FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    緑ヶ丘 「なか山」 (残念な事に閉店)
    2007年01月19日 (金) 21:56 | 編集
    ちょっと前に、電車の窓から見た印象的な「手打ちそば」の旗。
    調べてみたら円龍さんの本に載っているお店と知り、機会があったら是非訪れてみたい・・と思っていたところ。

    所要で近くまで出向く用事があったので、「今日♪」と、昼時分に途中下車してみる。
    20070119200837.jpg
    大井町線「緑ヶ丘」の駅を降り、線路に向かって歩くとほどなく・・。

    あ、あれあれっ!
    あの、旗だ・・。
    思った通り、本当に線路のすぐ脇。
    車窓からよく見えるわけだ・・・futt.gif


    まん前まで歩みよると、思ったよりもしっとりとした民芸調な店構え。

    20070119201244.jpg


    しっとりと落ち着き、派手さはなく、どこか郷愁を掻き立てられる店構え。
    だが、扉に掲げられた 「自家製粉手打蕎麦」の看板に、しっかりとした思想を感じさせられる。

    緑ヶ丘 「蕎麦家 なか山」
     

    表には、丹精な文字で書かれた品書きが貼られているのがうれしい。
    初めての店では、とかくこういう心遣いは、やはりほっとする。

    しっかりと見つめ、おずおずと扉を開け中へ。
    ・・・と、入り口すぐに、存在感のある大きな電動の石臼が鎮座。その横には、打ち場があり、反対側が客席のよう。
    ちょうど昼時。混んでたら・・と思ったが、入り口すぐの4人がけのテーブル席2卓が空いていて、ほっと。奥にもいくつか席があるらしく、女性の話し声。結構盛り上がっている様子だったので、この空いていた入り口すぐのテーブル席に腰を下ろすことに。

    腰を落ち着けると、古風美人?という感じの奥様がお茶を出してくださる。このお茶が美味しい。香ばしくて懐かしい、珍しくも暖かい麦茶。
    すすりながら、品書きを手にしながらも、やっぱりせっかくの「ランチタイム」♪
    20070119200548.jpg
    「お昼のメニュー」を見つめ・・

    「揚げ出し豆腐とおそば」と、しばし悩んだが、
    「野菜のてんぷらとおそば」
    を、お願いすることに。


    ゆったりとしたテーブル、落ち着いた内装、静かに流れるジャズのBGM、線路がすぐ横だというのを感じさせないしっとりとした空気。
    なんだか、とても寛いだ気持ちになり、持ってきた文庫本を広げると、とてもゆっくりと読めるのに驚く。こういうお店、いいなぁ~・・・futt.gif 

    と、思ったよりも早く目の前にお蕎麦が出される。

    20070119201215.jpg

    一つのお盆に盛られてくるこれが、なんだかとても豪華に感じられる。
    まずは♪ お蕎麦から。

    お聞きすると十割で打ったという蕎麦。
    四角の蒸篭に盛られた蕎麦で、グレーの細切り。

    20070119201129.jpg

    切り幅、長さにかなりのムラがあるのがちょっと気になったが、その切り口は鮮やか。手繰り寄せ口に含むと、かなりしっかりとした腰加減。

    20070119201610.jpg

    風味、香りは強烈ではないが、きちんと蕎麦そのもののしみじみじとした風味を感じさせる。何よりも、きりっと締められた蕎麦が喉元に心地いい。これは・・、飲んだ後には、また格別にいいだろうなぁ~などと思うもの。

    汁は、出汁の風味は控えめなすっきりとした辛口。しっかりとした濃さで、どっぷり・・というよりは、加減して頂くのがよさそう。この固めのしっかりとした腰の蕎麦に負けぬ、これもしっかりとした汁。私的には、もうすこし深みが欲しいところかな・・。

    一方、野菜の天ぷらは、おくらにかぼちゃに舞茸、そしてちょっと珍しい人参の掻き揚げ。

    20070119201148.jpg

    さほど期待していたわけではないのだが・・、この天ぷらが美味しい
    薄めの衣で揚げられたもので、軽やかでさくさくっとした歯ざわり。中でも、拍子切りの人参の掻き揚げが素材の甘さがしっかりと感じられ、非常に旨い。天つゆのバランスもよく、こちらの天ぷらもいいねぇ~buchu-.gif
    この後に予定がなかったら、お酒を頼みたくなってしまうところ・・・。

    天ぷらに、見た目以上にしっかりとした量のお蕎麦を頂きすっかり大満足。
    出された蕎麦湯も、やさしく白濁したミルキィーな美味しい蕎麦湯。ちょっとぬるめだったのが惜しいけど、たっぷり頂いちゃう。

    ふぅ~・・ご馳走さまでした~hahha.gif

    頼んでみたいな~と思えるつまみも数々並び、蕎麦も大盛りの他に「小盛り」まで書かれているあたりが、とてもうれしい。こういうお店が近所にあったらいいな~・・と、しみじみ思う。

    又、訪れてみたいな・・。
    今度は、昼酒か、夕暮れにでもゆっくりと、この空間に身を置いて見たいなぁ、と・・・。

    *お品書き
    もり 800円(大盛1,100円、小盛り 600円)辛味おろし 1,400円、とろろ 1,000円、鴨汁 1,500円、天ぷらもり 1,800円、かけ 800円、おろし 1,000円、とろろ 1,000円、ねぎ天おろし 1,200円など

    揚げだし豆腐、出し巻き、そばの実とろろ、和風サラダ、三点盛り 各600円、鴨ロース焼き 900円、一口から揚げ、砂肝と舞茸のから揚げ 各700円など
    垣花(純米)、東北泉、王録、700円


    20070119200627.jpg
    「蕎麦家 なか山」

    目黒区緑ヶ丘1-6 栗本ビル1F
    03-5726-3343
    11:30~15:00 / 17:30~21:00
    火曜定休


    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    HAL様
    まあ、そうだったんですか・・。
    かわいらしい町ですね♪大岡山での乗り換えが、とてもスムーズなのでびっくりしました。(知らなかったの・・)

    近所にこういうお店があるのは、ちょっと羨ましくおもいました。
    あ、駅前の小さなパン屋さんもいいですね♪
    2007/01/22(月) 11:18:03 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    うちの近所です
    ここもうちの近所です。途中下車してたまに寄ります。季節により、九割だったり十割だったり。
    2007/01/21(日) 13:49:51 | URL | HAL #CTg5lrAk[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >