだ、頼んだことがありません。ぜひ!冬のうちに頂いてみたいです。独特な燗付け器・・、すごく気になります。これは行かないと・・。。
    2007/01/19(金) 21:59:32 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    燗酒
    退院おめでとうございます。
    夜は時間が限られているので、昼蕎麦をあちこち行ける方が羨ましい。
    ここで燗酒を召し上がったことがありますか?
    独特な燗付け器で、最初は戸惑いました。
    また行きたくなりました。
    2007/01/19(金) 11:55:08 | URL | しゅうちゃん #B4MPBrrs[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >